会計ソフトの比較・口コミランキング

top image
会計ソフトHackへようこそ

会計ソフトHackは、国内で提供されている様々な会計ソフトの口コミを集めたサイトです。また、実際に管理人が利用してみた使いやすさ、レビューでの評価の高さ、レビューの内容など総合的に管理人が判断した上でおすすめのソフトもランキングしております。

会計ソフトについては、専門性が高いソフトであることから、しばらく使い込んでみないとその良さが分かりません。また、一度使ってしまうと、それぞれの会計ソフトで使い勝手が異なることから、乗り換えが難しいという難点があります。

そのため当サイトではこれから会計ソフト、青色申告ソフトを使う人のために、少しでも分かりやすい情報をまとめたり、実際にソフトを使った人に生の口コミを自由に投稿してもらうことで、お役に立ちたいと考えています。

サイトの運営については、極力客観的公平な判断を基していきたいと考えておりますが、会計ソフト選びは最終的には個々人の好みや状況もありますし、本サイトの情報は管理人の主観も排除できない部分がございますので、それらも踏まえた上で皆様に情報を役立てていただきたいと思います。

会計ソフト おすすめランキング

4.2 点 (168件)
freeeの画像

クラウド会計ソフトシェアNo1、申告書形式の対応も最も多い

freeeは、Webブラウザから使えるクラウド会計ソフトではシェアNo.1の会計ソフトです。
経理の効率が50倍になるというコンセプトで、銀行のWeb口座や、クレジットカードからの自動同期や、複式簿記の知識がなくても簡単に経理ができる分かりやすいインターフェイスなどで、一躍有名になった会計ソフトです。人工知能を活用した自動仕訳も行ってくれます。

経理以外にも、クラウドの給与計算、クラウド請求書、モバイルアプリからの経理機能、マイナンバー管理、会社設立や開業に関する届出を簡単にできるシステムなど、会計ソフトと連携した様々な機能を、他社に先駆けてリリースしています。
拡張サービスの多くは、クラウド会計ソフトの中で一番最初にリリースしており、機能面では常にトップを走っています。

また、クラウド会計ソフト(個人事業向け)の中では、確定申告書第三表(株、FXでの申告に必要)、第四表(赤字の繰越のために必要)に唯一対応しており、セルフメディケーション税制、医療費控除新フォーマット、仮想通貨の確定申告にも対応。簡単な質問に答えていくだけで、専門知識がなくても申告書が作成できます。また、アプリでも会計処理ができ、税金の予測機能もついています。これらの申告書作成機能に関しては完全に頭一歩抜きん出ています。
さらに、唯一Windows・Macどちらでも電子申告ができるようになっています。

 

利用料金面では、基本的にクラウド会計ソフト郡の中では最低価格クラスに位置しており、金額面で割高ということはありません。チャットでのサポートも無償でついてきます。
特に、マイナンバー管理や請求書送付など、会計以外の複数の機能を利用する場合にはコストメリットが大きいでしょう。請求書もワンクリックで封筒で送付してくれるサービスを提供しており利用金額は業界最安値です。

意見が分かれるのがインターフェイスで、複式簿記に詳しくない人には非常に使いやすく評判になっている一方で、複式簿記に詳しい人には複式簿記の考えたかをそのまま当てはめにくく慣れが必要な点です。

総合的に判断すると、費用も抑えて複式簿記をマスターしていない人、申告書作成に関して一番機能が豊富なソフトを探している人におすすめの会計ソフトです。

 

>無料会員登録はこちら

>モバイルアプリのインストールはこちら

freeeの口コミ・レビュー

青色申告会計ソフトを購入するにあたり、私はfreeeを選びました。なぜこれにしたかと言うと、とても使いやすくてコストパフォーマンスが良いといった評判を聞いたからです。

それなら自分でも使いこなすことができるのではないかと思って購入したら、大当たりでした。

これは画面が非常にシンプルで見やすいので、簡単に帳簿付けができます。
複式簿記の知識がほとんどなかったのですが、それでも何ら問題なく使うことができました。

freeeはパソコンはもちろん、スマートフォンでも利用可能で非常に便利です。
私は初めてだったのでお試しプランから始めたのですが、自分に合っているかどうか事前に確認できて良かったと思っています。仕訳から申告の書類作成まで可能で、助かりました。
2 人の方が役に立ったと言っています。
私の場合、freeを利用した申告は結果的には税務調査で多くの指摘と税金の追加払いをしなければならないことになりました。
アプリの指示にしたがっていけば会計帳簿として一見、立派なものができるのですが、結局、内容が簿記をわかっていない素人が作った家計簿に毛が生えた程度のレベルになっていたということです。調査に来る税務署さんは簿記ベースで帳簿を見ますが、当の私は家計簿的なベース知識で元帳や発生主義などの見方や意味がわかっていませんでした。
事業が家計簿レベルで済むような小さな事業者さんだといいのかもしれませんが、ある程度の規模の方には向いてないと思います。結果として税理士さんにお願いした方が確実でした。
1 人の方が役に立ったと言っています。
4.5 点 (41件)
MF確定申告の画像

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードの個人事業主向け会計ソフト。法人向けの「MFクラウド会計」に対して、個人事業主向けはMF確定申告という名称でサービスが提供されています。
家計簿ソフトで培った、全国の銀行やクレジットカードからの自動仕訳の強さが特徴です。
クラウドでの請求書や、給与計算など、様々なサービスと連携しています。

MF確定申告の口コミ・レビュー

初めて自分で、確定申告をしました。
これまでお金を払って公認会計士事務所に依頼をしていたのですが、MF確定申告があればこういったお金を節約できるのでとてもありがたいと思います。
こんなに簡単に申告ができるのなら、もっと早く購入をすればよかったと今更ながら悔やんでいます。

MF確定申告は自動振り分け機能があるので、いちいち自分で振り分けをせずに済みます。
勘定科目の振り分けは面倒な作業でしたが、それをしなくても済むようになったおかげで楽になりました。
自宅で作業をし、申告まで終わらせることができるので有用です。

電話サポートがしっかりとしているのも魅力で、頼りになりました。
電話サポートを外してさらにリーズナブルな価格で利用することも可能なので、慣れている人にもそうでない人にも使えるサービスだと思います。
7 人の方が役に立ったと言っています。
税理士に申告の依頼をするつもりだったのですが、思った以上に費用が高く依頼をすることができませんでした。
それで自分で申告をしようと思い、MF確定申告を使用することにしました。

まったく知識がなかったのですが、このソフトはとても使いやすく個人事業主にはぴったりだと思いました。
自動振り分けの機能があるので、いちいち勘定科目を振り分ける必要がなく大幅な時間の短縮ができました。
おかげで自分が本来やるべきことに集中でき、本当に助かりました。

また学習能力も高く、どんどん入力が楽になり負担を減らすことができました。
申告の時期は色々重なって本当に忙しいですが、これがあればどうにか乗り切れると思います。
わざわざ移動をして税務署に行く必要も無く、自宅で確定申告ができて良かったです。
15 人の方が役に立ったと言っています。

 パッケージソフトでの個人事業主シェアが圧倒的な弥生が開発した、個人事業主向けの青色申告ソフトです。パッケージソフトのやよいの青色申告を踏襲した、使いやすいインターフェイスや、オンラインならではの、銀行、クレジットカードのオンライン同期機能が共存しています。
 全体的に、初心者でも使いやすいインターフェイスになっており、ベーシックプランを申し込むことで電話のサポートを受けることもできます
 現在、初年度すべての機能を無料で利用できるという非常にお得なキャンペーンを展開しており、複数の会計ソフトを比較する上でも、候補の一つとして使い勝手をためしてみるといいでしょう。


 freeeやMF確定申告に比べると、機能的には一部少ないところもあります。現在は、請求書、給与計算など拡張的な機能は提供されていません。とはいえ、主力の経理の部分は申し分なく、シンプルな経理の機能だけを使いたい事業主におすすめです。スマートフォンアプリも提供されています。
 また、弥生の知名度による対応できる税理士の多さや、初年度無料は魅力的です。また、今後機能的にも他のクラウド会計ソフトにキャッチアップしていくことが予想されます。

やよいの青色申告オンラインの口コミ・レビュー

長く白色申告やっていた方で次回から青色申告に挑戦するのにお勧めですね。
このソフトは一年間無料体験可能で使いやすいと思ったら次年度から有料に切り替えれば良いです。

青色申告申請用紙もダウンロードできますし必要事項も印刷されます。まず使っての印象ですが取引画面のサイトが見やすいです。
簿記の知識無くてもすぐに使えると思いました。

手入力もできますが銀行の明細、そしてクレジットカードの取引データ、レシートや領収書もスキャンすればデータを自動仕訳してくれるので、とても簡単ですね。

確定申告書類の作成も全部記入後このサイトで簡単に可能です。
もちろん青色申告65万円そして10万円控除が可能です!

クラウド型なので資料の紛失無し・資料の検索が早いしレポートも簡単に出せます。絶対に初心者にでもお勧めできます
1 人の方が役に立ったと言っています。
コストパフォーマンスの高いソフトとして、とても重宝しています。
やよいの青色申告オンライン独自の使いやすさがシステム全体に反映されていて、初回利用時でもすぐ対応できて助かりました。

最新の税率計算にコミットしていることから、申告書類の作成に正確性が増しています。
一つ一つの入力事項・勘定項目の識別が容易であり、スムーズなアプローチが繋げられる工夫が随所に施してありました。

シンプルなデザインでありながら、ピンポイントで活用の幅が広げられる点も優れていると思います。
機能的で、ユーザーの個別的なニーズにしっかりと対応できるシステムが搭載されていて本当に助かります。長期スパンでも十分使用できると感じました。
1 人の方が役に立ったと言っています。
4.2 点 (70件)

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードが満を持してリリースしたクラウド会計ソフトです。MFクラウド会計は、法人用の会計ソフトで、個人事業向けは、「MF確定申告」という別ブランドで提供されています。シェアNo.1のfreeeと同様、自動同期の機能や、クラウド請求書、給与計算など、ほぼ同水準の機能を提供しています。
インターフェイスは、普段から経理などの知識がある人にも使いやすい設計になっています。

MFクラウド会計の口コミ・レビュー

MFクラウド会計は自動同期やクラウド請求書、給与計算など様々な機能がついているので非常に便利でした。
これまで使っていた会計ソフトでは対応できなくなってしまったのでこれに変えたのですが、もっと早く変えるべきだったと思っています。

インターネットが利用できる環境にあれば、どこからであっても作業が可能で会社はもちろん自宅で作業をする時にも何ら問題がありません。
これで時間を無駄にすることがなくなり、効率的に仕事ができるようになりました。

MFクラウド会計は、スマートフォンからのアクセスも可能です。
パソコンの方が画面が大きく使いやすいのでスマートフォンで作業をすることはありませんが、気になることがあるときにチェックしたいといった時にも有用だと思います。
5 人の方が役に立ったと言っています。
自分で仕事を始めるにあたり、MFクラウド会計を入れました。
初めは白色申告にしようと思っていましたが、青色申告の方が経費や控除もあるので、自分で仕事をする以上やるべきだと思ったからです。
帳簿のことや仕分けなど、わからないことも多かったのですが、勘定科目も出てくるのでとてもわかりやすいです。

仕事で使っているクレジットカードや銀行を登録しておくと、クレジットを使った時や振り込みがあった時、自動で登録されます。

それを勘定科目ごとに仕分けするだけです。

わざわざ手書きで書く必要もないですし、正確な金額も登録されるので本当に楽で入れて良かったと思います。

お金もかかりますが、会計士に頼んだりする金額を考えると全然安いと思います。
7 人の方が役に立ったと言っています。
3.9 点 (33件)

パッケージ会計ソフトのトップ、弥生会計がリリースしたクラウド会計ソフトです。スマート取引取込で、銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、スキャンデータを取込、自動で仕訳を行えます。入力面でも、パッケージの弥生会計での経験を活かした使いやすいインターフェイスになっています。

 クラウド会計ソフトなので、ソフトは常に最新版を利用することができるためバージョンアップの作業が必要ありません。また、弥生会計の実績により対応税理士の数も多く、税理士とのやりとりもクラウドでリアルタイムで情報を共有することができるため、スムーズです。


 2016年末まで、初年度無料で利用できる、起業家応援キャンペーンを実施しているためじっくり機能を触って検討できるのも嬉しいです。スマートフォンのアプリも提供されています。今後、クラウド請求書、クラウド給与など、拡張機能のリリースが待たれます。

弥生会計オンラインの口コミ・レビュー

数年前まではエクセルと紙の伝票を使って会計処理をおこなっていましたが、データの管理の面を考え、こちらの会計サービスに移行しました。
数人の事務スタッフ全員で同時に切り替え、使い始めましたが、会計に関する知識に個人差があっても、特に問題なく業務を進めることができるようになっています。

取引の入力や、記載内容の点検、整理、報告などにかかっていた時間を大幅に節約することができるようになったので、残業時間の貢献にも一役買ってくれています。

会計事務所の方とのデータのやりとりもスムーズにおこなうことができますし、困ったときにはサポートセンターの方が柔軟に対応してくれますので、パソコンが苦手でも使いやすいです。
7 人の方が役に立ったと言っています。
弥生のソフト
給与は特におすすめしません。
雇用保険料の料率他は自分で設定(変更)をしなければなりません。(毎年、自分で変更をします)
アップデートで変更ができるソフトがある他のソフトをお勧めします。
窓口の対応者に応じて回答が違います。
(給与項目の設定を従業員個人設定か従業員全員の設定など)
気のきいた方ですと、最初から確認をしてくれますが
大半は違います。

弥生会計
会計ソフトではなく、科目集計ソフト(エクセル集計を簡単にしたソフト)としての認識での使用方法でしたら問題がないと思います

弥生販売
問題外ソフトです。先月の訂正をするにあたって、弥生サポートに聞いたら中途半端な回答を受けました。
各帳票での訂正処理をしなければならないので、全ての帳票の確認が必要となります。その帳票もこちらが言わないと教えてくれませんでした.。 例えば、売掛金残高一覧表と得意先元帳は、それぞれ訂正処理が異なります。それにより請求書への影響もありますから、正しく訂正されているか確認するのも大変でした。
請求書を訂正したら、全ての帳票が訂正されているとは思わない方が良いです。
1 人の方が役に立ったと言っています。

【2018年最新】会計経理・確定申告アプリ比較ランキング

1位freee
2位Taxnote
3位Moneybook