会計ソフトの比較・口コミランキング

top image
会計ソフトHackへようこそ

会計ソフトHackは、国内で提供されている様々な会計ソフトの口コミを集めたサイトです。また、実際に管理人が利用してみた使いやすさ、レビューでの評価の高さ、レビューの内容など総合的に管理人が判断した上でおすすめのソフトもランキングしております。

会計ソフトについては、専門性が高いソフトであることから、しばらく使い込んでみないとその良さが分かりません。また、一度使ってしまうと、それぞれの会計ソフトで使い勝手が異なることから、乗り換えが難しいという難点があります。

そのため当サイトではこれから会計ソフト、青色申告ソフトを使う人のために、少しでも分かりやすい情報をまとめたり、実際にソフトを使った人に生の口コミを自由に投稿してもらうことで、お役に立ちたいと考えています。

サイトの運営については、極力客観的公平な判断を基していきたいと考えておりますが、会計ソフト選びは最終的には個々人の好みや状況もありますし、本サイトの情報は管理人の主観も排除できない部分がございますので、それらも踏まえた上で皆様に情報を役立てていただきたいと思います。

会計ソフト おすすめランキング

4.2 点 (172件)
freeeの画像

クラウド会計ソフトシェアNo1、申告書形式の対応も最も多い

freeeは、Webブラウザから使えるクラウド会計ソフトではシェアNo.1の会計ソフトです。
経理の効率が50倍になるというコンセプトで、銀行のWeb口座や、クレジットカードからの自動同期や、複式簿記の知識がなくても簡単に経理ができる分かりやすいインターフェイスなどで、一躍有名になった会計ソフトです。人工知能を活用した自動仕訳も行ってくれます。

経理以外にも、クラウドの給与計算、クラウド請求書、モバイルアプリからの経理機能、マイナンバー管理、会社設立や開業に関する届出を簡単にできるシステムなど、会計ソフトと連携した様々な機能を、他社に先駆けてリリースしています。
拡張サービスの多くは、クラウド会計ソフトの中で一番最初にリリースしており、機能面では常にトップを走っています。

また、クラウド会計ソフト(個人事業向け)の中では、確定申告書第三表(株、FXでの申告に必要)、第四表(赤字の繰越のために必要)に唯一対応しており、セルフメディケーション税制、医療費控除新フォーマット、仮想通貨の確定申告にも対応。簡単な質問に答えていくだけで、専門知識がなくても申告書が作成できます。また、アプリでも会計処理ができ、税金の予測機能もついています。これらの申告書作成機能に関しては完全に頭一歩抜きん出ています。
さらに、唯一Windows・Macどちらでも電子申告ができるようになっています。

 

利用料金面では、基本的にクラウド会計ソフト郡の中では最低価格クラスに位置しており、金額面で割高ということはありません。チャットでのサポートも無償でついてきます。
特に、マイナンバー管理や請求書送付など、会計以外の複数の機能を利用する場合にはコストメリットが大きいでしょう。請求書もワンクリックで封筒で送付してくれるサービスを提供しており利用金額は業界最安値です。

意見が分かれるのがインターフェイスで、複式簿記に詳しくない人には非常に使いやすく評判になっている一方で、複式簿記に詳しい人には複式簿記の考えたかをそのまま当てはめにくく慣れが必要な点です。

総合的に判断すると、費用も抑えて複式簿記をマスターしていない人、申告書作成に関して一番機能が豊富なソフトを探している人におすすめの会計ソフトです。

 

>無料会員登録はこちら

>モバイルアプリのインストールはこちら

freeeの口コミ・レビュー

売上が少なく単純な取引が多い方には便利なソフトだと思います。
数字のつじつまが全然合わなくて、とにかく使い勝手が悪いです。
一刻も早く解約したいのですが、解約しづらいという口コミをこちらで目にして、もうウンザリ…
契約するんじゃなかった。
4 人の方が役に立ったと言っています。
会計ソフトを初めて導入しましたが、
freeeの営業さんの対応に絶望です。
登録すると営業さんから「やり方を簡単に説明しますよ」と電話がかかってくるのですが、約束した日付をfreee都合でキャンセルされて別の日にされました。

ここまではまだ許せるのですが、今度はずらした日にちも無断ですっぽかされ。
メールで今日じゃなかったっけ?と送ると、1日後に返信で、「忘れていた」とのこと・・・なんだそりゃ・・・。

その後、別の日時を勝手に指定され電話されました。
もちろん違う用事があって出られませんでした。
とりあえず社会人として、基本からやり直したほうが良いように感じました。
アプリとしてのインターフェースはよさそうなのでがっかり。
1 人の方が役に立ったと言っています。
4.5 点 (42件)
MF確定申告の画像

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードの個人事業主向け会計ソフト。法人向けの「MFクラウド会計」に対して、個人事業主向けはMF確定申告という名称でサービスが提供されています。
家計簿ソフトで培った、全国の銀行やクレジットカードからの自動仕訳の強さが特徴です。
クラウドでの請求書や、給与計算など、様々なサービスと連携しています。

MF確定申告の口コミ・レビュー

確定申告をするにあたり、税理士に依頼をしないといけないのかなと思っていました。
ある日、話の流れで友達にこのことを話したら毎年MF確定申告を使って自分で申告をしていると教えてくれたのでびっくりしました。
私でも使いこなすことができるだろうかと思って試しに使ってみたら、自分が考えていたよりもずっと簡単で使いやすかったです。

知識や経験がない初心者でも間違うことがないように自動仕訳の機能がついていて、とても楽でした。
1回1回勘定項目を振り分ける必要も無く、短時間で作業ができて良かったです。
税理士に依頼をするとそれなりのお金がかかるので、節約ができて助かりました。電話サポートもあるため、安心して使えると思います。
8 人の方が役に立ったと言っています。
MF確定申告で、確定申告の書類を出しています。仕訳が分かる人は逆に簡易入力の入れ方がよくわからず私は仕訳帳ベタ打ち。
それほど難しい仕訳や大口の購入がない場合はこれで済んでいます。決算繰り越しもボタン一つですし、操作はそれほどむずかしくありません。

ですが、株の損失繰越を入れようとしてつまづきました。事業と関係のない部分の記入は自動計算してくれないので、ちょっと面倒。自分で計算したものを手入力して作成するようですが、やり方を見てもよくわからなかったので、結局国税局のHPで再度入力しました。
事業用のPLはMF確定申告のものを使いました。

どうせならソフト1本で確定申告書類がすべて印刷できるといいなぁと思います。事業とは関係なく個人の所得にかかわる部分なので、仕様上難しいのかもしれませんが。
1 人の方が役に立ったと言っています。

 パッケージソフトでの個人事業主シェアが圧倒的な弥生が開発した、個人事業主向けの青色申告ソフトです。パッケージソフトのやよいの青色申告を踏襲した、使いやすいインターフェイスや、オンラインならではの、銀行、クレジットカードのオンライン同期機能が共存しています。
 全体的に、初心者でも使いやすいインターフェイスになっており、ベーシックプランを申し込むことで電話のサポートを受けることもできます
 現在、初年度すべての機能を無料で利用できるという非常にお得なキャンペーンを展開しており、複数の会計ソフトを比較する上でも、候補の一つとして使い勝手をためしてみるといいでしょう。


 freeeやMF確定申告に比べると、機能的には一部少ないところもあります。現在は、請求書、給与計算など拡張的な機能は提供されていません。とはいえ、主力の経理の部分は申し分なく、シンプルな経理の機能だけを使いたい事業主におすすめです。スマートフォンアプリも提供されています。
 また、弥生の知名度による対応できる税理士の多さや、初年度無料は魅力的です。また、今後機能的にも他のクラウド会計ソフトにキャッチアップしていくことが予想されます。

やよいの青色申告オンラインの口コミ・レビュー

これまでは自力でエクセルを駆使して行っていた確定申告。
このソフトを選んだのは、口コミでの評判と値段でした。初年度無料ということで初めてソフトでの青色申告にチャレンジしてみました。

まず、インターフェースはシンプルで見やすく、入力事項がわかりやすく操作しやすいと思いました。機能も豊富で、特に私が重宝したのは自動仕訳機能です。面倒で苦手だった仕訳が楽になったのはとても大きいです。

また、申告書類の作成はもちろん、入力したデータを集計し、グラフなどで表示してくれる機能もあります。
経費や売上の推移が見られ、申告のためだけというよりは、経営管理的にも良いソフトだと思います。来年は有料になりますが、それでもまた利用したいと思えるソフトです。
1 人の方が役に立ったと言っています。
個人事業を立ち上げて、1年ついにきてしまった確定申告の書類作成。
事業もひとりでのんびりやっているので、経理の事も自分でしていました。
数字が苦手で色んな本を読んでは思考錯誤して儲かったら税理士さんにお願いしたいなといつも思っていました。
そんな時、会計ソフトがあると確定申告が早いと聞きインターネットの広告にもよくある弥生会計のサイトに登録しました。

やよいの青色申告オンラインは初年度は無料でした。
1年試して良かったら継続もでき、とりあえず試してみまいした。
カンタン入力は入力時の指示が分かりやすく表示されるのと、スマート入力は口座の管理もしてくれます。毎日コツコツ入力するのも楽しみになりました。

確定申告書類はe-taxでの送信も可能です。
入力も丁寧に初心者の方も分かるように指示が毎回表示されるので、あっという間に作成終了しました。
プリントアウトしても自動的に控えも出てくるので、コピーする必要もありません。また、毎日きちんと入力していれば仕訳、領収書、売掛、買掛など一通り出力でき保管するには便利です。
来年もぜひ継続して使いたいと思います。

個人でそんなに収入がまだ多くない事業主さんにも色々勉強になっておすすめです。
1 人の方が役に立ったと言っています。
4.2 点 (72件)

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードが満を持してリリースしたクラウド会計ソフトです。MFクラウド会計は、法人用の会計ソフトで、個人事業向けは、「MF確定申告」という別ブランドで提供されています。シェアNo.1のfreeeと同様、自動同期の機能や、クラウド請求書、給与計算など、ほぼ同水準の機能を提供しています。
インターフェイスは、普段から経理などの知識がある人にも使いやすい設計になっています。

MFクラウド会計の口コミ・レビュー

MFクラウド会計は45日間無料で試せるサービスがあったので、これを利用したうえで本格的な導入をしました。
有名メーカーであるマネーフォワードの提供しているソフトであるということも選ぶうえでの材料になりましたが、初期費用や基本料金は0円という点もありがたかったです。
時間や場所を問わず、いつでもどこからでもアクセスができるのはクラウド型の最大のメリットだと思います。

現在はスマホやタブレットを使って、利用をすることも多くなりました。
セキュリティ対策も万全なので、管理の上での不安もありません。

MFクラウド会計はプランを選べる点も、良いと思います。
私は支出を抑えるためにフリープランにしましたが、それでも月間仕訳が15件可能なので、満足しています。
2 人の方が役に立ったと言っています。
初めて会計ソフトを使うにあたり、クラウドにするかダウンロードにするか迷いましたがクライド型を選んで正解だったと思っています。

パソコンだけではなく、タブレットからも記帳などの作業ができ、とても便利です。
MFクラウド会計は私にはちょっと高額でしたが、それでも買った甲斐がありました。

迷うことなくササっと入力ができるので、知識がない人にも向いていると思います。
これなら初めての青色申告という場合にも、順調に作業を進めることができると感じました。

MFクラウド会計があれば、会計作業が自分でできるのでもう高いお金を払ってプロに依頼をする必要がありません。
これまでたくさんの顧問料を払ってきましたが、ソフトの導入で節約ができました。
5 人の方が役に立ったと言っています。
4.0 点 (35件)

パッケージ会計ソフトのトップ、弥生会計がリリースしたクラウド会計ソフトです。スマート取引取込で、銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、スキャンデータを取込、自動で仕訳を行えます。入力面でも、パッケージの弥生会計での経験を活かした使いやすいインターフェイスになっています。

 クラウド会計ソフトなので、ソフトは常に最新版を利用することができるためバージョンアップの作業が必要ありません。また、弥生会計の実績により対応税理士の数も多く、税理士とのやりとりもクラウドでリアルタイムで情報を共有することができるため、スムーズです。


 2016年末まで、初年度無料で利用できる、起業家応援キャンペーンを実施しているためじっくり機能を触って検討できるのも嬉しいです。スマートフォンのアプリも提供されています。今後、クラウド請求書、クラウド給与など、拡張機能のリリースが待たれます。

弥生会計オンラインの口コミ・レビュー

弥生のソフト
給与は特におすすめしません。
雇用保険料の料率他は自分で設定(変更)をしなければなりません。(毎年、自分で変更をします)
アップデートで変更ができるソフトがある他のソフトをお勧めします。
窓口の対応者に応じて回答が違います。
(給与項目の設定を従業員個人設定か従業員全員の設定など)
気のきいた方ですと、最初から確認をしてくれますが
大半は違います。

弥生会計
会計ソフトではなく、科目集計ソフト(エクセル集計を簡単にしたソフト)としての認識での使用方法でしたら問題がないと思います

弥生販売
問題外ソフトです。先月の訂正をするにあたって、弥生サポートに聞いたら中途半端な回答を受けました。
各帳票での訂正処理をしなければならないので、全ての帳票の確認が必要となります。その帳票もこちらが言わないと教えてくれませんでした.。 例えば、売掛金残高一覧表と得意先元帳は、それぞれ訂正処理が異なります。それにより請求書への影響もありますから、正しく訂正されているか確認するのも大変でした。
請求書を訂正したら、全ての帳票が訂正されているとは思わない方が良いです。
3 人の方が役に立ったと言っています。
会計ソフトと言えば弥生会計といったイメージがあったので、弥生会計オンラインを選択しました。
これはわざわざバージョンアップしなくても常に最新の状態で利用することができるため、安心です。
それでいて入力がしやすくて、これまでのようにケアレスミスをすることがなくなりました。

より正確に、スピーディーに作業ができるようになったのでとても満足しています。
さすが老舗の会計ソフトだと感心しました。

弥生会計オンラインがあれば、会計士や税理士に依頼をしなくてもどんどん仕事ができるため大幅な経費の削減ができました。
有料サービスになりますが、サポートがあるのでわからないときも安心です。
手順や設定の仕方など、詳しく教えてくれてとても参考になりました。
9 人の方が役に立ったと言っています。

【2018年最新】会計経理・確定申告アプリ比較ランキング

1位freee
2位Taxnote
3位Moneybook