会計ソフトの比較・口コミランキング

top image
会計ソフトHackへようこそ

会計ソフトHackは、国内で提供されている様々な会計ソフトの口コミを集めたサイトです。また、実際に管理人が利用してみた使いやすさ、レビューでの評価の高さ、レビューの内容など総合的に管理人が判断した上でおすすめのソフトもランキングしております。

会計ソフトについては、専門性が高いソフトであることから、しばらく使い込んでみないとその良さが分かりません。また、一度使ってしまうと、それぞれの会計ソフトで使い勝手が異なることから、乗り換えが難しいという難点があります。

そのため当サイトではこれから会計ソフト、青色申告ソフトを使う人のために、少しでも分かりやすい情報をまとめたり、実際にソフトを使った人に生の口コミを自由に投稿してもらうことで、お役に立ちたいと考えています。

サイトの運営については、極力客観的公平な判断を基していきたいと考えておりますが、会計ソフト選びは最終的には個々人の好みや状況もありますし、本サイトの情報は管理人の主観も排除できない部分がございますので、それらも踏まえた上で皆様に情報を役立てていただきたいと思います。

会計ソフト おすすめランキング

4.2 点 (205件)
freeeの画像

freeeの詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 個人事業主980円/月~ 、法人2380円/月~
ユーザ数 100万人以上(2018年3月時点)
運営会社 株式会社freee
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(プラン内料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 あり

クラウド会計ソフトシェアNo1、申告書形式の対応も最も多い

freeeは、Webブラウザから使えるクラウド会計ソフトではシェアNo.1の会計ソフトです。
経理の効率が50倍になるというコンセプトで、銀行のWeb口座や、クレジットカードからの自動同期や、複式簿記の知識がなくても簡単に経理ができる分かりやすいインターフェイスなどで、一躍有名になった会計ソフトです。人工知能を活用した自動仕訳も行ってくれます。

経理以外にも、クラウドの給与計算、クラウド請求書、モバイルアプリからの経理機能、マイナンバー管理、会社設立や開業に関する届出を簡単にできるシステムなど、会計ソフトと連携した様々な機能を、他社に先駆けてリリースしています。
拡張サービスの多くは、クラウド会計ソフトの中で一番最初にリリースしており、機能面では常にトップを走っています。

また、クラウド会計ソフト(個人事業向け)の中では、確定申告書第三表(株、FXでの申告に必要)、第四表(赤字の繰越のために必要)に唯一対応しており、セルフメディケーション税制、医療費控除新フォーマット、仮想通貨の確定申告にも対応。簡単な質問に答えていくだけで、専門知識がなくても申告書が作成できます。また、アプリでも会計処理ができ、税金の予測機能もついています。これらの申告書作成機能に関しては完全に頭一歩抜きん出ています。
さらに、唯一Windows・Macどちらでも電子申告ができるようになっています。

 

利用料金面では、基本的にクラウド会計ソフト郡の中では最低価格クラスに位置しており、金額面で割高ということはありません。チャットでのサポートも無償でついてきます。
特に、マイナンバー管理や請求書送付など、会計以外の複数の機能を利用する場合にはコストメリットが大きいでしょう。請求書もワンクリックで封筒で送付してくれるサービスを提供しており利用金額は業界最安値です。

意見が分かれるのがインターフェイスで、複式簿記に詳しくない人には非常に使いやすく評判になっている一方で、複式簿記に詳しい人には複式簿記の考えたかをそのまま当てはめにくく慣れが必要な点です。

総合的に判断すると、費用も抑えて複式簿記をマスターしていない人、申告書作成に関して一番機能が豊富なソフトを探している人におすすめの会計ソフトです。

 

>無料会員登録はこちら

>モバイルアプリのインストールはこちら

freeeの口コミ・レビュー

利用者レベル:個人事業主としてスタートして1年目。経理も税務も全く素人。

利用者目的:①キャッシュフローをしっかりと把握する、②税理士の顧問を活用せず、自分で処理できるようになる、ために導入。

結果:素人では脱税になる可能性が高く、税理士の顧問が必須。
初心者が操作するにはわかりやすいが、それは経理を行ったことがない人が、他と比較ができずに、初めてこれを操作した場合の話しです。税務知識をないままの利用は非常に危険。

サポート:電話でも電話サポートの契約をすれば可能。chatでも可能。問題は、税務の正否は税理士に聞いてくれの一点張り。
一般的な処理方法は案内できるが、正否は不明。一般的に脱税の処理が多ければ、脱税になる可能性がある処理方法を案内するとのこと。これはチャットの中で担当の方に確認すると、そうお答えを頂きました。
あくまでも一般的に多くある処理方法、操作方法の案内であり、それが例え脱税に当たったとしても、責任も取らないし、正否も不明とのことです。
サポートの処理方法を鵜呑みにした場合、脱税を知らぬ間にしている可能性が多いにあるので注意です。

結論:対象者はあくまでも税務知識を持った、経理処理を得意とする方向け。
私のような無知な方は、税理士の顧問は必須。
サポートの処理案内は無責任なものであるため、サポートの契約の意味はない。

このような結論であれば、freeeを活用する意味はないように思う。結局税理士の顧問が必要であれば、freee+税理士になり、freeeが無駄な経費になってしまう。
毎月の経理は、税理士が顧問になれば正しくやってもらえるため、freeeが不要になる。

選択肢:
①freeeで確定申告をする方であれば、freeeで確定申告+税理士顧問で毎月の経理を処理。
②税務経理知識があり、毎月の経理、確定申告は自分でやる方はfreeeのみ
③確定申告も毎月の経理も税理士がやるのであれば、税理士のみでfreeeは不要

感想としては上記のような感じですね。
サポートは契約するだけ無駄で、返金もできませんし、責任もとりませんし、税務知識を有している方が対応しているわけではないので、脱税の可能性があってもいいかなという方で、それでも操作方法を知りたい方は契約したらいいかなと思います。

今年は、毎月税理士顧問+確定申告税理士+freeeの形になってしまいますが、支払ってしまったので仕方ないですね。
無責任なサポートを使用せず、税理士の処理方法を1年間学び、
来年からは、freeeのみ、確定申告も経理も自分で行おうと思います。
都合の良い広告につられ、結局無駄金を払うことになりましたが、良い勉強になりました。
1 人の方が役に立ったと言っています。
私はfreeeのスタンダードコースに登録しています。
freeeのメリットは領収書を撮影しただけで日付や値段や品目を読み取ってくれるところ、クレジットカードや口座にも同期しているので簡単に経理が出来るところです。

税額シュミレーションというのもあり1ヶ月の利益を平均して計算して最終的に売り上げがいくらになるのか、税金がどのくらいになるのか予測してもらえるのも有難いです。

確定申告もそのままネットで出来て質問に答えて行くだけで確定申告書が完成しプリントアウトをして郵送をすれば終わりです。

デメリットというほどではないですがスマホのアプリからだと簡易的な入力しか出来ないのでアプリでもPCで使用した時と同じくらい使えるともっと便利だとは思います。
1 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 800円/月~
ユーザ数 40万人以上(2015年8月、以降非公開)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(別料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードの個人事業主向け会計ソフト。法人向けの「MFクラウド会計」に対して、個人事業主向けはMF確定申告という名称でサービスが提供されています。
家計簿ソフトで培った、全国の銀行やクレジットカードからの自動仕訳の強さが特徴です。
クラウドでの請求書や、給与計算など、様々なサービスと連携しています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の口コミ・レビュー

確定申告をするにあたってソフトを探していたら、MF確定申告の口コミを見つけました。
それで使ってみたのですが、思っていたよりもずっと簡単でこれを選んで良かったと思いました。

主流のクラウド型なのでインストールをする手間が省けて、すぐに使えるところが良かったです。
またもしこの先パソコンを買い替える時にも、データをそのまま引き継ぐことができるため先々の心配をせずに済むという点もメリットだと思いました。

MF確定申告は、高精度な自動取り込み機能が搭載されているため初心者であってもすらすらと作業を進めることができ助かりました。

電話やメール、チャットによるサポートもあるので初心者にも優しいと思います。まずは無料のお試しを、オススメします。
1 人の方が役に立ったと言っています。
個人事業主として毎年青色申告が必要なため、MF確定申告を利用しています。

クラウド型の会計ソフトとあって、パソコンにソフトをインストールする必要がないですし、複数のパソコンから自由に管理画面にログインできるので助かります。

MF確定申告に限りませんが、この手の会計ソフトは自動計算してくれるのが何よりも便利に感じます。手書きの帳簿だと電卓を使って計算しなければならず、たまに間違った計算をしてしまうこともあって正確性に欠けるのがデメリットです。

MF確定申告であれば数字を打ち込むだけで合計金額を出してくれますし、売掛帳や現金出納帳など他の帳簿と連携しているので、1回だけ計算すれば良いのもすごく助かります。

1回使い始めたら手書きにはもう戻れません。
2 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)、機能限定無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 1,980円/月〜3,900円/月(年額プランあり)
ユーザ数 40万人以上(2015年8月)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac
サポート 訪問(有料のみ)、電話/メール/チャット
スマホアプリ iOS/Andoroid
会計以外の機能 請求書、経費精算、給与計算、マイナンバー(バリューパック)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードが満を持してリリースしたクラウド会計ソフトです。MFクラウド会計は、法人用の会計ソフトで、個人事業向けは、「MF確定申告」という別ブランドで提供されています。シェアNo.1のfreeeと同様、自動同期の機能や、クラウド請求書、給与計算など、ほぼ同水準の機能を提供しています。
インターフェイスは、普段から経理などの知識がある人にも使いやすい設計になっています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の口コミ・レビュー

今まで他の会計ソフトを使っていたのですが、MFクラウド会計の評判を聞きこちらに乗り換えることにしました。
乗換をするにあたり不安もあったのですが、これは他の会計ソフトから乗換しやすいように設計がされていて助かりました。
思っていたほどの手間がかからず、慣れるまでに時間がかからない点が良かったです。

面倒な初期設定もなく、パソコンに精通しているとは言えない自分でも楽に設定ができました。
ただしMFクラウド会計は、簿記の知識をベースとした入力方法がとられているので簿記の知識がまったく無いという人には難しいかもしれません。

クラウド型でこれと同様に高い人気をほこっているフリーのように完全自動仕訳機能はないので、その点は承知しておく必要があると思いました。
1 人の方が役に立ったと言っています。
基本的な機能は揃っていて、画面も見やすい。
クラウドでの会計入力は初めてだったが、特に迷うことなく入力を行い、必要な画面を探すことができた。
ネットワークでの銀行やクレジット会社の連携も可能で、機能的な面での不満はない。

ただ、クラウドのシステムなので、パッケージ版を使い慣れていた人間にはところどころ細かい点でストレスとなる部分はある。

たとえば、画面を開いたり入力を保存するたびに通信が必要なので、どうしてもワンテンポの待ちが発生してしまう。
特に画面を開くときには10秒近く待たされることもある。
いろいろな帳簿を見ながら作業する時には、複数タブを開きながら操作するなどの工夫が必要になる。

また、パッケージ版でショートカットキーを駆使していたユーザにとっても、クラウドではカバーしきれないので、キーボードだけで高速に入力していくということが難しい。

やよいの青色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥12.000/年、セルフプラン¥8.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

 パッケージソフトでの個人事業主シェアが圧倒的な弥生が開発した、個人事業主向けの青色申告ソフトです。パッケージソフトのやよいの青色申告を踏襲した、使いやすいインターフェイスや、オンラインならではの、銀行、クレジットカードのオンライン同期機能が共存しています。
 全体的に、初心者でも使いやすいインターフェイスになっており、ベーシックプランを申し込むことで電話のサポートを受けることもできます
 現在、初年度すべての機能を無料で利用できるという非常にお得なキャンペーンを展開しており、複数の会計ソフトを比較する上でも、候補の一つとして使い勝手をためしてみるといいでしょう。


 freeeやMF確定申告に比べると、機能的には一部少ないところもあります。現在は、請求書、給与計算など拡張的な機能は提供されていません。とはいえ、主力の経理の部分は申し分なく、シンプルな経理の機能だけを使いたい事業主におすすめです。スマートフォンアプリも提供されています。
 また、弥生の知名度による対応できる税理士の多さや、初年度無料は魅力的です。また、今後機能的にも他のクラウド会計ソフトにキャッチアップしていくことが予想されます。

やよいの青色申告オンラインの口コミ・レビュー

最近流行り始めてきたクラウド系の確定申告ソフトを探していたのですが、やはり大御所であるやよいの青色申告オンラインを使ってみることにしました。
知名度としても申し分ないですし、セルフプランは1年間お試しで無料となっているのも嬉しい限りです。

機能としては日々の取引などを簡単に入力するだけで複式帳簿が作れますし、最近増えてきているスマート取引取込の機能も付いているので、とにかく気軽にできるのは凄く洗練されていると感じました。

もちろんクラウドサービスなのでバックアップの心配はほどんど無いですし、セキュリティー面もきっちりとしているので安全なのも良いですね。

有料プランなどは電話サポートなどのカスタマーサービスも充実しているので、やはり大手の確定申告ソフトならではの便利さが充実していると思いました。
フリーランスで働くようになって4年目になります。
1年目は確定申告について本当に何もわからなくて、市が設けてくれた確定申告用の相談所に通って行いましたが、2年目からはパソコンでソフトを使ってやるようになりました。
とはいっても白色申告だったのでそこまで難しい内容ではなく、簡単な記帳程度で問題なくスムーズに行えました。

その後やよいの方から青色にしないかという勧誘の電話がかかってきました。
元々興味はありましたし丁寧でしたが結構積極的に勧誘してくるので、少しイラッとしつつ契約しました。
そして今年の申告なのですが、初めての青色申告ということでかなり色々知らない事があって調べたりしなければなりませんでしたが、やよいの方に質問する事もできてなんとか終える事ができました。
よく考えれば税理士に依頼してお行うような内容ですし、それを素人がソフトを使っただけでできてしまうというのがすごい事なのかもしれません。

青色にしてよかったかどうかは実際に税金がかかってこないとわかりませんが、素人でも使おうと思ってすぐに申告できるレベルまで使いこなせたという点でやよいの青色申告オンラインは使いやすくわかりやすいものだと思います。
1 人の方が役に立ったと言っています。
3.9 点 (50件)

弥生会計オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥30.000/年、セルフプラン¥26.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有、業務相談(ベーシックプラン)
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトのトップ、弥生会計がリリースしたクラウド会計ソフトです。スマート取引取込で、銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、スキャンデータを取込、自動で仕訳を行えます。入力面でも、パッケージの弥生会計での経験を活かした使いやすいインターフェイスになっています。

 クラウド会計ソフトなので、ソフトは常に最新版を利用することができるためバージョンアップの作業が必要ありません。また、弥生会計の実績により対応税理士の数も多く、税理士とのやりとりもクラウドでリアルタイムで情報を共有することができるため、スムーズです。


 2016年末まで、初年度無料で利用できる、起業家応援キャンペーンを実施しているためじっくり機能を触って検討できるのも嬉しいです。スマートフォンのアプリも提供されています。今後、クラウド請求書、クラウド給与など、拡張機能のリリースが待たれます。

弥生会計オンラインの口コミ・レビュー

弥生会計オンラインを利用するにあたって、最初にテスト導入をしました。
インターネットや周りの人の評判は上々だったのですが、やはり自分で使ってみないことにはわからないことがたくさんあると感じたからです。

テスト導入は0円で、負担がなかったので助かりました。
利用開始時に必要な経費もかけずに使えて、ありがたかったです。

弥生会計オンラインの良いところは、サポートがしっかりとしている点だと思います。
会計ソフトの大手ということもあるとは思いますが、使い方が分からなくなった時とても丁寧に教えてくれたのでうれしかったです。

初心者でも操作がしやすい簡単取引入力ができるため、サッと作業ができます。
勘定科目をすぐに選べて、苦手意識がある人にも優しいと思いました。
11 人の方が役に立ったと言っています。
弥生会計オンラインは、電話やメールでの操作サポートがあるので良かったです。

今まで会計ソフトを使った経験がなく、自分でも使いこなせるのか不安でした。しかししっかりとしたサポートがあるので、私の様な未経験者でも利用できました。
弥生会計オンラインには銀行明細やクレジットカードなどの取引データ、レシートや領収書のスキャンデータを自動で仕訳する機能があるので、非常に効率的で面倒な会計業務が楽になりました。

スマホアプリで撮影したデータの自動仕訳も可能で、グラフレポートにすることもできるため整理ができて見やすいです。
簿記の専門的な知識がなくても、最低限のスキルだけでそれなりの帳簿をつけることができるため助かっています。
13 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの白色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥8.000/年、セルフプラン 永年無料
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有(ベーシックプラン)
スマホアプリ Android/iOS
会計以外の機能 やよいの青色申告オンラインへのデータ移行
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトで有名な弥生会計がリリースした、白色申告に特化した珍しい経理ソフトです。2014年1月からは、白色申告の記帳が義務化されたので、その貴重作業を簡単にするためのソフトです。年間の利用額もクラウドの青色申告ソフトにくらべ安価です。

2017年より、初期費用、月額利用ともに完全無料で基本的な機能が全て利用できるようにになりました。
※電話やメールなどの各種サポートが必要な場合は別途費用が必要です。

やよいの白色申告オンラインの口コミ・レビュー

やよいの青色申告申告オンラインを使う前年に使用していました。通常のエクセルや電卓による計算が非常に煩雑で結局並んで税務署の方にアドバイスをもらうということをしていましたが、このソフトを導入したら毎日の経費や売り上げを入れていくだけでほとんどでき上がるという簡単さがとても助かりました。

確かに国税庁の提供するオンラインの入力ソフトも便利と言えば便利なのですが、専門の企業が作ったソフト(しかも老舗の会計ソフトの会社)は非常に分かりやすく、操作も簡単でした。

また、これに慣れておくと青色申告版も非常にスムースに導入できるので、青色申告に挑戦する前年に一度検討をしてみても良いかもしれません。
きっと今までの大変な作業が楽になるはずです。
12 人の方が役に立ったと言っています。
やよいの白色申告オンラインにはフリープランとベーシックプランがあるので、自分に合った方を選ぶことができます。
フリープランは永年無料で使用できるのですが、私は有料のベーシックプランにしました。
これにすることで、サポートを充実させることができるので良かったと思っています。
サポート代と考えると、安いくらいです。

やよいの白色申告オンラインは作りが非常にシンプルなので、確定申告をしたことがない人や慣れていない人にも優しいソフトだと思います。
簿記の知識がなくても十分に使えて、パソコンの操作が不得手な人であってストレスにならないと感じました。
サポートが必要ないくらいに慣れてきたら無料のプランに変更をすることもできるため、そういった点もうれしいです。
11 人の方が役に立ったと言っています。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ インストール型
料金 39,000円〜
ユーザ数 非公開
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windowsのみ対応
サポート メール/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

いわずとしれた、弥生会計のパッケージソフトです。PCにインストールする会計ソフトとしては圧倒的なシェアを持ちます。特に、事業規模の小さめの法人の利用が多く、全国のほとんどの税理士も弥生会計を使った会社の経理と連携が取れます。
パッケージソフトとして必要な機能は一通り完備されております。
電話などでのサポートを受けるためには、別料金が必要です。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の口コミ・レビュー

消費税が上がったり、元号が変わるとほぼ製品と同額かそれ以上の金額を要求される。
以前の消費税上がった時も同じような金額を請求されました。
2019年の元号改正で、1000億の売上を目ざしているようだ。新元号で1000億の丸儲け!!
こんな会社です。

昔は良い会社だったんですけどね。
ちょっと儲かると豹変。
まあ、これはネット関連業者の通る道。
天変地異や外国からの攻撃でパソコンが使えなくなったら全く約にたたないものにもなるし。
会社の存続も難しいようになるのにね。
ちょっと成功しただけで天下をとったような気分になるのでしょうね。
8 人の方が役に立ったと言っています。
弥生会計の申告書のソフトを使用した

▼使いやすさ
申告書と同じ表示が画面にされ、そこから入力必要情報に入っていけるので紙に書く感覚で入力できる。かつ、サポートメッセージがポップアップしてくれるので見落としがちな判断が必要な部分も網羅できる。入力のミスもある程度、お知らせしてくれる。
一つ一つの機能の立ち上げは、申告書別の立ち上げは多少時間がかかるで入力時にはサクサクと作業ができる。
デザインもすっきりとしていて好感がもてる。


▼整合性
課税区分の入力が、オリジナルで設定できるあたりと、過去のデータも変更できてしまうため、意図しないところで税区分が動いてしまうような誤操作があないかすこし心配になる。
自分ではそのようなミスにでくわしてはいない。
26 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの青色申告(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 12,000円、トータルプラン付き20,000円 
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows
サポート メール/電話(ベーシックプラン以上)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージソフトではシェアNo.1の弥生が提供する青色申告ソフト。利用者が多いことからWeb上での情報も豊富で、対応している税理士も多いです。
確定申告までに必要な要素はすべて完備されています。Web上での情報が多い反面、弥生からの電話などのサポートは別料金になっています。

やよいの青色申告(パッケージ)の口コミ・レビュー

私は母、嫁と3人で理容室をしています。
6年前までは合資会社として経営して、母が手書きの帳簿と税理士をお願いしていました。

5年前方は個人として経営して申告もパソコンを使用して自分で行うようになりました。
6年前までは税理士に7万払い母が手書きの帳簿です。

弥生の青色申告を使うと税理は頼まなくてもよく、更に手書きでの帳簿の必要がなくなります。
手書きの時はどこか一つ間違うと修正するのがとても大変でした。

しかし、弥生の青色申告ならば間違っているところがすぐ分かり、計算もソフトがやってくれるため申告に使う時間はとんでもなく短くなり、ソフト代も1万位と納得の値段です。

1年目こそソフトを扱うのに苦戦しましたが、5年目となると慣れてくるのと同時にソフトも進化しています。
3 人の方が役に立ったと言っています。
確定申告の時期になると毎年申告どうしようか、と頭を悩ませている人も多いかと思います。
自営業の私も以前は税理士に頼んでいたのですが、費用がかかるので自分でやってみることに。
数ある申告ソフトの中から選んだのは評価NO.1のやよいの青色申告。
本当にとっても簡単。

私が使っているのはパッケージ版でCDソフトをパソコンに取り込む方法。
ダウンロード版もありますが、私は長年CD版を使っているのでこれにしています。
このソフトを取り入れたらあとは毎日の経費を入力していくだけ。
計算も申告書の作成も全部ソフトがやってくれます。

金額が合わない等、なにかおかしなところは指摘してくれるし、ソフト内のQ&Aでわからないことがあればサポートセンターに問い合わせることもできます。
簿記の知識がある人ならさくさく簡単にできますし、知識がない人でもガイドがちゃんとしているのでわりと簡単にできると思います。

パッケージ版、ダウンロード版、どちらも1万円弱ぐらいの値段で購入できます。
税理士に何万円も払っていたことを思うと、このやよいの青色申告ソフトを使わない手はないですよ!
29 人の方が役に立ったと言っています。
4.4 点 (46件)

勘定奉行Jシリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 購入型80,000円、利用型40,000円/年
運営会社 株式会社オービックビジネスコンサルタント
対応OS Windows
サポート メール/FAX/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

勘定奉行シリーズは比較的規模が大きい事業者向けの印象がありますが、その勘定奉行が提供している小規模事業向けのシリーズです。会計の他、給与、販売、仕入れの4種類製品が提供されています。
勘定奉行Jシリーズも、会計ソフトのクラウド化にならい、奉行J Personalというクラウド化したソフトの提供もはじめています。

勘定奉行Jシリーズの口コミ・レビュー

勘定奉行Jシリーズの取り入れたのですが、初めてのことでわからないことが次々に出てきました。
それでサポートセンターに電話をしたのですがとてもわかりやすく教えてくれたので、うれしかったです。

正式に購入をする前はもちろんですが、導入後も変わらない手厚いサポートがありました、専門のスタッフがいるのか、こちらの聞きたいことをくみ取ってくれて的確な答えを提示してくれます。

税制の改正や法令が変わった時にも安心で、長期にわたって使い続けることができると思いました。
勘定奉行Jシリーズは、マニュアルがしっかりとしていてこれまでソフトを使ったことがない私であっても何とか操作ができ助かりました。
図解入りのマニュアルなので、親切だと思います。
6 人の方が役に立ったと言っています。
有名ソフトだけあって使いやすかったです。
遠隔のサポートサービスもあるようですが、先輩からのレクチャーのみで使用できるようになりました。

仕入れから在庫管理、仕分けもできるので日々のデイリー処理がとても楽になったそうです。 (以前は文書ソフトで管理していたとのこと)

私は調達の担当でしたが、会計担当と連携して作業を行うことができました。
結果、月次・年次の処理も従来より楽になったそうです。
スタートがこのソフトだったため「会計ソフトとはこういうもの」と思っていたのですが、別のソフトを使った際、使い易さが身に染みました。

小規模会社向けらしいので、大きな会社での使い勝手は分かりませんが、然程大きくない事業所であればオススメです。    
2 人の方が役に立ったと言っています。
4.3 点 (27件)

PCA会計シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 170,000円〜
運営会社 PCA株式会社
対応OS Windows
サポート サポートパートナーによるサポートあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 あり

クラウドで部門と部門をつなげ無駄を省くPCA会計シリーズ

ピー・シー・エー株式会社は1980年に設立されたコンピューターソフトの開発・販売を行うITベンダー企業です。

2018年1月現在でピー・シー・エー株式会社が提供する「PCAクラウド」の導入実績が1万法人を超えました。

PCAクラウドはピー・シー・エーの基幹業務クラウドサービスです。
このクラウドサービスでは1契約で1人から72人まで同時にアクセスできます

もともと中堅・中小企業を対象に立ち上げられましたが、現在では大企業にも対応できるようになりました。

「PCA会計シリーズ」はPCAクラウドサービスを利用するためのソフトです。
会計・販売管理・仕入在庫確認・給与・人事管理などのソフトをインターネットでPCからインストールして利用できます。
クラウド上での管理・運営はピー・シー・エーが契約するデータセンターが行っています。

PCA会計シリーズの特徴のひとつに病院を対象としたソフトがあります。
この「PCA医療会計DX」もPCAクラウドサービスを受けられますし、また、オンプレミスでも運用が可能となっています。

PCA会計シリーズの口コミ・レビュー

通常の会計ソフトは会計だけしかその機能がありませんが、PCA会計シリーズは会計以外の機能も充実していて非常に多機能だと思います。
販売管理や仕入れ在庫確認、給与、異人事管理等もつなげることが可能なので一元化できます。
重要なデータなので最初は管理のことを心配していたのですが、運営元が契約をしたところでしっかりと管理をしてもらえるとわかり安心しました。

PCA会計シリーズは、たった1人契約をすることで約70人もの人が同時にアクセスできるようになっておりすごいと思います。
小さな会社なのでこんなにたくさんの人が同じ時にアクセルすることなんてまずありえないことですが、これなら大企業であっても何ら問題ないと思いました。
17 人の方が役に立ったと言っています。
PCA会計シリーズは、会計の基本的な知識があれば誰でも使えるように工夫がなされているソフトだと思いました。
ごくわずかな初心者レベルの知識しかなかったのですが、それでもスイスイと作業を進めることができて良かったです。

最初は戸惑うこともありましたが、何度か作業を繰り返すうちにだんだんと慣れて楽に会計処理ができるようになりました。
PCA会計シリーズは事前に登録をしておけば、伝票の自動仕訳が可能で作業スピードを上げることができケアレスミスや入力漏れを防げました。
作業効率がぐんと良くなって、ストレスが減ったので良かったです。

これがあれば給与計算もできるし帳簿もつけることができるし、とても役に立ちます。
マイナンバー制度にも対応済みで、使い勝手が良いソフトだと思います。
25 人の方が役に立ったと言っています。

JDL IBEX会計シリーズ の詳細情報

無料体験版 なし
タイプ インストール型
料金 123,120円
運営会社 株式会社日本デジタル研究所
対応OS Windows
サポート サポートデスクあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

コンピューターメーカーが作る会計に特化した業務を改善するソフト

「JDL IBEX 会計」は株式会社日本デジタル研究所が開発・販売する、会計事務所や企業に特化した会計ソフトです。

日本デジタル研究所は1968年に設立され1991年に東証二部上場、1995年に東証一部に指定替えし
2017年からはマネジメント・バイアウトにより非上場企業となっています。

日本デジタル研究所は、多種多様な顧問先に適した自社のソリューションを組み合わせて活用することにより、会計事務所での業務効率化を提案しています。

JDL IBEX会計は実務者に合わせて入力方式(仕訳形式・出納帳形式・振替伝票形式)が選べるのが特徴です。

また、画面の切替がスムーズで、元帳画面を訂正すると、訂正されたデータが更新されて他の帳簿にダイレクトに反映されます。

そして、本社・支社または顧問である会計事務所との間を結ぶ「ネット会計」にも対応しており、モバイル機器からの遠隔操作で場所を選ばずに仕事をこなすことができます。

JDL IBEX会計シリーズ の口コミ・レビュー

JDLIBEX会計は会計ソフトの老舗メーカーが販売しているソフトなので、実績があり安心できました。
電話やFAX、メールサポートもありサポート体制が整っています。
些細な事であっても気軽に相談ができて、すぐに疑問を解決できるところが良いです。

JDLIBEX会計は、日々の記帳から決算申告まで幅広く対応をしているためこれ1つで必要な書類の作成ができ助かっています。
仕訳形式、出納帳形式、振替伝票形式と使う人が使いやすいように入力の方法を設定できるようになっていて、親切だと思いました。

しかし、このソフトはまったく会計知識がないという人には向いていないと思います。
歴史がある分、昔ながらの会計ソフトといった印象は否めません。
1 人の方が役に立ったと言っています。
JDLIBEX会計は、使い始めて約一年になります。
それまでは仕事柄、勘定奉行や弥生会計、TKC等を使っていた経験があります。
これらの会計ソフトと比べると、使い始めてまだ日数が経っていない事もあるせいか、慣れるまで難しいソフトのような気がします。
初めは、単に仕訳を削除するにも仕訳を変更するにも一苦労でした。

また、効率的に作業をしたいと思いアドバイスを頂きたく、サポートセンター的なところへ電話をしてみたところ「内容によっては有料になります」とのお返事で、とても残念でした。

しかし、インターネット上でしっかりした説明書があるので自分で調べる事を基本としているのでしょう。
細かく丁寧に記載してあるので、調べたら大抵のことは答えが見つかります。
まだまだ、JDLIBEX会計に対しての経験値は低いですが少しでも効率良く使えるよう頑張りたいです。
20 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチみんなの青色申告シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 9,800円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

「みんなの青色申告」と「みんなの電子申告」のセットで電子申告が可能

「ソリマチみんなの青色申告」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

「ソリマチみんなの青色申告」ではユーザーが業種を選択すると、その業種で使用される勘定科目が自動的に設定され手間が省けます。

また、複雑な消費税も簡単な手順で設定でき、それに伴い消費税の申告区分や端数処理も自動的に設定されます。

また、取引先の情報をMoney Linkに登録すると電子明細の取引を適切な仕訳へと自動変換し記帳してくれます。
Money Linkとは、金融機関などの取引を管理し自動的に取り込むことができる無料のアプリケーションです。

これは取引の記録をビッグデータとし、それを基に仕訳を予測するAIによるものです。

「ソリマチみんなの青色申告」を起動するごとに新しい明細が追加されていきます。

そして、無料の「みんなの電子申告」をダウンロードすることで電子申告を行うことができます

ソリマチみんなの青色申告シリーズの口コミ・レビュー

みんなの青色申告は、初めて自分で確定申告をする人におすすめだと聞いたので購入しました。
こういったソフトに疎い私であってもソリマチの名前は聞いたことがあったので、販売元がしっかりとした会社であるという点も購入をするうえでの材料になったかと思います。

みんなの青色申告はインストール型なのでその点が少々不満だったですが、実際に使ってみるとこれでよかったと思いました。
買い切り料金で自動取り込み機能が使えるので、得をした感があります。

また業種に応じてよく使われる勘定科目を自動設定できる機能があるため、便利です。
この機能があるのとないのとでは、処理スピードにかなりの差が出るのではないかと思います。
みんなの青色申告は、経理の知識がない人や経験がない人であっても気軽に使えるソフトなので非常に良いです。

数はそう多くないものの、金融機関やクレジットカードの自動仕訳ができるのでとても便利だともいます。
一括で仕訳ができるため、時間がかからず手入力によるミスがなくなりました。
こういった取引が多かった私にとっては、とてもありがたい機能で省力化が実現しました。

みんなの青色申告は付属のマニュアルと、電話によるサポートがあります。
自己解決できる自信がなかったので電話サポートの申し込みをしたのですが、こういったサービスが充実していることも魅力の一つだと思いました。
満足度が高い、良いソフトです。
7 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチ会計王シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 40,000円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

中小事業者向けの税務会計ソフト

「ソリマチ会計王」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

海外にも進出しており、韓国(1987年設立)とベトナム(2005年設立)にも拠点があります。

ソリマチ株式会社は農業者向けのソフトに始まり、他にNPO法人介護事業者向けの製品も開発し販売しています。

「ソリマチ会計王」の特徴は、経営資料(分析を含む)から決算書まで、独自の帳票を内蔵していて、それら帳票を白紙に出力できる点にあります。

ソリマチ株式会社の基礎となる組織が税務会計事務所であり、ソリマチ会計王シリーズには税務会計事務所で積み上げられたノウハウが活かされています
独自の専用帳票もそのひとつで、これは画面上での見やすさを追求したものと言えます。

また、最新版「会計王19」シリーズでは取引のデータをビッグデータとしAIに予測させる「AI自動仕分」を搭載しています。

ソリマチ会計王シリーズの口コミ・レビュー

会計王の他に販売王、給料王を使用しています。
どのシリーズでも感心するのがサポート体制です。

電話もつながりやすい方だと思いますし、操作方法や実務的なことで不安な時は電話でサポートを受けています。
ソフトの操作方法だけではなく実務的な事でもしっかり回答が出ますので、感心するのは実務を結構知っているスタッフを揃えているということです。
いままで2年間使用していて何回もお世話になっていますが、どの方も聞きやすい雰囲気の方々ばかりでよく教育されています。

ソフトとしての機能も十分だと思います。
入力画面も見やすく色別されていますし疲れません。
検索機能や付箋機能も見やすく使いやすい方だと思います。
どんなに良いソフトでも使いこなせないソフトは駄目ですが、会計王はその点は本当に安心して使えます。
20 人の方が役に立ったと言っています。
会計王は、サポートがとても充実しています。
会員専用のサービスなので、安心して利用でき助かりました。
導入しても使いこなせるかどうか心配だったのですが、操作方法が分からないときには専属のオペレーターが丁寧に教えてくれるのでほっとしました。

また助成金補助金診断ナビや書類作成文例や書式などの無料ダウンロードといったサービスもあり、役立っています。
会計王は都市銀行のみならずネット銀行や地方銀行の利用詳細を取り込むことができるので、非常に便利です。

加えて勘定科目の自動変換もできるため、手間が関わらず煩わしい作業をしなくても済むようになりました。
不具合が生じることがなく、使いやすいソフトだと思います。
14 人の方が役に立ったと言っています。