会計ソフトの比較・口コミランキング

top image
会計ソフトHackへようこそ

会計ソフトHackは、国内で提供されている様々な会計ソフトの口コミを集めたサイトです。また、実際に管理人が利用してみた使いやすさ、レビューでの評価の高さ、レビューの内容など総合的に管理人が判断した上でおすすめのソフトもランキングしております。

会計ソフトについては、専門性が高いソフトであることから、しばらく使い込んでみないとその良さが分かりません。また、一度使ってしまうと、それぞれの会計ソフトで使い勝手が異なることから、乗り換えが難しいという難点があります。

そのため当サイトではこれから会計ソフト、青色申告ソフトを使う人のために、少しでも分かりやすい情報をまとめたり、実際にソフトを使った人に生の口コミを自由に投稿してもらうことで、お役に立ちたいと考えています。

サイトの運営については、極力客観的公平な判断を基していきたいと考えておりますが、会計ソフト選びは最終的には個々人の好みや状況もありますし、本サイトの情報は管理人の主観も排除できない部分がございますので、それらも踏まえた上で皆様に情報を役立てていただきたいと思います。

会計ソフト おすすめランキング

4.3 点 (295件)
freeeの画像

freeeの詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 個人事業主1,180円/月~ 、法人2,380円/月~(税抜)
ユーザ数 100万人以上(2018年3月時点)
運営会社 株式会社freee
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(プラン内料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 あり

クラウド会計ソフトシェアNo1、申告書形式の対応も最も多い

freeeは、Webブラウザから使えるクラウド会計ソフトではシェアNo.1の会計ソフトです。
経理の効率が50倍になるというコンセプトで、銀行のWeb口座や、クレジットカードからの自動同期や、複式簿記の知識がなくても簡単に経理ができる分かりやすいインターフェイスなどで、一躍有名になった会計ソフトです。人工知能を活用した自動仕訳も行ってくれます。

経理以外にも、クラウドの給与計算、クラウド請求書、モバイルアプリからの経理機能、マイナンバー管理、会社設立や開業に関する届出を簡単にできるシステムなど、会計ソフトと連携した様々な機能を、他社に先駆けてリリースしています。
拡張サービスの多くは、クラウド会計ソフトの中で一番最初にリリースしており、機能面では常にトップを走っています。

また、クラウド会計ソフト(個人事業向け)の中では、確定申告書第三表(株、FXでの申告に必要)、第四表(赤字の繰越のために必要)に唯一対応しており、セルフメディケーション税制、医療費控除新フォーマット、仮想通貨の確定申告にも対応。簡単な質問に答えていくだけで、専門知識がなくても申告書が作成できます。また、アプリでも会計処理ができ、税金の予測機能もついています。これらの申告書作成機能に関しては完全に頭一歩抜きん出ています。
さらに、唯一Windows・Macどちらでも電子申告ができるようになっています。

 

利用料金面では、基本的にクラウド会計ソフト郡の中では最低価格クラスに位置しており、金額面で割高ということはありません。チャットでのサポートも無償でついてきます。
特に、マイナンバー管理や請求書送付など、会計以外の複数の機能を利用する場合にはコストメリットが大きいでしょう。請求書もワンクリックで封筒で送付してくれるサービスを提供しており利用金額は業界最安値です。

意見が分かれるのがインターフェイスで、複式簿記に詳しくない人には非常に使いやすく評判になっている一方で、複式簿記に詳しい人には複式簿記の考えたかをそのまま当てはめにくく慣れが必要な点です。

総合的に判断すると、費用も抑えて複式簿記をマスターしていない人、申告書作成に関して一番機能が豊富なソフトを探している人におすすめの会計ソフトです。

 

>無料会員登録はこちら

>モバイルアプリのインストールはこちら

freeeの口コミ・レビュー

現在、会計ソフトは、freeeを使用しています。

以前は他のソフト(勘定奉行)を使用していましたので、
他商品からの変更になるのですが、操作方法や操作性についての満足度はとても高いです。

メリットとして大きいことは、データのバックアップ作業から解放されたことです。
自動バックアップが可能ですし、バージョンのアップデイトが毎日行われますので、
ついついやってしまいそうなケアレスミスから免れる事ができます。

デメリットとしては、勘定奉行のように貸借を意識した簿記の知識あっての入力が不要のため、
違和感を感じる人もいそうです。

freeeを使い初めた頃は、使用方法や概要理解のために、freeeが自社で提供している動画・セミナーで学んだりしました。
今日では説明動画がユーチューブにもアップされているので、
自分の都合の良い時間に、視聴したり、見直したりできるので、利便性のアップデイトにも力を入れていると思います。
2 人の方が役に立ったと言っています。
明らかにおかしな現象がおきてるから問い合わせてるのに「申し訳ありません。現状はその様な仕様です」で終わりか、「開発部署に確認します」で長期間放置のどっちか。
導入から数年経つが導入したことを本当に後悔するレベルでひどい。
たまにくる回答も勘で答えてんのか?って位なんの根拠もないことを適当に返してきて回答になってない。
サポート担当者も開発部署も経理、簿記の知識がまったく無い状態でシステム設定してるとしか思えない。経理担当者からするとあり得ない仕訳の作りになってるから問い合わせてるのに、そもそもそのあり得なさが伝わらず「仕様です」で終わり、解決することはない。
個人で使う位ならいいかもしれないが、一定規模以上の企業は後悔するから止めた方がいい。
7 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 980円/月~、9,600円/年~ (複数プランあり)
ユーザ数 40万人以上(2015年8月、以降非公開)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(別料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードの個人事業主向け会計ソフト。法人向けの「MFクラウド会計」に対して、個人事業主向けはMF確定申告という名称でサービスが提供されています。
家計簿ソフトで培った、全国の銀行やクレジットカードからの自動仕訳の強さが特徴です。
クラウドでの請求書や、給与計算など、様々なサービスと連携しています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の口コミ・レビュー

個人事業主になって初めての確定申告だったのですが、マネーフォワードクラウド確定申告を導入していたため、楽ちんに確定申告することができました。

始めの設定から、確定申告や会計ソフトの知識があまりない人でもわかりやすくなっていて、手順を追って入力するだけでできるように工夫されているので、良かったです。

毎月の収入と支出を簡単に仕分けすることができて、確定申告がスムーズに行えます。無料版では、確定申告のメニューは使えないので、有料版に加入する必要がありますが、無料版だけでも十分に会計ソフトとして使うことができます。

確定申告ソフトとして使うこともでき、会計ソフトとしても使うことができるマネーフォワードクラウド確定申告はとても優れているソフトだなと感じています。
10 人の方が役に立ったと言っています。
初めての確定申告をするために、「マネーフォワードクラウド確定申告」を使用してみました。
このソフトを選んだ理由は、ランサーズなどとのデータ連携が可能だったからです。

クラウドソーシングサイトにおいてはタスクなどの細かな収入があり、それらを全て手入力する事に困難さを感じていたので、連携できるという点は大いに魅力を感じました。

実際に使用してみて、データ連携の点では助かりました。仕訳の登録をする必要はありますが、1から入力する事に比べると簡単なものです。

ただ、他の会計ソフトを本格的に触ったことがないので比較はできませんが、ページあたりの情報量が多く、目が滑る感覚がありました。また、直感的な操作ができないように感じることもありました。
慣れの問題かもしれませんが。

それから、カテゴリーから色々なメニューが選択できるのですが、プランの内容に関わらずクリックできるようになっています。
クリックをして初めて、現在のプランでは利用できないメニューだということがわかるようになっているということです。最初からメニューを選択できないようにするか、あるいは選択時点で利用できないことを明示してもらえる方がわかりやすいのに、と思います。

「マネーフォワードクラウド確定申告」は1か月無料で使えるので、使用を検討される場合はまず無料体験をされてみることをおすすめいたします。
5 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)、機能限定無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 3,980/月~、35,760/年~ (複数プランあり)
ユーザ数 40万人以上(2015年8月)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac
サポート 訪問(有料のみ)、電話/メール/チャット
スマホアプリ iOS/Andoroid
会計以外の機能 請求書、経費精算、給与計算、マイナンバー(バリューパック)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードが満を持してリリースしたクラウド会計ソフトです。MFクラウド会計は、法人用の会計ソフトで、個人事業向けは、「MF確定申告」という別ブランドで提供されています。シェアNo.1のfreeeと同様、自動同期の機能や、クラウド請求書、給与計算など、ほぼ同水準の機能を提供しています。
インターフェイスは、普段から経理などの知識がある人にも使いやすい設計になっています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の口コミ・レビュー

「マネーフォワードクラウド」は、シンプルな画面になっているのですがやや簿記の知識が必要です。
それさえクリアできれば、使いやすい会計ソフトであります。
シンプルな画面になっているため操作性は至って簡単です。
簿記の知識がやや必要ですが、その知識さえあれば快適に使うことができるようになっています。

ただし、読む込みの遅さが気になります。急いでいる時に読み込みが遅いと相当イライラしてしまいます。ですから、ある程度余裕を持って使わないとストレスが溜まります。機能的には使いやすさがありますのでその点はメリットがありますが、読み込みの遅さに関してはデメリットです。

また料金に関してですが、こちらは満足できるレベルです。
リーズナブルな料金になっているのでランニングコストを抑えることができます。
10 人の方が役に立ったと言っています。
マネーフォワードクラウドを利用していて良いと感じている点は「支出を自動で仕分けしてくれる」ところです。
レシート撮影機能があるので素早く会計することができます。
収入や支出を入力すると、項目ごとや月別に自動的に計算してくれ、前月との比率まで綺麗に表にしてくれるのもとてもありがたいです。

しかし、上場企業に対応していないみたいで、大人数の会計は難しいですが、中小企業程度の少人数の会計なら苦にすることなく利用することができます。

しかも、大手銀行だけではなく、地方銀行までも対応してくれており、銀行サービスと連携することができ、「通帳記入も仕分けてくれている」ので、とても作業効率が上がり、労力や時間が有効に使えるようになりました。
11 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの青色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥12.000/年、セルフプラン¥8.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

 パッケージソフトでの個人事業主シェアが圧倒的な弥生が開発した、個人事業主向けの青色申告ソフトです。パッケージソフトのやよいの青色申告を踏襲した、使いやすいインターフェイスや、オンラインならではの、銀行、クレジットカードのオンライン同期機能が共存しています。
 全体的に、初心者でも使いやすいインターフェイスになっており、ベーシックプランを申し込むことで電話のサポートを受けることもできます
 現在、初年度すべての機能を無料で利用できるという非常にお得なキャンペーンを展開しており、複数の会計ソフトを比較する上でも、候補の一つとして使い勝手をためしてみるといいでしょう。


 freeeやMF確定申告に比べると、機能的には一部少ないところもあります。現在は、請求書、給与計算など拡張的な機能は提供されていません。とはいえ、主力の経理の部分は申し分なく、シンプルな経理の機能だけを使いたい事業主におすすめです。スマートフォンアプリも提供されています。
 また、弥生の知名度による対応できる税理士の多さや、初年度無料は魅力的です。また、今後機能的にも他のクラウド会計ソフトにキャッチアップしていくことが予想されます。

やよいの青色申告オンラインの口コミ・レビュー

確定申告をインターネットでできることは分かっていましたが、どうしても「記入漏れがないか」と心配になってなかなか手が出せませんでした。

しかし、最近になってやよい青色申告は既に周りの知人がみんな使っており、分からないことがあっても聞くことができるという安心感からまずははじめの一歩を歩み出してみようと決心しました。

「1年間無料お試し」という便利なお試し機能を利用して、初めてインターネットで確定申告を済ませました。

感想は操作画面が分かりやすく初めてでも間違えずに(多分)確定申告の申請ができたので、今後はずっと使っていきたいという感じです。

役所に行って確定申告の手続きをするのは本当に大変なので、やよい青色申告のような使いやすい会計ソフトを使うことができるのはとても助かります。
4 人の方が役に立ったと言っています。
私がやよいの青色申告オンラインを始めたのは、不動産の経営で帳簿付けが必要になったからです。

最初は仕訳の仕方や、減価償却、その他財務会計のことはほとんどわかりませんでした。
ネットでこの青色申告オンラインを見つけて、とりあえずやってみました。

仕訳の仕方がわからなくても、丁寧にやり方が書いてあり手順通りにやれば問題なく、帳簿付けはもちろん、損益計算書やバランスシートの把握、確定申告まで簡単でスムーズに行うことができました。

しかもクラウド上で管理できるので場所も選びませんし、値段もスタンダードなら年間8000円なので、大変コスパも良いと思います。

少し残念なのは、2月の確定申告の時期になると昼間重い時があったりして、作業が難しい時があります。
全体的はすごく満足していて、これからも利用したいとも思っています。
10 人の方が役に立ったと言っています。
4.0 点 (86件)

弥生会計オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥30.000/年、セルフプラン¥26.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有、業務相談(ベーシックプラン)
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトのトップ、弥生会計がリリースしたクラウド会計ソフトです。スマート取引取込で、銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、スキャンデータを取込、自動で仕訳を行えます。入力面でも、パッケージの弥生会計での経験を活かした使いやすいインターフェイスになっています。

 クラウド会計ソフトなので、ソフトは常に最新版を利用することができるためバージョンアップの作業が必要ありません。また、弥生会計の実績により対応税理士の数も多く、税理士とのやりとりもクラウドでリアルタイムで情報を共有することができるため、スムーズです。


 2016年末まで、初年度無料で利用できる、起業家応援キャンペーンを実施しているためじっくり機能を触って検討できるのも嬉しいです。スマートフォンのアプリも提供されています。今後、クラウド請求書、クラウド給与など、拡張機能のリリースが待たれます。

弥生会計オンラインの口コミ・レビュー

財務会計ソフトの定番というべき「弥生」シリーズでこれが使いやすいように思います。今までも弥生系のソフトは使っていましたが
このソフトがあれば、基本的な財務システム処理はすべて出来ると覆います。

銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、レシートや領収書のスキャンデータやスマホアプリで撮影したデータを自動でしてくれますので入力と仕訳の手間が省けますし、グラフなどで確認したいときは、取引の集計結果をわかりやすいグラフで表示することが、可能で経営状況がひと目で把握できます。またどうしても操作が分からない、こういう操作がしたい・グラフが作りたい・処理方法がわからないといった操作に関する疑問は電話でもメールでも対応してくれるので、助かっています。
35 人の方が役に立ったと言っています。
弥生会計オンラインは困ったときでも問題ないという印象を受けました。
というのも、いざというときのサポートに関してかなり充実している状況だったからです。

弥生会計オンラインでは、電話、チャット、メールといったサポートがありますが、それ以外でも画面共有サポートが用意されています。
サポートする側がこっちの画面を見て、現状をより詳しく把握したうえでアドバイスをもらうことができるので、迅速にスムーズに問題が解決しました。

電話、チャット、メールなどのサポートはいろいろな会社でやっていますけど、画面共有サポートはなかなか見ないケースです。
だからこそ、ここは弥生会計オンラインならではの特徴になっていますし、実際に利用してみてかなり魅力的に感じたので、多くの人におすすめです。
45 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの白色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥8.000/年、セルフプラン 永年無料
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有(ベーシックプラン)
スマホアプリ Android/iOS
会計以外の機能 やよいの青色申告オンラインへのデータ移行
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトで有名な弥生会計がリリースした、白色申告に特化した珍しい経理ソフトです。2014年1月からは、白色申告の記帳が義務化されたので、その貴重作業を簡単にするためのソフトです。年間の利用額もクラウドの青色申告ソフトにくらべ安価です。

2017年より、初期費用、月額利用ともに完全無料で基本的な機能が全て利用できるようにになりました。
※電話やメールなどの各種サポートが必要な場合は別途費用が必要です。

やよいの白色申告オンラインの口コミ・レビュー

やよいの白色申告オンラインは、アプリの「弥生申告」と「弥生レシート」と連携すると、
パソコンで、やよいの白色申告オンラインを管理して、
細かな入力などを、アプリを使って記録することができるので、
使いこなせる人には、かなり便利に管理がすることができます。

連携の方法は簡単で、やよいのログインIDとパスワードで共有することができるので、
簡単に共有できます。

「弥生申告」のアプリの入力項目は、「やよいの白色申告オンライン」で使ったことのある取引先なども、
覚えていてくれるので、入力の作成なども簡単にできるところは助かります。

「弥生レシート」はレシートや領収書のデータをスマートフォンのカメラを使って、記録することができるので、
無くしてしまいそうな時にはとても助かります。
私は念のため、アプリとクラウドにも写真で残しています。
4 人の方が役に立ったと言っています。
確定申告をする必要が出てきたが、会計の知識は全くなし。
わざわざ高額の報酬を払ってまで税理士に頼むほどの売上でもないので困っていたところ、たまたまネットで目にしたのがやよいの白色申告オンライン。
「無料」というのですぐに飛びついた。

まずは会員登録。それからログインして開いた画面はちんぷんかんぷん。
今までの人生で一度も目にしたことのない単語がズラリ。
「やっぱり素人に確定申告は無理か…」と諦めの二文字が頭をよぎるが、案内に従って設定を進めていくと「あれ ?もしかしてできてる?」と心境に変化が。ひたすら経費や売上を入力し続ける単純作業を終えてようやく確定申告へ。

控除の項目を選択し金額を入力すると提出書類の完成。あまりの簡単さにびっくりした。
19 人の方が役に立ったと言っています。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ インストール型
料金 39,000円〜
ユーザ数 非公開
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windowsのみ対応
サポート メール/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

いわずとしれた、弥生会計のパッケージソフトです。PCにインストールする会計ソフトとしては圧倒的なシェアを持ちます。特に、事業規模の小さめの法人の利用が多く、全国のほとんどの税理士も弥生会計を使った会社の経理と連携が取れます。
パッケージソフトとして必要な機能は一通り完備されております。
電話などでのサポートを受けるためには、別料金が必要です。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の口コミ・レビュー

私は会計事務所で弥生会計を使用していますがやはりデスクトップアプリなだけあって入力の速さは断トツかと思います。
自分仕様のUIも確立できますし会計事務所で使うには向いているかと思います。

唯一申告書をくみ上げることができないことが不満ですが、問題なく使えると思います。

値段が少し高い点がネックですかね。ただ安価のグレードのものもあるのでそちらでも問題はないかと思います。

逆に会計事務所に所属していないのでしたらおすすめはできないかと思います。

簿記の知識がなくても入力することは可能でありますが実際に試算表やその他の帳票を有効的に活用できるかといわれるとどうなのかなといったところです。
59 人の方が役に立ったと言っています。
消費税が上がったり、元号が変わるとほぼ製品と同額かそれ以上の金額を要求される。
以前の消費税上がった時も同じような金額を請求されました。
2019年の元号改正で、1000億の売上を目ざしているようだ。新元号で1000億の丸儲け!!
こんな会社です。

昔は良い会社だったんですけどね。
ちょっと儲かると豹変。
まあ、これはネット関連業者の通る道。
天変地異や外国からの攻撃でパソコンが使えなくなったら全く約にたたないものにもなるし。
会社の存続も難しいようになるのにね。
ちょっと成功しただけで天下をとったような気分になるのでしょうね。
99 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの青色申告(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 12,000円、トータルプラン付き20,000円 
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows
サポート メール/電話(ベーシックプラン以上)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージソフトではシェアNo.1の弥生が提供する青色申告ソフト。利用者が多いことからWeb上での情報も豊富で、対応している税理士も多いです。
確定申告までに必要な要素はすべて完備されています。Web上での情報が多い反面、弥生からの電話などのサポートは別料金になっています。

やよいの青色申告(パッケージ)の口コミ・レビュー

確定申告時のサポートを受けるために12000円ほど年間支払いをしているにも関わらず、電話がなかなか繋がらない。
長い時だと繋がるまでに30分以上待つことも。
しかも通話料はこちら負担。

やっと繋がったと思えば、何度も調べるために保留にされ、挙げ句の果てに「税務署に聞いて下さい」とまるで逃げるような回答。

税務署にしか分からない内容なのであれば最初からそう案内するべき。
何度も保留にされている間も通話料がこちら負担なのでストレスが倍増します。

このようなサポート体制の中、12000円はぼったくりと感じてしまいます。
頼りない電話口の無知なスタッフではなく、知識豊富なスタッフを電話口に置くべきだと思います。
50 人の方が役に立ったと言っています。
やよいの青色申告オンラインを選んだ理由は、控除を受けたかったからです。
これまではずっと、控除を受けるには専門的な知識が必要だろうから自分には無理だろうと思っていました。
でもソフトを使って必要書類の作成をすれば、控除を受けることができました。
専門知識は不要で青色申告ができるのは、非常にありがたいです。
しかも1年間無料の申し込みがパソコンができるので、これ以上のものはないと思いました。

やよいの青色申告オンラインは自動仕訳機能が搭載されているため、仕訳が必要ありません。
スマートフォンの専用アプリを使って撮影をすれば、レシートや領収書のデータが入力される仕組みになっていて効率よく作業を進めることができました。
49 人の方が役に立ったと言っています。
4.4 点 (65件)

勘定奉行Jシリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 購入型80,000円、利用型40,000円/年
運営会社 株式会社オービックビジネスコンサルタント
対応OS Windows
サポート メール/FAX/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

勘定奉行シリーズは比較的規模が大きい事業者向けの印象がありますが、その勘定奉行が提供している小規模事業向けのシリーズです。会計の他、給与、販売、仕入れの4種類製品が提供されています。
勘定奉行Jシリーズも、会計ソフトのクラウド化にならい、奉行J Personalというクラウド化したソフトの提供もはじめています。

勘定奉行Jシリーズの口コミ・レビュー

使いやすさ星4つです。
仕訳入力~決算書出力、財務関係では予算実績管理・分析に使用していました。

経理では残高管理しやすい事はもちろん、Excelやcsv出力も素早く可能であり集計業務にも非常に役立ちます。

また分析資料の作成なども、部門集計・予算分析、損益分岐など経営に役立つ資料が集計可能です。が、最初の設定が大変です。

一年前の入力を確認したい場合にも期をまたがずに遡って確認できるところが、非常に便利でした。
様々な業種に対応できる会計ソフトで、私にはダントツ1位です。

i8シリーズはサポート終了となるため、今後の購入では、クラウド版 か i11シリーズとなりますが、値段がお高めなのが悩ましいところです。(値段が高いので星4つです)

また、クラウド版は少しだけ設定がi8シリーズと比べて機能が落ちるそうなので、購入前には機能確認をしてからがおすすめです。
25 人の方が役に立ったと言っています。
社労士事務所に勤務した際に勘定奉行Jシリーズの給与奉行を主に使用していました。
当時は未経験で不安もありましたが、コマンドごとに操作説明があり、解説を見ながら処理を進めていくことができたので非常に助かりました。

自力で作業をすすめていくにはもってこいで給与計算処理や年末調整もスムーズにおこなう力が身につき、そのスキルも向上していくと思います。
登録情報も詳細まで設定でき、給与計算についても従業員ごとに個別設定ができるので、幅広いニーズに合わせることができます。

明細情報も細かく設定することができ、給与明細だけで多くの情報を伝えることができます。
基本的な機能だけでなくマニアックな機能も搭載されており、使いこなせれば業務効率は非常にアップするのではないでしょうか。
22 人の方が役に立ったと言っています。
3.9 点 (39件)

PCA会計シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 170,000円〜
運営会社 PCA株式会社
対応OS Windows
サポート サポートパートナーによるサポートあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 あり

クラウドで部門と部門をつなげ無駄を省くPCA会計シリーズ

ピー・シー・エー株式会社は1980年に設立されたコンピューターソフトの開発・販売を行うITベンダー企業です。

2018年1月現在でピー・シー・エー株式会社が提供する「PCAクラウド」の導入実績が1万法人を超えました。

PCAクラウドはピー・シー・エーの基幹業務クラウドサービスです。
このクラウドサービスでは1契約で1人から72人まで同時にアクセスできます

もともと中堅・中小企業を対象に立ち上げられましたが、現在では大企業にも対応できるようになりました。

「PCA会計シリーズ」はPCAクラウドサービスを利用するためのソフトです。
会計・販売管理・仕入在庫確認・給与・人事管理などのソフトをインターネットでPCからインストールして利用できます。
クラウド上での管理・運営はピー・シー・エーが契約するデータセンターが行っています。

PCA会計シリーズの特徴のひとつに病院を対象としたソフトがあります。
この「PCA医療会計DX」もPCAクラウドサービスを受けられますし、また、オンプレミスでも運用が可能となっています。

PCA会計シリーズの口コミ・レビュー

一応簿記の3級を持っていますが、実務で使ったことはそれまでありません。

簿記の資格を取得してすぐに勤めた会社で使っていた会計ソフトがこちらでした。
会社ごとで使い方の違いは多少あると思います。
ここの会社でどう使っているかさえ教えてもらえれば、後は簡単でした。

担当の税理士さんが処理してくれるので、私が使ったことがあるのは、補助科目などの登録と入力、それの集計や印刷のみです。
やり方もすぐに覚えられて、これだけで日常的な会計ソフトでの業務は終われるので簡単なのは有難かったです。

集計も簡単で、見たい情報がすぐ見えます。
入力画面も分かりやすく、勘定科目や補助科目に割り振られた番号を覚えれば、すごいスピードで伝票入力を終わらせることができます。

とても良いソフトなのですが、1つだけやりにくかったことが、例えばイレギュラーな支払いが出て、それを雑費で処理した時などです。
後で探す時にとてもやり辛く、摘要欄に入力している言葉も検索できるようになればいいのにと思いました。
25 人の方が役に立ったと言っています。
PCA会計シリーズは、インストールすると直ぐに作業が始められスムーズだったと思いました。
そしてとても見やすく操作がしやすいのがメリットです。

さらに伝票の仕分けについても事前に登録しておけば、自動でしてくれるので、楽になって良かったです。
この機能があるためミスもなくなり、正確性が上がって本当に助かっています。

さらにマイナンバーへの対応もしくれているので便利で、考えていたよりも機能がとても多彩だと感じました。
それは販売管理、在庫確認、人事についての管理まで行うことができるからです。

また1契約で72人まで使うことができるのには、驚かされました。
そのため中小企業はもちろんこと大企業でも、問題なく使うことができると思いました。
34 人の方が役に立ったと言っています。

JDL IBEX会計シリーズ の詳細情報

無料体験版 なし
タイプ インストール型
料金 123,120円
運営会社 株式会社日本デジタル研究所
対応OS Windows
サポート サポートデスクあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

コンピューターメーカーが作る会計に特化した業務を改善するソフト

「JDL IBEX 会計」は株式会社日本デジタル研究所が開発・販売する、会計事務所や企業に特化した会計ソフトです。

日本デジタル研究所は1968年に設立され1991年に東証二部上場、1995年に東証一部に指定替えし
2017年からはマネジメント・バイアウトにより非上場企業となっています。

日本デジタル研究所は、多種多様な顧問先に適した自社のソリューションを組み合わせて活用することにより、会計事務所での業務効率化を提案しています。

JDL IBEX会計は実務者に合わせて入力方式(仕訳形式・出納帳形式・振替伝票形式)が選べるのが特徴です。

また、画面の切替がスムーズで、元帳画面を訂正すると、訂正されたデータが更新されて他の帳簿にダイレクトに反映されます。

そして、本社・支社または顧問である会計事務所との間を結ぶ「ネット会計」にも対応しており、モバイル機器からの遠隔操作で場所を選ばずに仕事をこなすことができます。

JDL IBEX会計シリーズ の口コミ・レビュー

会社では経理部署で働いているのですが、書類が机の上に嵩張って邪魔なことが多くあります。
しかし、JDL IBEX会計シリーズを会社が導入してくれたおかげで、大量の書類の中から探さなくてもよくなりましたし、ソフトの中に「会計の書類全てが入っている」ので、机の上が綺麗で、作業がしやすくなりました。

初めて会計ソフトを使ったのですが、操作性もとても簡単に使うことができましたし、見やすくなっているのでわかりやすくて良かったです。
特に、「F1キー」を押すだけで、自分の今している作業のところのマニュアルを簡単に表示してくれるのは、とても助けられました。

初めて会計ソフトを導入するならJDL IBEX会計シリーズがおすすめだと感じています。
9 人の方が役に立ったと言っています。
このJDL IBEX会計シリーズを使ってみて思ったのはこれはかなり操作が簡単で初めて会計ソフトを使う人でも問題なく使えるのが良いと思いました。

これなら初めて会計ソフトを使う人でも特に迷う事もなく感覚で操作が分かるのが良かったです。

おかげで初めて使ってみて使い方が分からないせいで嫌になってしまうという事もなかったです。

またこれを使うようになったおかげでかなり事務作業が早く終わるようになったのが良かったです。

以前はかなり長い時間をかけてやるしかなかったのがこれを使うようになって同じことをやってもかなり時間を短縮できるようになりました。

なので、最初はこれでどれだけ良い効果があるかと思ったのですが思った以上に良かったです。
23 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチみんなの青色申告シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 9,800円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

「みんなの青色申告」と「みんなの電子申告」のセットで電子申告が可能

「ソリマチみんなの青色申告」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

「ソリマチみんなの青色申告」ではユーザーが業種を選択すると、その業種で使用される勘定科目が自動的に設定され手間が省けます。

また、複雑な消費税も簡単な手順で設定でき、それに伴い消費税の申告区分や端数処理も自動的に設定されます。

また、取引先の情報をMoney Linkに登録すると電子明細の取引を適切な仕訳へと自動変換し記帳してくれます。
Money Linkとは、金融機関などの取引を管理し自動的に取り込むことができる無料のアプリケーションです。

これは取引の記録をビッグデータとし、それを基に仕訳を予測するAIによるものです。

「ソリマチみんなの青色申告」を起動するごとに新しい明細が追加されていきます。

そして、無料の「みんなの電子申告」をダウンロードすることで電子申告を行うことができます

ソリマチみんなの青色申告シリーズの口コミ・レビュー

税務署のすすめで、割引で購入できるソリマチの会計ソフトを5年ほど前に導入しました個人事業主の元で経理を担当しています。

それまでは、手書きの出納帳でエクセルを利用して、計算していたのですが、導入以降はとても計算が楽になりました。
勘定科目の知識はある程度はあったので、振り分け等は比較的簡単に行えました。

最初は簡単に入力振り分けができる作業を利用していましたが、意外と入力に時間がかかることがわかり、だいたい慣れた頃からは伝票形式の入力方法をとるようになり、作業も早くなりました。

初めての導入の時点や初めての申告の時は、入力していかないといけない項目がたくさんあり、頭にハテナマークを浮かべながらも特に問い合わせすることなく、説明書を読みながらなんとか作業ができました。

また、新しい税制改正や確定申告の時期になると新しいソフトにアップデートすることができます。
利用料を毎年支払わないといけませんが、他社のソフトよりリーズナブルだと思います。

一番便利だったのは、消費税の確定申告です。
消費税の申告は、税務署から送付されてくる説明書を読んでも、さっぱりわかりませんでしたが

日々の取引の課税・非課税・%等を入力しておけば、申告時に自動で計算してくれるので、本当にありがたかったです。

ただし、当方は最初の確定申告の時に、中間申告した金額を入力するのを忘れてしまい、申告後に、修正申告をしなおす、という失敗をしました。
くれぐれも気を付けてください。
9 人の方が役に立ったと言っています。
「みんなの青色申告シリーズ」は、ネットの口コミを調べたら使いやすいということもあり興味があって利用してみました。
確かに初心者にも分かりやすいデザインになっているのも、操作は簡単です。
簿記の知識がなくても青色申告書を作成することができます。
思っていた以上に使いやすい会計ソフトでした。

また30日間初めは無料で利用することができるので、使い勝手をまずは確認してから導入するかどうか決められる点も良心的で気に入っています。
そして、価格もリーズナブルな価格帯になっているため、導入もしやすいです。

さらにサポート体制もしっかりしていて専属のオペレーターが丁寧かつ親切に対応してくれるので何かトラブルがあっても安心できます。
30 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチ会計王シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 40,000円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

中小事業者向けの税務会計ソフト

「ソリマチ会計王」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

海外にも進出しており、韓国(1987年設立)とベトナム(2005年設立)にも拠点があります。

ソリマチ株式会社は農業者向けのソフトに始まり、他にNPO法人介護事業者向けの製品も開発し販売しています。

「ソリマチ会計王」の特徴は、経営資料(分析を含む)から決算書まで、独自の帳票を内蔵していて、それら帳票を白紙に出力できる点にあります。

ソリマチ株式会社の基礎となる組織が税務会計事務所であり、ソリマチ会計王シリーズには税務会計事務所で積み上げられたノウハウが活かされています
独自の専用帳票もそのひとつで、これは画面上での見やすさを追求したものと言えます。

また、最新版「会計王19」シリーズでは取引のデータをビッグデータとしAIに予測させる「AI自動仕分」を搭載しています。

ソリマチ会計王シリーズの口コミ・レビュー

確定申告作成したが、誤記があり、数日かけて原因を探したが
誤入力の項目が どうしても解らず困惑し胃が痛くなる程 疲弊してましたが、申告の時期なので、電話しても繋がらないか、或いは繋がっても事務的対応かと半ば諦めてたが、思い切ってサポートセンターに電話し、運よく繋がりアシストの女性に対応して貰ったのですが、知識や言葉つかいが素晴らしく地獄で女神に会ったようでした。
問題解決に電話で昼食時間を挟んで1時間も付き合ってくれて、無事に解決し、必要な申告資料ができました本当に、感謝してます。
社長からも、労いの言葉を掛けてあげてください。ありがとう。。
15 人の方が役に立ったと言っています。
ソリマチ会計王シリーズは値段だけを見れば、ちょっと躊躇してしまうくらいの価格帯に感じられます。
割と高価なソフトのように感じられ、誰もが導入できると言えるものではないでしょう。

しかし、実際の機能についてはこの高めの価格に沿ったものであると評価でき、高いのはある意味納得と言える面もあったと思います。
ソリマチ会計王シリーズは使い勝手が非常にいいので、そこが気に入れば、値段そのものは大して気にならなくなる可能性があります。

例えば、自動入力の面において優れていると感じられ、入力に際してミスが発生する状況が全く想像できません。
そういう高機能と引き換えに値段が高いわけですから、出費がかさむ点は仕方ないと思えてきます。
3 人の方が役に立ったと言っています。