会計ソフトの比較・口コミランキング

top image
会計ソフトHackへようこそ

会計ソフトHackは、国内で提供されている様々な会計ソフトの口コミを集めたサイトです。また、実際に管理人が利用してみた使いやすさ、レビューでの評価の高さ、レビューの内容など総合的に管理人が判断した上でおすすめのソフトもランキングしております。

会計ソフトについては、専門性が高いソフトであることから、しばらく使い込んでみないとその良さが分かりません。また、一度使ってしまうと、それぞれの会計ソフトで使い勝手が異なることから、乗り換えが難しいという難点があります。

そのため当サイトではこれから会計ソフト、青色申告ソフトを使う人のために、少しでも分かりやすい情報をまとめたり、実際にソフトを使った人に生の口コミを自由に投稿してもらうことで、お役に立ちたいと考えています。

サイトの運営については、極力客観的公平な判断を基していきたいと考えておりますが、会計ソフト選びは最終的には個々人の好みや状況もありますし、本サイトの情報は管理人の主観も排除できない部分がございますので、それらも踏まえた上で皆様に情報を役立てていただきたいと思います。

会計ソフト おすすめランキング

4.3 点 (323件)
freeeの画像

freeeの詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 個人事業主1,180円/月~ 、法人2,380円/月~(税抜)
ユーザ数 100万人以上(2018年3月時点)
運営会社 株式会社freee
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(プラン内料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 あり

クラウド会計ソフトシェアNo1、申告書形式の対応も最も多い

freeeは、Webブラウザから使えるクラウド会計ソフトではシェアNo.1の会計ソフトです。
経理の効率が50倍になるというコンセプトで、銀行のWeb口座や、クレジットカードからの自動同期や、複式簿記の知識がなくても簡単に経理ができる分かりやすいインターフェイスなどで、一躍有名になった会計ソフトです。人工知能を活用した自動仕訳も行ってくれます。

経理以外にも、クラウドの給与計算、クラウド請求書、モバイルアプリからの経理機能、マイナンバー管理、会社設立や開業に関する届出を簡単にできるシステムなど、会計ソフトと連携した様々な機能を、他社に先駆けてリリースしています。
拡張サービスの多くは、クラウド会計ソフトの中で一番最初にリリースしており、機能面では常にトップを走っています。

また、クラウド会計ソフト(個人事業向け)の中では、確定申告書第三表(株、FXでの申告に必要)、第四表(赤字の繰越のために必要)に唯一対応しており、セルフメディケーション税制、医療費控除新フォーマット、仮想通貨の確定申告にも対応。簡単な質問に答えていくだけで、専門知識がなくても申告書が作成できます。また、アプリでも会計処理ができ、税金の予測機能もついています。これらの申告書作成機能に関しては完全に頭一歩抜きん出ています。
さらに、唯一Windows・Macどちらでも電子申告ができるようになっています。

 

利用料金面では、基本的にクラウド会計ソフト郡の中では最低価格クラスに位置しており、金額面で割高ということはありません。チャットでのサポートも無償でついてきます。
特に、マイナンバー管理や請求書送付など、会計以外の複数の機能を利用する場合にはコストメリットが大きいでしょう。請求書もワンクリックで封筒で送付してくれるサービスを提供しており利用金額は業界最安値です。

意見が分かれるのがインターフェイスで、複式簿記に詳しくない人には非常に使いやすく評判になっている一方で、複式簿記に詳しい人には複式簿記の考えたかをそのまま当てはめにくく慣れが必要な点です。

総合的に判断すると、費用も抑えて複式簿記をマスターしていない人、申告書作成に関して一番機能が豊富なソフトを探している人におすすめの会計ソフトです。

 

>無料会員登録はこちら

>モバイルアプリのインストールはこちら

freeeの口コミ・レビュー

個人事業主となり、今後は確定申告を行わなければならず、簿記の知識も無いので使いやすい会計ソフトは無いか探しておりました。
そういった中で開業届を作成した際に登録したfreeeでも会計ソフトがあることを知り、活用することにしました。

先ずfreeeの良い点は会計初心者に向けた仕様となっていることです。例えば銀行口座やクレジットカードとの自動同期により入出金のデータが取り込めるなど日々の作業を軽減してくれることが挙げられます。
私のような会計初心者にとっては聞きなれない言葉が多いため、こういった作業を軽減してくれるシステムは本当に助かります。

まだ使用し始めたばかりなので実際に確定申告を行うのはこれからとなりますが、確定申告で提出する書類も質問に答えていくだけで簡単に作成できるシステムとのことなので、初めての確定申告に向けて強い味方だと感じています。
6 人の方が役に立ったと言っています。
領収書を登録して仕訳と紐づけられるので、あとから見返して確認する時にとても便利です。

銀行からの仕訳も、自動取り込みでほぼ完結するし、仕訳パターンも登録できるので入力にかかる時間は確実に圧縮できます。

freeeの申告ソフトに連動するのも便利ですね。

ただ、画面での財務諸表のチェックが見づらいのと、自動取り込みしたデータをチェックするのがだるいのが難点です。

ポチポチ訂正していくのもめんどくさいです。

判ってる人間が他の会計ソフトに入力する時間と、取り込み+検証の時間を比較したらどっちが時間短くて質が保てるかは比較しにくいです。

単純な取引パターンしかない&「仕訳とかよくわからん!」という人にはラクチンなツールだと思います。

自分にはあまりメリットないので、使うのをやめました。
2 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 980円/月~、9,600円/年~ (複数プランあり)
ユーザ数 40万人以上(2015年8月、以降非公開)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(別料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードの個人事業主向け会計ソフト。法人向けの「MFクラウド会計」に対して、個人事業主向けはMF確定申告という名称でサービスが提供されています。
家計簿ソフトで培った、全国の銀行やクレジットカードからの自動仕訳の強さが特徴です。
クラウドでの請求書や、給与計算など、様々なサービスと連携しています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の口コミ・レビュー

会社を辞めてフリーランスの仕事を始めた当初は帳簿のつけ方も全く分からず、とりあえず便利そうだったのでマネーフォワードクラウド確定申告を使ってみることにしました。

最初は使い方やどんな機能が付いているのかもよくわかりませんでしたが、とにかく口座との連携だけはしておき、口座のお金の出入りを自動で記録することができたのでとても助かりました。

年末に入り自分一人で確定申告の手続きを行うのはとても不安だったためマネーフォワード経由で税理士を紹介してもらい、申告業務をサポートしていただきました。

申告に必要な帳簿の記載内容や期末決算の操作など一通りの流れがある程度わかっていれば簡単かもしれませんが、初めての確定申告で右も左もわからない状態でしたので、プロのサポートが得られて大変心強かったです。

今は税理士さんのサポート無しでも一人で確定申告をできるようになりました。
今後もマネーフォワードクラウド確定申告を利用するつもりです。
11 人の方が役に立ったと言っています。
現在、個人事業主として使用しています。
このソフトはWEBツールなのでソフトウェアのインストールは必要ありません。

動作はかなり快適で、一度行った仕訳は仕訳登録しておくと次からはオートで仕訳をやってくれるのでとても便利です。
簿記を全く知らない人が触るとちょっと抵抗があるかもしれませんが、数ヶ月操作していれば毎月の仕訳作業はすぐに覚えられます。
確定申告の時も、1年目の提出をやりきってしまえば次年度からはストレスなくできると思います。

月の仕訳が15件以上あると有料になり、他社ツールより少し割高ですが、勉強代だと思えば決して高くないと思います。
なお、私は外貨で報酬を得ています。
外貨を円に換算するときはツール側が円の情報のみを取得してしまうので、できれば外貨の通貨単位も取得してほしいとは思います。
9 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)、機能限定無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 3,980/月~、35,760/年~ (複数プランあり)
ユーザ数 40万人以上(2015年8月)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac
サポート 訪問(有料のみ)、電話/メール/チャット
スマホアプリ iOS/Andoroid
会計以外の機能 請求書、経費精算、給与計算、マイナンバー(バリューパック)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードが満を持してリリースしたクラウド会計ソフトです。MFクラウド会計は、法人用の会計ソフトで、個人事業向けは、「MF確定申告」という別ブランドで提供されています。シェアNo.1のfreeeと同様、自動同期の機能や、クラウド請求書、給与計算など、ほぼ同水準の機能を提供しています。
インターフェイスは、普段から経理などの知識がある人にも使いやすい設計になっています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の口コミ・レビュー

銀行の口座やカードはもちろんのことですが、アマゾンやアスクルといった消耗品や日用品の仕入れに使うサイトも連携させることが可能となっていますので、手動での記帳がほとんど必要がありません。

またデータの入力を行うユーザーの数についても、これといった制限がされていないのも嬉しいポイントだと思います。

他のサービスと比較をしてみても、毎月の利用料金も比較的リーズナブルな設定になっているので、中小企業でも導入がしやすいのではないでしょうか。

これまで税理士にお願いをしていた仕事を、社内で完結するようにできたので、月額利用料金以上のメリットが私の会社にはあり、導入して本当に良かったと思います。
社員の負担の減りましたので、好評です。
3 人の方が役に立ったと言っています。
私は自営業として開業してから、マネーフォワードクラウドを使用しています。
マネーフォワードは年額で1万円程度で使用できるので、費用面でも導入しやすいと思います。
オンライン上でメールアドレス、パスワードを入力すればアクセスできるため、特定のパソコン以外からもアクセスできるのが便利です。

まだ仕分け方法や使い方に慣れていないときは、チャットで相談することもできます。「何が分からないのかすら、分からない」という場合には、キーワードを入力すれば、考えられる質問内容候補を挙げてくれるため、これまでこのチャットで解決できない問題はありませんでした。

確定申告直前に慌てないためには、日々仕分けを入力しておくことが大切です。
そのため、仕分け入力がしやすく、アクセスしやすいことは重要だと思っています。
11 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの青色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥12.000/年、セルフプラン¥8.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

 パッケージソフトでの個人事業主シェアが圧倒的な弥生が開発した、個人事業主向けの青色申告ソフトです。パッケージソフトのやよいの青色申告を踏襲した、使いやすいインターフェイスや、オンラインならではの、銀行、クレジットカードのオンライン同期機能が共存しています。
 全体的に、初心者でも使いやすいインターフェイスになっており、ベーシックプランを申し込むことで電話のサポートを受けることもできます
 現在、初年度すべての機能を無料で利用できるという非常にお得なキャンペーンを展開しており、複数の会計ソフトを比較する上でも、候補の一つとして使い勝手をためしてみるといいでしょう。


 freeeやMF確定申告に比べると、機能的には一部少ないところもあります。現在は、請求書、給与計算など拡張的な機能は提供されていません。とはいえ、主力の経理の部分は申し分なく、シンプルな経理の機能だけを使いたい事業主におすすめです。スマートフォンアプリも提供されています。
 また、弥生の知名度による対応できる税理士の多さや、初年度無料は魅力的です。また、今後機能的にも他のクラウド会計ソフトにキャッチアップしていくことが予想されます。

やよいの青色申告オンラインの口コミ・レビュー

やよいの青色申告オンラインは昔からこの商品として有名な会社が作っていることから、非常に使いやすく初心者でも安心して使えると思いました。
青色申告ともなるとかなり詳しい知識を知らないとできないと思っていたのですが、こちらのソフトだと記入をする点も分かりやすく説明されており、さらには銀行やクレジットカードの同期機能が付いており記入漏れがとても少なくなる仕組みになっているのはとても助かりました。

個人事業主ともなると細かいやり取りも多くなるのですが、それらの取りこぼしも少なくなるので便利だと思います。
弥生は老舗の会社ということでサポートが充実しており、さらには税理士さんへの対応度もかなりいいのもありがたいです。
初年度無料のプランもあるので、この点も含めて初心者向けの青色申告ソフトだと思います。
6 人の方が役に立ったと言っています。
やよいの青色申告オンラインは前職でお世話になっていた税理士さんにおすすめされて使用を開始しました。
最初の1年は無料で使えるとのことで、他の会計ソフトと比べても無料期間が長く、それ以降の金額も使いやすい価格で、手が出しやすく感じました。

使用感としては、最初の初期設定の部分の専門用語がわからず、調べながらやらなくてはならず時間がかかりましたが、最初の設定さえしてしまえば、日々の入力はとても簡単でした。

口座と連携すれば、選択するだけで計上してくれるので、ほぼ手打ちで入力するものは無しにできる点は、とても有り難かったです。

確定申告書の作成もとても簡単に行うことができましたが、いざ電子申告しようとしたときに、ID・パスワード方式では申告できないことが最後の最後にわかり、慌ててマイナンバーカードの申請やカードリーダーの購入をすることに。

私がきちんとと確認していなかったのが原因ですが、もう少しわかりやすいところに《ID・パスワード方式では申告できない》ということを記載して欲しかったです。
1 人の方が役に立ったと言っています。
4.0 点 (93件)

弥生会計オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥30.000/年、セルフプラン¥26.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有、業務相談(ベーシックプラン)
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトのトップ、弥生会計がリリースしたクラウド会計ソフトです。スマート取引取込で、銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、スキャンデータを取込、自動で仕訳を行えます。入力面でも、パッケージの弥生会計での経験を活かした使いやすいインターフェイスになっています。

 クラウド会計ソフトなので、ソフトは常に最新版を利用することができるためバージョンアップの作業が必要ありません。また、弥生会計の実績により対応税理士の数も多く、税理士とのやりとりもクラウドでリアルタイムで情報を共有することができるため、スムーズです。


 2016年末まで、初年度無料で利用できる、起業家応援キャンペーンを実施しているためじっくり機能を触って検討できるのも嬉しいです。スマートフォンのアプリも提供されています。今後、クラウド請求書、クラウド給与など、拡張機能のリリースが待たれます。

弥生会計オンラインの口コミ・レビュー

会計に関する知識が少ない人にとっても、分かりやすい仕様になっています。
年額3万円のベーシックプランに申し込めば、オペレーターの充実したサポートが受けられます。
メールやチャットで質問できるだけでなく、パソコンの画面上でオペレーターのアドバイスを受けられます。
共通の画面を通してやり取りできるので、初心者でも分かりやすいです。

ソフトは常に最新の状態になっており、バージョンアップの必要はありません。
面倒で難しい操作が省かれるので、たいへん助かります。
銀行明細やクレジットカードの取引データも、自動的に仕分けしてくれる便利さがあります。

総合的にみても使い勝手がとてもよく、初心者でも安心して使える仕組みになっています。
20 人の方が役に立ったと言っています。
会社の経理で弥生会計を使った事があったのとキャンペーン期間中だったので、迷わず「弥生会計オンライン」を利用することにしました。弥生会計オンラインは仕訳入力するだけで、毎日のわずらわしい元帳作成から試算表まで全てワンクリックで作成出来、入力間違いも簡単に訂正する事が出来るので、経理にかかる時間が大幅短縮できました。

また、サポートセンターに電話をしてもとても優しく丁寧に教えていただき、今では完璧に使いこなせるようになりました。弥生会計はとても昔からあって、会計処理に関しても信頼できる企業だと思っています。

税制も色々変わりますが、その都度のアップデートも弥生会計オンラインだと、半ば勝手にアップデートしてもらえるので「古いソフトを使い続けて、税制に対応していない」という失敗は無くなります。

まだ会計ソフトを使ったことが無い人で、これから探す人には、是非「弥生会計オンライン」をお勧めしたいです。
13 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの白色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥8.000/年、セルフプラン 永年無料
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有(ベーシックプラン)
スマホアプリ Android/iOS
会計以外の機能 やよいの青色申告オンラインへのデータ移行
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトで有名な弥生会計がリリースした、白色申告に特化した珍しい経理ソフトです。2014年1月からは、白色申告の記帳が義務化されたので、その貴重作業を簡単にするためのソフトです。年間の利用額もクラウドの青色申告ソフトにくらべ安価です。

2017年より、初期費用、月額利用ともに完全無料で基本的な機能が全て利用できるようにになりました。
※電話やメールなどの各種サポートが必要な場合は別途費用が必要です。

やよいの白色申告オンラインの口コミ・レビュー

確定申告をする必要が出てきたが、会計の知識は全くなし。
わざわざ高額の報酬を払ってまで税理士に頼むほどの売上でもないので困っていたところ、たまたまネットで目にしたのがやよいの白色申告オンライン。
「無料」というのですぐに飛びついた。

まずは会員登録。それからログインして開いた画面はちんぷんかんぷん。
今までの人生で一度も目にしたことのない単語がズラリ。
「やっぱり素人に確定申告は無理か…」と諦めの二文字が頭をよぎるが、案内に従って設定を進めていくと「あれ ?もしかしてできてる?」と心境に変化が。ひたすら経費や売上を入力し続ける単純作業を終えてようやく確定申告へ。

控除の項目を選択し金額を入力すると提出書類の完成。あまりの簡単さにびっくりした。
30 人の方が役に立ったと言っています。
やよいの白色申告オンラインには有料プランと無料プランがあります。
その状況だと、有料プランの方が何かと使いやすい機能が多いのではないか?と思うかもしれませんが、必ずしもそうではない気がしました。

実際、私はやよいの白色申告オンラインの無料プランを利用してみましたが、機能面に関して全く不満がなかったです。
無料プランでも確定申告の書類の作成にあたって必要となる機能、便利と感じる機能はおおよそ使えるため、全く問題がありませんでした。

無料だとサポートに関してのサービスが受けられないみたいですが、その辺に関して心配ない人であれば、有料プランの意味を感じづらいのではないか?と思うのです。
だから、やよいの白色申告オンラインを利用するときには無料プランと有料プランはしっかりと検討しないといけませんが、サポートがいらないという人に関しては無料プランで十分だと思います。
46 人の方が役に立ったと言っています。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ インストール型
料金 39,000円〜
ユーザ数 非公開
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windowsのみ対応
サポート メール/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

いわずとしれた、弥生会計のパッケージソフトです。PCにインストールする会計ソフトとしては圧倒的なシェアを持ちます。特に、事業規模の小さめの法人の利用が多く、全国のほとんどの税理士も弥生会計を使った会社の経理と連携が取れます。
パッケージソフトとして必要な機能は一通り完備されております。
電話などでのサポートを受けるためには、別料金が必要です。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の口コミ・レビュー

いろいろなソフトを併用しています。
やよいはプロフェッショナルですが、
自動で計算できるか、または多くの場合は初期値としていれておいてくれればいいようなものをわざわざ何度も入力させるような
ちょっと申し訳ないけども、ソフトは素人が作ったソフトみたいな感じです。

ユーザはシームレスにスマートに、できるだけ小さな動きでを期待しているのですが、1つのことやるのに5の手順を踏まないといけないようなことが多いです。(あくまで他のソフトと比較するとです)

機能が多いから使っている(使わざるを得ない)けども、ショートカット機能以外は、操作感が最悪です。
たぶん、申告書を作るのにもっとも時間が掛かるソフトだと思います。
一度使ってみるといいです。すぐにイラっとすることができます。
111 人の方が役に立ったと言っています。
すぐに確認したいのに電話がいつも通話中でまったく
繋がらないため、サポートのシステムが機能していない。
メールでの問合せなどを可能にしてもらえるとスムーズに
いくかと思うが…
67 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの青色申告(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 12,000円、トータルプラン付き20,000円 
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows
サポート メール/電話(ベーシックプラン以上)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージソフトではシェアNo.1の弥生が提供する青色申告ソフト。利用者が多いことからWeb上での情報も豊富で、対応している税理士も多いです。
確定申告までに必要な要素はすべて完備されています。Web上での情報が多い反面、弥生からの電話などのサポートは別料金になっています。

やよいの青色申告(パッケージ)の口コミ・レビュー

やよいの青色申告は分かりやすい。
まず、見やすいです。トップページにあたるクリックナビゲーターにはイラスト付きのアイコンがあり、その時にしたい作業がすぐ分かるよう表記されています。

日々の仕分けには『仕分け日記帳』を使いますが、これが本当に日記を書く感覚で帳簿を記入できます。
ある程度、簿記の知識があれば問題なく使いこなせるソフトです。

もちろん、知識がなくてもHPなどで動画説明があるので1から勉強ができるのもおすすめポイントです。
決算時期や確定申告の時期にはこの動画説明は大変助かります。

初めて自分で確定申告をしてから10年ほど使用していますが、プランもシンプルなプランからサポートが手厚いプランまであるので自分のレベルに合わせて選べるのも嬉しいポイントです。
8 人の方が役に立ったと言っています。
確定申告時のサポートを受けるために12000円ほど年間支払いをしているにも関わらず、電話がなかなか繋がらない。
長い時だと繋がるまでに30分以上待つことも。
しかも通話料はこちら負担。

やっと繋がったと思えば、何度も調べるために保留にされ、挙げ句の果てに「税務署に聞いて下さい」とまるで逃げるような回答。

税務署にしか分からない内容なのであれば最初からそう案内するべき。
何度も保留にされている間も通話料がこちら負担なのでストレスが倍増します。

このようなサポート体制の中、12000円はぼったくりと感じてしまいます。
頼りない電話口の無知なスタッフではなく、知識豊富なスタッフを電話口に置くべきだと思います。
70 人の方が役に立ったと言っています。
4.5 点 (71件)

勘定奉行Jシリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 購入型80,000円、利用型40,000円/年
運営会社 株式会社オービックビジネスコンサルタント
対応OS Windows
サポート メール/FAX/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

勘定奉行シリーズは比較的規模が大きい事業者向けの印象がありますが、その勘定奉行が提供している小規模事業向けのシリーズです。会計の他、給与、販売、仕入れの4種類製品が提供されています。
勘定奉行Jシリーズも、会計ソフトのクラウド化にならい、奉行J Personalというクラウド化したソフトの提供もはじめています。

勘定奉行Jシリーズの口コミ・レビュー

勘定奉行Jシリーズは慣れるまでもなく、すぐに使いこなせる、そういった感覚になりやすいです。
操作説明などを知らない状況であっても、なんとなくこうかな?という感じで使っていけば、望んだ結果になります。

直感的に使えば、それだけで問題なく使いこなせる感覚に誰もがなるのではないでしょうか?
それくらいに操作方法が簡単で、初めて使ったときでも、初めてじゃないみたいな状況に思えてくるのです。

だから、勘定奉行Jシリーズを難しいと感じる可能性は限りなく低いと思いますし、使いやすさだけで言えばナンバー1と評価できる可能性があります。
もちろん機能面でも優れている部分は見出せるので、そちらでも使いやすさを実感することはできるはずです。
5 人の方が役に立ったと言っています。
私は個人事業主をしており、普段の業務やそれに関連することはすべて1人でやっていました。
ただ、どうしても大変に感じる部分があり、そこを改善するために勘定奉行Jシリーズを使ってみようと思ったのです。

私の場合、確定申告やそれにかかわる部分の作業に時間を多く割いていて、そこが気になっていました。
その後、ソフトにかかる費用が多少もったいないとは思ったものの、作業効率を高めるために勘定奉行Jシリーズを利用したら、状況が一変しました。

今までの作業量がすごい減ったような気分になるほどで、かなりの効率化を実現できたと感じられたのです。
個人事業主の人が使うと、日常が大きく変化する感覚を味わうことができるのではないでしょうか?
19 人の方が役に立ったと言っています。
4.0 点 (41件)

PCA会計シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 170,000円〜
運営会社 PCA株式会社
対応OS Windows
サポート サポートパートナーによるサポートあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 あり

クラウドで部門と部門をつなげ無駄を省くPCA会計シリーズ

ピー・シー・エー株式会社は1980年に設立されたコンピューターソフトの開発・販売を行うITベンダー企業です。

2018年1月現在でピー・シー・エー株式会社が提供する「PCAクラウド」の導入実績が1万法人を超えました。

PCAクラウドはピー・シー・エーの基幹業務クラウドサービスです。
このクラウドサービスでは1契約で1人から72人まで同時にアクセスできます

もともと中堅・中小企業を対象に立ち上げられましたが、現在では大企業にも対応できるようになりました。

「PCA会計シリーズ」はPCAクラウドサービスを利用するためのソフトです。
会計・販売管理・仕入在庫確認・給与・人事管理などのソフトをインターネットでPCからインストールして利用できます。
クラウド上での管理・運営はピー・シー・エーが契約するデータセンターが行っています。

PCA会計シリーズの特徴のひとつに病院を対象としたソフトがあります。
この「PCA医療会計DX」もPCAクラウドサービスを受けられますし、また、オンプレミスでも運用が可能となっています。

PCA会計シリーズの口コミ・レビュー

一応簿記の3級を持っていますが、実務で使ったことはそれまでありません。

簿記の資格を取得してすぐに勤めた会社で使っていた会計ソフトがこちらでした。
会社ごとで使い方の違いは多少あると思います。
ここの会社でどう使っているかさえ教えてもらえれば、後は簡単でした。

担当の税理士さんが処理してくれるので、私が使ったことがあるのは、補助科目などの登録と入力、それの集計や印刷のみです。
やり方もすぐに覚えられて、これだけで日常的な会計ソフトでの業務は終われるので簡単なのは有難かったです。

集計も簡単で、見たい情報がすぐ見えます。
入力画面も分かりやすく、勘定科目や補助科目に割り振られた番号を覚えれば、すごいスピードで伝票入力を終わらせることができます。

とても良いソフトなのですが、1つだけやりにくかったことが、例えばイレギュラーな支払いが出て、それを雑費で処理した時などです。
後で探す時にとてもやり辛く、摘要欄に入力している言葉も検索できるようになればいいのにと思いました。
46 人の方が役に立ったと言っています。
他社開発のクラウドサービスと連携できるので利用価値はあります。
実際に使ってみたところ、向き不向きがあると感じました。

例えば、POSシステムとかハンディターミナルとも連携できるなら、業種ごとのニーズに最適化です。
自分の場合には、会計システムと基幹業務システムの連携によって業務がスムーズに進められたので、効率的に考えて利用価値がありました。

また、ライセンス数を多く申請する必要もなかったので、コストを抑えることができましたが、複数人で同時作業するなら向いていないかもしれません。

またサポートについては、電話サポートなら追加料金なしでした。
プランも選び方次第で割引も適用されるなど、明瞭さのある料金体系でしたから、コストパフォーマンスは良いほうでした。
3 人の方が役に立ったと言っています。

JDL IBEX会計シリーズ の詳細情報

無料体験版 なし
タイプ インストール型
料金 123,120円
運営会社 株式会社日本デジタル研究所
対応OS Windows
サポート サポートデスクあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

コンピューターメーカーが作る会計に特化した業務を改善するソフト

「JDL IBEX 会計」は株式会社日本デジタル研究所が開発・販売する、会計事務所や企業に特化した会計ソフトです。

日本デジタル研究所は1968年に設立され1991年に東証二部上場、1995年に東証一部に指定替えし
2017年からはマネジメント・バイアウトにより非上場企業となっています。

日本デジタル研究所は、多種多様な顧問先に適した自社のソリューションを組み合わせて活用することにより、会計事務所での業務効率化を提案しています。

JDL IBEX会計は実務者に合わせて入力方式(仕訳形式・出納帳形式・振替伝票形式)が選べるのが特徴です。

また、画面の切替がスムーズで、元帳画面を訂正すると、訂正されたデータが更新されて他の帳簿にダイレクトに反映されます。

そして、本社・支社または顧問である会計事務所との間を結ぶ「ネット会計」にも対応しており、モバイル機器からの遠隔操作で場所を選ばずに仕事をこなすことができます。

JDL IBEX会計シリーズ の口コミ・レビュー

経理でこのJDL財務を使用していますが、直感的には使用できないので注意が必要です。
なぜこの会計ソフトを会社で導入しているのか不思議なのですが、恐らく大手の奉行だと高く感じたのでしょうか。価格だけでは弥生の方が安く、機能的にも優れているのでJDLにはどの点でも軍配はあがらないと思います。
伝票形式ではなく諸口で入力するというのも初めての経験でショックでした。今時このソフトを好んで選ぶ人はいないと思います。
入力側のユーザー目線で製作されていません。
伝票形式で入力した軽れば追加料金を、試算表をCSVで出力をしたければ追加を料金をと要求されるので結局は高い買い物になります。おススメはもちろんできません。
10 人の方が役に立ったと言っています。
JDL IBEX会計シリーズでの仕訳入力や、元帳などの整理はかなり見やすいレイアウトで出力されます。

会計ソフトとしては、たくさんある中でやはりサポートが充実している所も魅力となりますしなによりも元帳などの勘定科目がわかりやすく整理しやすい所はかなり良い所となります。

経理部署にとっては、書類などがかさばったりすることが多いためこういったソフトにより元帳管理ですぐにその月の貸借対照表や損益計算書などを出すことが出来る所もかなり便利で、月次の資料整理としても一役かっています。

使いやすさとわかりやすさを兼ね備えたソフトと感じますし、会計士さんも実用しているのでその部分でも信頼は高いものだと感じています。
44 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチみんなの青色申告シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 9,800円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

「みんなの青色申告」と「みんなの電子申告」のセットで電子申告が可能

「ソリマチみんなの青色申告」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

「ソリマチみんなの青色申告」ではユーザーが業種を選択すると、その業種で使用される勘定科目が自動的に設定され手間が省けます。

また、複雑な消費税も簡単な手順で設定でき、それに伴い消費税の申告区分や端数処理も自動的に設定されます。

また、取引先の情報をMoney Linkに登録すると電子明細の取引を適切な仕訳へと自動変換し記帳してくれます。
Money Linkとは、金融機関などの取引を管理し自動的に取り込むことができる無料のアプリケーションです。

これは取引の記録をビッグデータとし、それを基に仕訳を予測するAIによるものです。

「ソリマチみんなの青色申告」を起動するごとに新しい明細が追加されていきます。

そして、無料の「みんなの電子申告」をダウンロードすることで電子申告を行うことができます

ソリマチみんなの青色申告シリーズの口コミ・レビュー

最近はクラウド上で作業ができるソフトが多いのですが、このソフトはインストール型なので、通信速度に左右されません。そうするとデータのバックアップができるのか不安になると思います。

しかし、心配は要らないんです。なぜなら専用クラウドと連動しているので、随時バックアップを行ってくれます。
肝心な実務では各業種別でテンプレートがありますので、ほとんどの業種では問題なく使用できる点も評価できるポイントです。
しかも設定はほぼ自動で行ってくれますので、スキルなどは必要ありません。
なので、誰でもすぐに使いこなすことができます。

また対応業種がない場合はソフトの指示に従って、質問に答えていけば、新規データを簡単に作成できる点もグッドです。
12 人の方が役に立ったと言っています。
みんなの青色申告シリーズは、簿記の知識がない初心者の自分でも使いこなすことができる会計ソフトです。
操作性がとても簡単で使いやすく、サポート体制も充実しているため、初心者でも使えるようになっています。

ソフトを利用していてわからないことがあれば、サポートセンターに電話することで、専属のスタッフが丁寧に説明してくれ、こちらが理解できるまできちんと教えてくれるので良いです。

自分が働いている会社は小規模事業所なので、みんなの青色申告シリーズくらいの会計ソフトはちょうど良く、ソフトの機能を十分に生かすことができています。
なによりも会社の申告と個人の申告が同時にすることができ、1万円未満の会計ソフトとしてはとても優れていると感じています。
38 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチ会計王シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 40,000円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

中小事業者向けの税務会計ソフト

「ソリマチ会計王」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

海外にも進出しており、韓国(1987年設立)とベトナム(2005年設立)にも拠点があります。

ソリマチ株式会社は農業者向けのソフトに始まり、他にNPO法人介護事業者向けの製品も開発し販売しています。

「ソリマチ会計王」の特徴は、経営資料(分析を含む)から決算書まで、独自の帳票を内蔵していて、それら帳票を白紙に出力できる点にあります。

ソリマチ株式会社の基礎となる組織が税務会計事務所であり、ソリマチ会計王シリーズには税務会計事務所で積み上げられたノウハウが活かされています
独自の専用帳票もそのひとつで、これは画面上での見やすさを追求したものと言えます。

また、最新版「会計王19」シリーズでは取引のデータをビッグデータとしAIに予測させる「AI自動仕分」を搭載しています。

ソリマチ会計王シリーズの口コミ・レビュー

ソリマチ会計王シリーズは未経験者でも簡単に使いこなせる印象で、専属のオペレーターが対応してくれるサポートがあるので助かりました。
これは会員専用のサービスで、操作方法が分からないときには直ぐに連絡ができ、丁寧に教えてくれとても嬉しかったです。

また 利用明細書をそのまま取り込め自動的に入力される機能があるため手間が省け、本当にありがたいと思いました。
さらに自動で入力されるので、手作業でしていたときのようなミスがなくったのも大きなメリットだと感じ、ミスがないので安心感を得ることもできました。

また入力画面に関しても色別されているために、見やすく疲れることがないのが良さだと感じます。
そして30日間の無料体験があったのも助かりました。この無料体験があったおかけで導入する前にある程度内容が知れたのも、良さだと思いました。
8 人の方が役に立ったと言っています。
ソリマチ会計王シリーズは困ったときに対応してくれるサポートの面で、充実度を感じることが可能です。
というのも、サポート体制が非常に綿密に練られており、製品ごとにそれぞれ異なる人たちが対応してくれる状況となっています。

ソリマチ会計王シリーズはいくつかの製品に分かれていますが、それぞれごとに操作方法などに違いがあります。
だから、こういった感じで具体的な製品ごとに専属の人間が処理をする状況の方が、的確な回答をすることがしやすいはずです。

実際、私が利用したときには、オペレーターの人はまさに専門家のような感じで回答をしてくれており、相当分かりやすかったと記憶しています。
ソリマチ会計王シリーズを利用する際には、もしものときにも安心できる環境がある点は覚えておきましょう。
5 人の方が役に立ったと言っています。