会計ソフトの比較・口コミランキング

top image
会計ソフトHackへようこそ

会計ソフトHackは、国内で提供されている様々な会計ソフトの口コミを集めたサイトです。また、実際に管理人が利用してみた使いやすさ、レビューでの評価の高さ、レビューの内容など総合的に管理人が判断した上でおすすめのソフトもランキングしております。

会計ソフトについては、専門性が高いソフトであることから、しばらく使い込んでみないとその良さが分かりません。また、一度使ってしまうと、それぞれの会計ソフトで使い勝手が異なることから、乗り換えが難しいという難点があります。

そのため当サイトではこれから会計ソフト、青色申告ソフトを使う人のために、少しでも分かりやすい情報をまとめたり、実際にソフトを使った人に生の口コミを自由に投稿してもらうことで、お役に立ちたいと考えています。

サイトの運営については、極力客観的公平な判断を基していきたいと考えておりますが、会計ソフト選びは最終的には個々人の好みや状況もありますし、本サイトの情報は管理人の主観も排除できない部分がございますので、それらも踏まえた上で皆様に情報を役立てていただきたいと思います。

会計ソフト おすすめランキング

4.3 点 (349件)
freeeの画像

freeeの詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 個人事業主1,180円/月~ 、法人2,380円/月~(税抜)
ユーザ数 100万人以上(2018年3月時点)
運営会社 株式会社freee
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(プラン内料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 あり

クラウド会計ソフトシェアNo1、申告書形式の対応も最も多い

freeeは、Webブラウザから使えるクラウド会計ソフトではシェアNo.1の会計ソフトです。
経理の効率が50倍になるというコンセプトで、銀行のWeb口座や、クレジットカードからの自動同期や、複式簿記の知識がなくても簡単に経理ができる分かりやすいインターフェイスなどで、一躍有名になった会計ソフトです。人工知能を活用した自動仕訳も行ってくれます。

経理以外にも、クラウドの給与計算、クラウド請求書、モバイルアプリからの経理機能、マイナンバー管理、会社設立や開業に関する届出を簡単にできるシステムなど、会計ソフトと連携した様々な機能を、他社に先駆けてリリースしています。
拡張サービスの多くは、クラウド会計ソフトの中で一番最初にリリースしており、機能面では常にトップを走っています。

また、クラウド会計ソフト(個人事業向け)の中では、確定申告書第三表(株、FXでの申告に必要)、第四表(赤字の繰越のために必要)に唯一対応しており、セルフメディケーション税制、医療費控除新フォーマット、仮想通貨の確定申告にも対応。簡単な質問に答えていくだけで、専門知識がなくても申告書が作成できます。また、アプリでも会計処理ができ、税金の予測機能もついています。これらの申告書作成機能に関しては完全に頭一歩抜きん出ています。
さらに、唯一Windows・Macどちらでも電子申告ができるようになっています。

 

利用料金面では、基本的にクラウド会計ソフト郡の中では最低価格クラスに位置しており、金額面で割高ということはありません。チャットでのサポートも無償でついてきます。
特に、マイナンバー管理や請求書送付など、会計以外の複数の機能を利用する場合にはコストメリットが大きいでしょう。請求書もワンクリックで封筒で送付してくれるサービスを提供しており利用金額は業界最安値です。

意見が分かれるのがインターフェイスで、複式簿記に詳しくない人には非常に使いやすく評判になっている一方で、複式簿記に詳しい人には複式簿記の考えたかをそのまま当てはめにくく慣れが必要な点です。

総合的に判断すると、費用も抑えて複式簿記をマスターしていない人、申告書作成に関して一番機能が豊富なソフトを探している人におすすめの会計ソフトです。

 

>無料会員登録はこちら

>モバイルアプリのインストールはこちら

freeeの口コミ・レビュー

私は自営業になってから7年経ちます。
始めて当時はまだ確定申告も直接会場に行って紙の資料や領収書決算書などを持って行っていました。

しかし令和になってから確定申告が加速したのは間違いありません。
特に無料で計算してくれるものも増えて便利になりました。
私は「free」を使っていました。
正直当時はこのサイトしかなくてアプリもないので試行錯誤しながら使ったのを覚えています。今はだいぶ簡素化しているので文章がyおめる方なら誰でも使えるようになっています。

yes。noで答えるものあったりと誰でも使いやすくなっています。ですのでこれから使う方にはお勧めできるサイトです。

しかし結局はe-taxに送らないといけないのでe-taxで全てできるのも事実です。

一応サポートもあるので自分でやりたいという方はわざわざサイトを経由しないで使うのもいいかと思います。
3 人の方が役に立ったと言っています。
クラウドタイプのものであり、それは今どきそこまで珍しいわけではないです。
むしろセキュリティ的にはそんなに悪い気がしませんでした。私は個人事業者向けのやつで利用しています。
とにかく連結がとても楽です。インターネットバンキングの利用とかPOSレジやネットショップなどの情報などが連結できるというのは物凄く効率的に利用できるようになりましたので、手作業の様々な作業が省略できるようになりました。
経理初心者に対してでも優しい設計といえるような感じであり、直感的な操作ができるというのは実によかった点でした。それこそ、ちょっと知識があった私程度でも相当に上手くできましたし、効率的になりました。
とにかく連結できるサービスが多いのがよかったです。
5 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 980円/月~、9,600円/年~ (複数プランあり)
ユーザ数 40万人以上(2015年8月、以降非公開)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(別料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードの個人事業主向け会計ソフト。法人向けの「MFクラウド会計」に対して、個人事業主向けはMF確定申告という名称でサービスが提供されています。
家計簿ソフトで培った、全国の銀行やクレジットカードからの自動仕訳の強さが特徴です。
クラウドでの請求書や、給与計算など、様々なサービスと連携しています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の口コミ・レビュー

マネーフォワードクラウド確定申告は、個人事業主の方にはとても便利な申告ソフトだと感じています。

その理由として、事業用のクレジットカードや銀行口座を連携させることにより、何度か仕訳しているとソフトが半自動的に仕訳ができるようになってくれます。

カードや銀行口座を使えば使うほど確定申告が楽になっていくので、マネーフォワードクラウド確定申告は小規模な会社や自分みたいな個人事業主にはピッタリの申告ソフトだと感じています。

登録した仕訳をベースして、決算書や確定申告書といった青色申告に必要な書類も自動的に作成してくれるので、申告書類を作成するのにとても楽ちんになりました。
マネーフォワードクラウド確定申告はおすすめできると感じています。
6 人の方が役に立ったと言っています。
マネーフォワードクラウド確定申告を利用するようになってから、わざわざ「税務署に行かなくてよくなった」ことが利用して良かったなと感じています。

マネーフォワードクラウド確定申告を利用するまでは、忙しい年度末にわざわざ税務署まで行って、青色申告をしていました。行くだけで労力や時間がかかり、毎年大変でした。

しかし、マネーフォワードクラウド確定申告を利用するようになってからは、わざわざ税務署に行くことがなくなり、自宅で作業をすれば申告をできるようになったので、他のことに打ち込めるようになりました。

シンプルで使いやすく、直感的に操作することができ、確定申告が初心者でも簡単に操作できるようになっているのでおすすめです。あと、無料版と有料版があるので、自分にあった方を自由に選べるという点も良いと感じました。
3 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)、機能限定無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 3,980/月~、35,760/年~ (複数プランあり)
ユーザ数 40万人以上(2015年8月)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac
サポート 訪問(有料のみ)、電話/メール/チャット
スマホアプリ iOS/Andoroid
会計以外の機能 請求書、経費精算、給与計算、マイナンバー(バリューパック)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードが満を持してリリースしたクラウド会計ソフトです。MFクラウド会計は、法人用の会計ソフトで、個人事業向けは、「MF確定申告」という別ブランドで提供されています。シェアNo.1のfreeeと同様、自動同期の機能や、クラウド請求書、給与計算など、ほぼ同水準の機能を提供しています。
インターフェイスは、普段から経理などの知識がある人にも使いやすい設計になっています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の口コミ・レビュー

複数ある会計ソフトの中から「マネーフォワードクラウド」を選んだ理由は、「同じ業種で自営業している友人からの紹介」でした。

自分も自営業しており、経費や請求書の処理など手書きで作業を行っていました。
友人に「会計するのに時間がかかる」と相談したところ、「会計ソフトを導入するのがいい」と言われ、「導入するならマネーフォワードクラウドがおすすめ」と言われたので、小規模の会社ですが導入することにしました。

マネーフォワードクラウドを導入して感じたことは、「会計の作業が効率化した」ことです。
損益計算書や貸借対照表などを提出する時に、きちんと毎日伝票の入力をしていれば、ボタン一つで出すことができ、そのデータを印刷するだけで済んだので、とても楽ちんでした。

年間で10000円程度で利用することができ、費用面でも導入しやすかったので、小規模の会社で会計ソフトを導入しようと考えているならマネーフォワードクラウドがおすすめです。
25 人の方が役に立ったと言っています。
マネーフォワードクラウドは料金が割と安いなと感じられるソフトです。
例えば、個人で使用する場合には最小で月額800円から利用できるので、かなりリーズナブルに思えてきます。
この月額800円のプランでも、確定申告に必要な機能は割と揃っているため、満足する人は普通にいるでしょう。

より機能が充実した、料金が高いプランを選ぶこともできますが、全員が必要とは言えない機能も含まれている点に注意した方がいいと思います。
実際に使用するときには、それぞれのプランを吟味して決める必要がありますけど、割と安い料金からでも利用可能で、かつ満足できる可能性があるという部分は知っておいてほしいです。

マネーフォワードクラウドはお財布に優しいタイプのソフトであり、そこはかなり魅力的と言えると思います。
15 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの青色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥12.000/年、セルフプラン¥8.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

 パッケージソフトでの個人事業主シェアが圧倒的な弥生が開発した、個人事業主向けの青色申告ソフトです。パッケージソフトのやよいの青色申告を踏襲した、使いやすいインターフェイスや、オンラインならではの、銀行、クレジットカードのオンライン同期機能が共存しています。
 全体的に、初心者でも使いやすいインターフェイスになっており、ベーシックプランを申し込むことで電話のサポートを受けることもできます
 現在、初年度すべての機能を無料で利用できるという非常にお得なキャンペーンを展開しており、複数の会計ソフトを比較する上でも、候補の一つとして使い勝手をためしてみるといいでしょう。


 freeeやMF確定申告に比べると、機能的には一部少ないところもあります。現在は、請求書、給与計算など拡張的な機能は提供されていません。とはいえ、主力の経理の部分は申し分なく、シンプルな経理の機能だけを使いたい事業主におすすめです。スマートフォンアプリも提供されています。
 また、弥生の知名度による対応できる税理士の多さや、初年度無料は魅力的です。また、今後機能的にも他のクラウド会計ソフトにキャッチアップしていくことが予想されます。

やよいの青色申告オンラインの口コミ・レビュー

やよいの青色申告オンラインを使って2年目になります。
今年の確定申告も、無事にやよいの青色申告オンラインのおかげで一発で終わらせることが出来ました。

今年は特に簡単でした。昨年の確定申告は、やよいの青色申告オンラインを初めて使うので使い方が分からなかったりしたのですが、一度やり方を知ってしまえばなんとなくでは有りますが、1年経ってもやり方を覚えていたので特に入力することも困らずに出来ました。

また、昨年取引した所などを履歴から引っ張り出せるため、昨年と同じ取引をしたところだと、すぐに履歴から入力出来たのでとてもスムーズに進めることが出来ました。

印刷も簡単に出来ましたし、e-Taxにも繋げることが出来るので空き時間に家の中で全て終わらせることが出来ます。
6 人の方が役に立ったと言っています。
弥生シリーズは長く使われている会計分野に特化したソフトなので気になっていました。
しかし、それまでは会社勤めだったので経理担当でもない自分に利用する機会はありませんでした。
しかし、数年前に独立し、自分の屋号を持つようになったので、迷わずこちらの製品を選びました。

実際、取引伝票の入力もわかりやすく、そこまで説明を読まずとも操作性が理解しやすいので助かります。
必要事項の登録はもちろんありますが、青色申告一式もほとんど自動的に出力されるため、初年度にもかかわらず微調整くらいで作成することが出来ました。

価格的にそこまで安価ではないですが、安心して利用でき、わからない部分へのサポートもしっかりと丁寧にしてもらえたので価値はあると思います。
10 人の方が役に立ったと言っています。
4.0 点 (98件)

弥生会計オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥30.000/年、セルフプラン¥26.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有、業務相談(ベーシックプラン)
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトのトップ、弥生会計がリリースしたクラウド会計ソフトです。スマート取引取込で、銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、スキャンデータを取込、自動で仕訳を行えます。入力面でも、パッケージの弥生会計での経験を活かした使いやすいインターフェイスになっています。

 クラウド会計ソフトなので、ソフトは常に最新版を利用することができるためバージョンアップの作業が必要ありません。また、弥生会計の実績により対応税理士の数も多く、税理士とのやりとりもクラウドでリアルタイムで情報を共有することができるため、スムーズです。


 2016年末まで、初年度無料で利用できる、起業家応援キャンペーンを実施しているためじっくり機能を触って検討できるのも嬉しいです。スマートフォンのアプリも提供されています。今後、クラウド請求書、クラウド給与など、拡張機能のリリースが待たれます。

弥生会計オンラインの口コミ・レビュー

今まで色々な会計ソフトを使ってきましたが、結局「弥生会計オンライン」に戻ってきます。
操作画面の見やすさ、操作性などとにかく使いやすいです。
他の個人事業主に聞いても会計ソフトは弥生会計オンラインを使っているところが多く、シェアの大きさを実感できます。

実際に使ってみると、その人気の理由がよく分かります。
また、とても良心的なところにも惹かれました。
他のソフトでは、散々作業が進んだ後に「○○は有料です」といった表示がいきなり出てきて、「ここまでやったのだから仕方ない、有料版にしよう」という気持ちに無理やりさせられ、だまし討ちされた気分になってしまいます。

弥生会計オンラインの場合は、確定申告業務に関わることは一通り全てできます。
サポートもメールも割と早く返ってくるのでストレスもほとんどなく進めることができます。弥生会計オンラインにして大満足です。
15 人の方が役に立ったと言っています。
商業簿記の知識は皆無ですが、家族の起業に伴って経理担当になってしまいました。
当初の設定はできるところまでで、とにかく日々の入力をがんばりました。入力内容は決まっているので、準備されたテンプレートをカスタマイズすると、作業時間を短縮できて良かったです。また、どうしてもわからない仕訳や未設定の項目は、商工会に電話で質問して解決しました。
決算では、するべき作業をわかりやすくレクチャーしてくれます。未入力項目など、ひとつずつ丁寧に教えてくれます。弥生会計に言われる通り作業するだけで、本当に決算書が完成しました。そして、提出前に商工会でのチェックを受け、合格した時の感動は今でも忘れません。
会計ソフトは、設定がポイントです。そこをクリアできれば、誰にでも簡単に使いこなせます。
29 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの白色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥8.000/年、セルフプラン 永年無料
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有(ベーシックプラン)
スマホアプリ Android/iOS
会計以外の機能 やよいの青色申告オンラインへのデータ移行
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトで有名な弥生会計がリリースした、白色申告に特化した珍しい経理ソフトです。2014年1月からは、白色申告の記帳が義務化されたので、その貴重作業を簡単にするためのソフトです。年間の利用額もクラウドの青色申告ソフトにくらべ安価です。

2017年より、初期費用、月額利用ともに完全無料で基本的な機能が全て利用できるようにになりました。
※電話やメールなどの各種サポートが必要な場合は別途費用が必要です。

やよいの白色申告オンラインの口コミ・レビュー

ライターとして個人事業をするにあたって利用したのがこの、やよいの白色申告オンラインです。
白色申告は初心者向けだと聞いたことがあり、最初はお試し感覚で白色申告をしてみることにしました。
利用料は掛からないので、個人事業が初めてという方にもお勧めできます。
ブラウザ上で管理することができ、サクサクと軽快に動きました。
丁寧な指示に従って、科目など必要事項を入力してゆくだけで確定申告に必要な書類が揃うので、簿記などの知識がない方でも安心して使うことができるでしょう。
デザインはシンプルで、リンク先など迷うようなことはほとんどありませんでした。
入力ボックスの横には、「?」マークがあるので説明などを都度読むことも可能で、親切だと思いました。
29 人の方が役に立ったと言っています。
やよいの白色申告オンラインを利用してみました。まず使いやすく、分かりやすいといった印象です。

今年からやよいの青色申告へチェンジしたのですが、白色申告では難しい仕訳もなく、画面左のボタンにあるかんたん入力から打ち込んていけばサクサク作業が進み、初めて使う人でもすぐ慣れると思いますが!

そのまま確定申告もできちゃうので、どのオンラインを活用しようか悩んでいる方は、分かりやすいやよいがおすすめかなと思います!

また、現在は分かりかねますが、私の時は無料で活用できたのも嬉しいポイントでした。

これはオンライン共通になりますが、手書き帳簿では訂正するたび二重線が大変でしたが、そういった手間も省けるのがいいですね。
19 人の方が役に立ったと言っています。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ インストール型
料金 39,000円〜
ユーザ数 非公開
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windowsのみ対応
サポート メール/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

いわずとしれた、弥生会計のパッケージソフトです。PCにインストールする会計ソフトとしては圧倒的なシェアを持ちます。特に、事業規模の小さめの法人の利用が多く、全国のほとんどの税理士も弥生会計を使った会社の経理と連携が取れます。
パッケージソフトとして必要な機能は一通り完備されております。
電話などでのサポートを受けるためには、別料金が必要です。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の口コミ・レビュー

いろいろなソフトを併用しています。
やよいはプロフェッショナルですが、
自動で計算できるか、または多くの場合は初期値としていれておいてくれればいいようなものをわざわざ何度も入力させるような
ちょっと申し訳ないけども、ソフトは素人が作ったソフトみたいな感じです。

ユーザはシームレスにスマートに、できるだけ小さな動きでを期待しているのですが、1つのことやるのに5の手順を踏まないといけないようなことが多いです。(あくまで他のソフトと比較するとです)

機能が多いから使っている(使わざるを得ない)けども、ショートカット機能以外は、操作感が最悪です。
たぶん、申告書を作るのにもっとも時間が掛かるソフトだと思います。
一度使ってみるといいです。すぐにイラっとすることができます。
146 人の方が役に立ったと言っています。
すぐに確認したいのに電話がいつも通話中でまったく
繋がらないため、サポートのシステムが機能していない。
メールでの問合せなどを可能にしてもらえるとスムーズに
いくかと思うが…
95 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの青色申告(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 12,000円、トータルプラン付き20,000円 
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows
サポート メール/電話(ベーシックプラン以上)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージソフトではシェアNo.1の弥生が提供する青色申告ソフト。利用者が多いことからWeb上での情報も豊富で、対応している税理士も多いです。
確定申告までに必要な要素はすべて完備されています。Web上での情報が多い反面、弥生からの電話などのサポートは別料金になっています。

やよいの青色申告(パッケージ)の口コミ・レビュー

確定申告時のサポートを受けるために12000円ほど年間支払いをしているにも関わらず、電話がなかなか繋がらない。
長い時だと繋がるまでに30分以上待つことも。
しかも通話料はこちら負担。

やっと繋がったと思えば、何度も調べるために保留にされ、挙げ句の果てに「税務署に聞いて下さい」とまるで逃げるような回答。

税務署にしか分からない内容なのであれば最初からそう案内するべき。
何度も保留にされている間も通話料がこちら負担なのでストレスが倍増します。

このようなサポート体制の中、12000円はぼったくりと感じてしまいます。
頼りない電話口の無知なスタッフではなく、知識豊富なスタッフを電話口に置くべきだと思います。
93 人の方が役に立ったと言っています。
やよいの青色申告は分かりやすい。
まず、見やすいです。トップページにあたるクリックナビゲーターにはイラスト付きのアイコンがあり、その時にしたい作業がすぐ分かるよう表記されています。

日々の仕分けには『仕分け日記帳』を使いますが、これが本当に日記を書く感覚で帳簿を記入できます。
ある程度、簿記の知識があれば問題なく使いこなせるソフトです。

もちろん、知識がなくてもHPなどで動画説明があるので1から勉強ができるのもおすすめポイントです。
決算時期や確定申告の時期にはこの動画説明は大変助かります。

初めて自分で確定申告をしてから10年ほど使用していますが、プランもシンプルなプランからサポートが手厚いプランまであるので自分のレベルに合わせて選べるのも嬉しいポイントです。
31 人の方が役に立ったと言っています。
4.5 点 (75件)

勘定奉行Jシリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 購入型80,000円、利用型40,000円/年
運営会社 株式会社オービックビジネスコンサルタント
対応OS Windows
サポート メール/FAX/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

勘定奉行シリーズは比較的規模が大きい事業者向けの印象がありますが、その勘定奉行が提供している小規模事業向けのシリーズです。会計の他、給与、販売、仕入れの4種類製品が提供されています。
勘定奉行Jシリーズも、会計ソフトのクラウド化にならい、奉行J Personalというクラウド化したソフトの提供もはじめています。

勘定奉行Jシリーズの口コミ・レビュー

勘定奉行Jシリーズは使いながら、どういった操作をすればいいか?をサポートしてくれる機能があります。

このソフトを使うときには、特定の作業をしている最中に次に何をするべきか?がメッセージで伝えられるのです。
したがって、自分がこの後何をすればいいか?の判断をする必要なく、それに従うだけでOKとなっています。

こういった機能がないと、何かをしたらいいか?で迷う可能性が出てきて、時間を無駄にしてしまう可能性がありますが、勘定奉行Jシリーズを使えばその心配は無用でしょう。

こういう機能は他のソフトにはあまりついていないと思いますし、かなり魅力的と言える箇所になるはずですから、検討している人もそうじゃない人も知っておくべきだと思いました。
7 人の方が役に立ったと言っています。
最近はUIという言葉を頻繁に聞くようになりましたが、勘定奉行も年々ユーザー視点で改良改善されていると感じます。

勘定奉行のJシリーズは小規模事業向けなので導入を検討している事業所は注意点があるとすればそこだけですね。

私自身は簿記会計に覚えがあるのでそもそも取り立てて苦はないのですが、簿記の知識がほぼない人はもちろん、まったくないという人でも少し触って慣れたら普通に即日で会計処理が行なえる建て付けになってます。

税率計算も簡単、特殊な勘定科目だって自在に組み込めますし、会計事務所などに出すための各種帳票類とかも簡単に作成できます。

特にこれまで手書きだったなんていう方や事業所がいたら、勘定奉行Jがその煩雑さをいかに省略してくれるかを実感すると思います。
申告が本当にスピーディーで楽になりました。
42 人の方が役に立ったと言っています。
4.0 点 (45件)

PCA会計シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 170,000円〜
運営会社 PCA株式会社
対応OS Windows
サポート サポートパートナーによるサポートあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 あり

クラウドで部門と部門をつなげ無駄を省くPCA会計シリーズ

ピー・シー・エー株式会社は1980年に設立されたコンピューターソフトの開発・販売を行うITベンダー企業です。

2018年1月現在でピー・シー・エー株式会社が提供する「PCAクラウド」の導入実績が1万法人を超えました。

PCAクラウドはピー・シー・エーの基幹業務クラウドサービスです。
このクラウドサービスでは1契約で1人から72人まで同時にアクセスできます

もともと中堅・中小企業を対象に立ち上げられましたが、現在では大企業にも対応できるようになりました。

「PCA会計シリーズ」はPCAクラウドサービスを利用するためのソフトです。
会計・販売管理・仕入在庫確認・給与・人事管理などのソフトをインターネットでPCからインストールして利用できます。
クラウド上での管理・運営はピー・シー・エーが契約するデータセンターが行っています。

PCA会計シリーズの特徴のひとつに病院を対象としたソフトがあります。
この「PCA医療会計DX」もPCAクラウドサービスを受けられますし、また、オンプレミスでも運用が可能となっています。

PCA会計シリーズの口コミ・レビュー

以前勤務していた会社で利用していた会社ソフトがPCA会計DXです。

お金や当座預金の入れ替わりがある度に紙の伝票へ仕訳を手書きで記入して、次の日にその伝票を見ながら会計ソフトへ入力していました。

簿記の資格は取得したものの、経理関係の仕事が始めての私でも使うことができたので分かりやすいソフトだと思います。

仕訳入力なども種類や税の区分がたくさんあって戸惑いますが、使うものは大体同じものばかりなのですぐ慣れました。

簿記の資格がない方でも、仕訳さえ分かれば使うことができると思います。

仕訳入力におかしい点があると注意書きのようなものが表示されるため、伝票に間違いがあっても気付かせてくれるのが良いです。

入力したデータの集計も簡単に行えます。
18 人の方が役に立ったと言っています。
1契約で1人から72人まで同時アクセスできるので、中小企業を対象にしているとわかります。

大企業に対応できるスペックはあまり期待できませんが、会計・販売管理・仕入在庫確認・給与・人事管理ソフトをPCからインストールして利用できるので重宝しました。

データはサーバーに保存するタイプと、クラウドでの利用ができるタイプがあり、クラウドタイプの使用感は通常タイプと変わらず、使い勝手は良かったです。

顧問契約している税理士に、仕分け確認をお願いするとき、これまではデータをやり取りしていた作業が不要になり、税理士がオンラインで確認できるので、双方手間がかかりません。

ソフトも、基本機能は十分備わっています。
摘要文が長めの登録に改善されていて助かりましま。
26 人の方が役に立ったと言っています。

JDL IBEX会計シリーズ の詳細情報

無料体験版 なし
タイプ インストール型
料金 123,120円
運営会社 株式会社日本デジタル研究所
対応OS Windows
サポート サポートデスクあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

コンピューターメーカーが作る会計に特化した業務を改善するソフト

「JDL IBEX 会計」は株式会社日本デジタル研究所が開発・販売する、会計事務所や企業に特化した会計ソフトです。

日本デジタル研究所は1968年に設立され1991年に東証二部上場、1995年に東証一部に指定替えし
2017年からはマネジメント・バイアウトにより非上場企業となっています。

日本デジタル研究所は、多種多様な顧問先に適した自社のソリューションを組み合わせて活用することにより、会計事務所での業務効率化を提案しています。

JDL IBEX会計は実務者に合わせて入力方式(仕訳形式・出納帳形式・振替伝票形式)が選べるのが特徴です。

また、画面の切替がスムーズで、元帳画面を訂正すると、訂正されたデータが更新されて他の帳簿にダイレクトに反映されます。

そして、本社・支社または顧問である会計事務所との間を結ぶ「ネット会計」にも対応しており、モバイル機器からの遠隔操作で場所を選ばずに仕事をこなすことができます。

JDL IBEX会計シリーズ の口コミ・レビュー

JDL IBEX会計シリーズは常に最新の状態にソフトを保つことができるので、そこは良いなと思っています。
JDL IBEX会計シリーズはたまにバージョンアップが実施され、その都度機能面などの良化が実現されますが、このバージョンアップについては基本的にはお金はかかりません。

つまり、1度購入をすれば定期的にどんどんバージョンアップを繰り返して、ソフトの機能が高まっていく状況を実感できます。
お金がかからないのにソフト自体が進化していく過程を見られるというのは、利用者としてはかなりありがたい状況です。

JDL IBEX会計シリーズを長く使っていると、非常にコスパに優れたソフトであるという印象が強くなってきます。
31 人の方が役に立ったと言っています。
給与データの入力画面が見やすいです。
給与明細どおりの画面で入力できるから、知識ゼロの社員でも入力間違いはなかったですし、確認作業もしやすいかったです。

365日、24時間操業で、雇用形態正社員以外の工場現場となるため、給与計算の個人別バリエーションが肝心要になります。

給与計算については無知でしたが、先にあげたように入力インターフェイスが給与明細書に沿ったシステムで、親しみやすさがあります。

もちろん、不安な部分に関しては、会計事務所と連携が図れ、立ち上げるたびにPCと最新データが共有されるので安心です。

会計事務所によるデータチェックやバックアップもしてもらえるので、変化する残業時間、出退勤のデータにだけ集中すれば問題ありません。

ちなみに、年末調整や月変は会計士任せにしています。
20 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチみんなの青色申告シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 9,800円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

「みんなの青色申告」と「みんなの電子申告」のセットで電子申告が可能

「ソリマチみんなの青色申告」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

「ソリマチみんなの青色申告」ではユーザーが業種を選択すると、その業種で使用される勘定科目が自動的に設定され手間が省けます。

また、複雑な消費税も簡単な手順で設定でき、それに伴い消費税の申告区分や端数処理も自動的に設定されます。

また、取引先の情報をMoney Linkに登録すると電子明細の取引を適切な仕訳へと自動変換し記帳してくれます。
Money Linkとは、金融機関などの取引を管理し自動的に取り込むことができる無料のアプリケーションです。

これは取引の記録をビッグデータとし、それを基に仕訳を予測するAIによるものです。

「ソリマチみんなの青色申告」を起動するごとに新しい明細が追加されていきます。

そして、無料の「みんなの電子申告」をダウンロードすることで電子申告を行うことができます

ソリマチみんなの青色申告シリーズの口コミ・レビュー

みんなの青色申告シリーズはいくつかの便利な機能が搭載されているのですが、電子申告に対応している点はその1つになると思います。

e-Taxという確定申告を自宅にいながら行うことができるこの機能は、実際に利用してみるとかなり便利に感じられます。

私の場合には最寄りの税務署までそこそこ距離があるので、そういった状況を踏まえると、手間の削減に大いに役立っています。

電子申告は確定申告をする際にはかなり便利なツールだと思いますけど、それを利用する前提でみんなの青色申告シリーズは作られているのは大きいです。

だから、今までそういった方法を使ってこなかった人でも、これを機に電子申告に切り替えることが容易いかもしれません。

みんなの青色申告シリーズの特徴は他にもありますけど、ここはぜひ知っておいてほしいです。
14 人の方が役に立ったと言っています。
「みんなの青色申告シリーズ」は個人事業者向けの青色申告ソフトです。なので、小規模な店舗や企業向けに作られていて機能も最小限でシンプルなソフトになっています。

あまり経理の知識の無い方向けのガイドも充実しているので、会計ソフト初めての方にもある程度スムーズに操作ができると思います。

ただ、私自身ある程度知識があるものに対しては初心者向けの機能が逆に不便ですし、会計ソフトには大事な勘定科目の入力の短縮できる機能が分かりにくく使いにくい印象である程度知識がある方には向かないソフトのような気がします。

知識があるのでそれなりに使うことはできるとは思いますが。また、試算表のような帳票類も少し見にくく分かりにくい印象がしました。

個人的には安価で最低限、確定申告ができる会計ソフトを求めている方向けだと思いました。
18 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチ会計王シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 40,000円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

中小事業者向けの税務会計ソフト

「ソリマチ会計王」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

海外にも進出しており、韓国(1987年設立)とベトナム(2005年設立)にも拠点があります。

ソリマチ株式会社は農業者向けのソフトに始まり、他にNPO法人介護事業者向けの製品も開発し販売しています。

「ソリマチ会計王」の特徴は、経営資料(分析を含む)から決算書まで、独自の帳票を内蔵していて、それら帳票を白紙に出力できる点にあります。

ソリマチ株式会社の基礎となる組織が税務会計事務所であり、ソリマチ会計王シリーズには税務会計事務所で積み上げられたノウハウが活かされています
独自の専用帳票もそのひとつで、これは画面上での見やすさを追求したものと言えます。

また、最新版「会計王19」シリーズでは取引のデータをビッグデータとしAIに予測させる「AI自動仕分」を搭載しています。

ソリマチ会計王シリーズの口コミ・レビュー

ソリマチ会計王シリーズは困ったときに対応してくれるサポートの面で、充実度を感じることが可能です。
というのも、サポート体制が非常に綿密に練られており、製品ごとにそれぞれ異なる人たちが対応してくれる状況となっています。

ソリマチ会計王シリーズはいくつかの製品に分かれていますが、それぞれごとに操作方法などに違いがあります。
だから、こういった感じで具体的な製品ごとに専属の人間が処理をする状況の方が、的確な回答をすることがしやすいはずです。

実際、私が利用したときには、オペレーターの人はまさに専門家のような感じで回答をしてくれており、相当分かりやすかったと記憶しています。
ソリマチ会計王シリーズを利用する際には、もしものときにも安心できる環境がある点は覚えておきましょう。
26 人の方が役に立ったと言っています。
会計王を使うきっかけが、自営業を始めた義父の会社にて経理を頼まれたことが発端です。そして経理未経験かつ会計のことを何もわからない所からスタートしたので、すべての用語をネットで調べながら使用致しました。
大手電気屋さんで販売されていたのを購入いたしました。

他のソフトを使用したこととがないのでわかりませんが、すでに出来上がっているものに入力するだけなので誰でも出来ると思います。

入力は簡単だったように思います。
調べながらですがわかりやすく、勘定科目なども選択式または番号入力だったのでよく使うものはすぐに入力できました。
新しく作った科目なども自分のやりやすい様にカスタムや番号を新たにつけれるなど出来たので、自分ルールを作って出来ました。

きっと細かく調べればあるんだと思いますが、説明書を読まずに手探りで入力をしていたので、もう少し細かい説明(横のリンクをクリックで説明が出てくるなど)が簡単に見れる工夫があれば良かったと思います。帳簿の項目を何もわかっていない者が使用するにはわかりづらいです。
もう少し同線状といいますか、この次はこれといった単純な仕組みだったらありがたいです。
あとはどのソフトもそうなのかわからないですが、2色で列になっていますが見にくいのが難点です。同じような適用を入力すれば確認するのが大変でした。

ネットでの電子申告を使用しなかったので出来るのかわかりませんが、税理士への申告がもっと簡単に出来る方法があればわかりやすく使用できたらなと思いました。
35 人の方が役に立ったと言っています。