会計ソフトの比較・口コミランキング

top image
会計ソフトHackへようこそ

会計ソフトHackは、国内で提供されている様々な会計ソフトの口コミを集めたサイトです。また、実際に管理人が利用してみた使いやすさ、レビューでの評価の高さ、レビューの内容など総合的に管理人が判断した上でおすすめのソフトもランキングしております。

会計ソフトについては、専門性が高いソフトであることから、しばらく使い込んでみないとその良さが分かりません。また、一度使ってしまうと、それぞれの会計ソフトで使い勝手が異なることから、乗り換えが難しいという難点があります。

そのため当サイトではこれから会計ソフト、青色申告ソフトを使う人のために、少しでも分かりやすい情報をまとめたり、実際にソフトを使った人に生の口コミを自由に投稿してもらうことで、お役に立ちたいと考えています。

サイトの運営については、極力客観的公平な判断を基していきたいと考えておりますが、会計ソフト選びは最終的には個々人の好みや状況もありますし、本サイトの情報は管理人の主観も排除できない部分がございますので、それらも踏まえた上で皆様に情報を役立てていただきたいと思います。

会計ソフト おすすめランキング

4.2 点 (221件)
freeeの画像

freeeの詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 個人事業主980円/月~ 、法人2380円/月~
ユーザ数 100万人以上(2018年3月時点)
運営会社 株式会社freee
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(プラン内料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 あり

クラウド会計ソフトシェアNo1、申告書形式の対応も最も多い

freeeは、Webブラウザから使えるクラウド会計ソフトではシェアNo.1の会計ソフトです。
経理の効率が50倍になるというコンセプトで、銀行のWeb口座や、クレジットカードからの自動同期や、複式簿記の知識がなくても簡単に経理ができる分かりやすいインターフェイスなどで、一躍有名になった会計ソフトです。人工知能を活用した自動仕訳も行ってくれます。

経理以外にも、クラウドの給与計算、クラウド請求書、モバイルアプリからの経理機能、マイナンバー管理、会社設立や開業に関する届出を簡単にできるシステムなど、会計ソフトと連携した様々な機能を、他社に先駆けてリリースしています。
拡張サービスの多くは、クラウド会計ソフトの中で一番最初にリリースしており、機能面では常にトップを走っています。

また、クラウド会計ソフト(個人事業向け)の中では、確定申告書第三表(株、FXでの申告に必要)、第四表(赤字の繰越のために必要)に唯一対応しており、セルフメディケーション税制、医療費控除新フォーマット、仮想通貨の確定申告にも対応。簡単な質問に答えていくだけで、専門知識がなくても申告書が作成できます。また、アプリでも会計処理ができ、税金の予測機能もついています。これらの申告書作成機能に関しては完全に頭一歩抜きん出ています。
さらに、唯一Windows・Macどちらでも電子申告ができるようになっています。

 

利用料金面では、基本的にクラウド会計ソフト郡の中では最低価格クラスに位置しており、金額面で割高ということはありません。チャットでのサポートも無償でついてきます。
特に、マイナンバー管理や請求書送付など、会計以外の複数の機能を利用する場合にはコストメリットが大きいでしょう。請求書もワンクリックで封筒で送付してくれるサービスを提供しており利用金額は業界最安値です。

意見が分かれるのがインターフェイスで、複式簿記に詳しくない人には非常に使いやすく評判になっている一方で、複式簿記に詳しい人には複式簿記の考えたかをそのまま当てはめにくく慣れが必要な点です。

総合的に判断すると、費用も抑えて複式簿記をマスターしていない人、申告書作成に関して一番機能が豊富なソフトを探している人におすすめの会計ソフトです。

 

>無料会員登録はこちら

>モバイルアプリのインストールはこちら

freeeの口コミ・レビュー

帳簿付けが苦手で、会計業務そのものに対してあまり良いイメージを持っていなかったのですがfreeeを使ったことで青色申告をすることができました。

きちんとした知識もないままに個人事業主になって不安だらけだったものの、会計ソフトを使うことによりパソコン上で簡単に帳簿付けができるようになりました。
これを知ったことで、ずぶの素人である自分でもどうにかこうにか複式簿記形式での帳簿付けが可能になったのです。

freeeは本格的な知識がない人でも、感覚的に操作ができるように工夫されています。ですから初めて確定申告をするという人には、とてもおすすめです。

口座登録によってデータを連携させたり取得した明細データを登録したりすることができるので使いやすく、便利だと思います。
1 人の方が役に立ったと言っています。
当方、会計事務所のスタッフです。普段はJDLの会計ソフトを使っています。
なるべく顧客に合わせるというのが所長の考えのため、freeeを使って一社だけ担当しています。

基本的には口座を登録して、自動で明細を読み取るので、科目や税区をチェックして仕訳を登録していきます。
なので、通帳残高がずれることはあまりありません。

また、年度を締めなくても次記の仕訳を入力できるため、買掛金や売掛金の消し込み・長短振替等はスムーズにできます。

ただ、やはりネット上で操作するので、動作が重かったり、突然動かなくなったりして時間がかかる。

また、タグが自由に付けられるのだが、自由過ぎて仕訳に統一性が出せなくなり、最終チェックのために仕訳を抽出してくるのが困難になる。

まとめると個人の方が入力するのには簡単かもしれないが、決算をするには手こずるのではないかなと思います。
1 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 800円/月~
ユーザ数 40万人以上(2015年8月、以降非公開)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(別料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードの個人事業主向け会計ソフト。法人向けの「MFクラウド会計」に対して、個人事業主向けはMF確定申告という名称でサービスが提供されています。
家計簿ソフトで培った、全国の銀行やクレジットカードからの自動仕訳の強さが特徴です。
クラウドでの請求書や、給与計算など、様々なサービスと連携しています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の口コミ・レビュー

マネーフォワード確定申告を利用しているのですが、マネーフォワード確定申告のいいところは「レシートをスマホに読むだけで自動仕訳してくれる」ところです。

専用のアプリをインストールして、スマホの画面でレシートの写真を写メするだけで、経費を仕訳してくれるので、とても楽チンで助かっています。

しかし、マネーフォワード確定申告の残念なところは「スマホ画面に対応していない」ことです。

マネーフォワード確定申告では、アプリがないどころか、スマホでWEBブラウザから表示しても、字が小さいPC用の表示になってしまい、とても見にくいです。

確定申告は経理作業が多く、PCを利用することが多いのでスマホを利用することは少ないですが、たまに気になる点を見たい時にはPCを立ち上げないといけないのは不便に感じました。
1 人の方が役に立ったと言っています。
今まではずっと給与から自動で税金が魅かれていたので、確定申告とは無縁の生活をしてきました。しかし会社を退職するとそういうわけにはいかず、初めて自分で確定申告をすることにしたのです。

マネーフォワードクラウド確定申告を選んだのは、家計簿ソフトのイメージがあったからです。
家計簿を作っているところの製品なら確定申告も比較的簡単にできるのではないかといった希望的観測で、これを選んだというわけです。

マネーフォワードクラウド確定申告はサポートがしっかりしているので、疑問点があったときにはすぐに質問ができます。
インターネットで調べることもできるのでしょうが、私は直接質問をした方が正確だしスピーディーだと考えサポートサービスをフル活用しました。
おかげで帳簿も申告も、問題なくできました。
1 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)、機能限定無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 1,980円/月〜3,900円/月(年額プランあり)
ユーザ数 40万人以上(2015年8月)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac
サポート 訪問(有料のみ)、電話/メール/チャット
スマホアプリ iOS/Andoroid
会計以外の機能 請求書、経費精算、給与計算、マイナンバー(バリューパック)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードが満を持してリリースしたクラウド会計ソフトです。MFクラウド会計は、法人用の会計ソフトで、個人事業向けは、「MF確定申告」という別ブランドで提供されています。シェアNo.1のfreeeと同様、自動同期の機能や、クラウド請求書、給与計算など、ほぼ同水準の機能を提供しています。
インターフェイスは、普段から経理などの知識がある人にも使いやすい設計になっています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の口コミ・レビュー

会計事務所勤務の人間の意見になります。

・良い点銀行や、クレジットカードが自動連携できること。
月末や期末の残高が合わないということは、この機能によりありえなくなります。

よって、今まで入力ミスにより、残高が合わない原因を探るのに費やしていた時間がゼロになるので快適です。

仕訳を学習して、次回から勘定科目を自動で設定してくれること。
摘要が同じでないと効果を発揮しませんが、オートで科目を選んでくれるので入力の手間が減ります。

・悪い点読み込みスピードが遅いです。
毎回インターネットに接続することになるので、手入力はインストール型の会計ソフトに遠く及びません。
また、入力後の試算表のチェックなどは科目を選択するたびに読み込むので、かなりイライラします。

・複雑な仕訳や取引には向かない相手先が毎回同じですと、入力の手間はかなり省けますが、取引相手が頻繁に変わったりするようなビジネスですと、結局科目を選んだらしなくてはなりません。
また、毎回の取引を発生で処理しようとする際は、結局手入力で仕訳を入力する必要があります。
期末で洗い替えする処理ですと、この問題は解決します。
5 人の方が役に立ったと言っています。
様々なクラウド会計ソフトを使ってきたのですが、私にはマネーフォワードクラウドが最も使いやすかったです。

もちろん環境やその人のやり方によって好き嫌いはあると思いますが、オンラインバンクやクレジットカードの取引のデータは連携させれば自動で取得できるのでとても楽になりました。
対応している銀行やクレジットカード会社の数も多く、ほっとしました。

マネーフォワードクラウドのクラウド請求書、クラウド給与と連携をさせることが可能でスムーズに経理業務をすることができます。
複雑な作業をしなくてもいいので、ミスがなくなりました。

また1度設定すれば次回以降は勘定科目と摘要が自動で割り振られるようになっているため、いちいち自分で入力をする必要がありません。
個人事業主や小規模法人の経理なら、マネーフォワードクラウドだと思います。
1 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの青色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥12.000/年、セルフプラン¥8.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

 パッケージソフトでの個人事業主シェアが圧倒的な弥生が開発した、個人事業主向けの青色申告ソフトです。パッケージソフトのやよいの青色申告を踏襲した、使いやすいインターフェイスや、オンラインならではの、銀行、クレジットカードのオンライン同期機能が共存しています。
 全体的に、初心者でも使いやすいインターフェイスになっており、ベーシックプランを申し込むことで電話のサポートを受けることもできます
 現在、初年度すべての機能を無料で利用できるという非常にお得なキャンペーンを展開しており、複数の会計ソフトを比較する上でも、候補の一つとして使い勝手をためしてみるといいでしょう。


 freeeやMF確定申告に比べると、機能的には一部少ないところもあります。現在は、請求書、給与計算など拡張的な機能は提供されていません。とはいえ、主力の経理の部分は申し分なく、シンプルな経理の機能だけを使いたい事業主におすすめです。スマートフォンアプリも提供されています。
 また、弥生の知名度による対応できる税理士の多さや、初年度無料は魅力的です。また、今後機能的にも他のクラウド会計ソフトにキャッチアップしていくことが予想されます。

やよいの青色申告オンラインの口コミ・レビュー

やよいの青色申告オンラインは、システムがすっきりしていてとても見やすいです。
日時、場所、金額などをきちんと入力しさえすれば、自動で計算してくれレポートに反映されるので手軽です。
会計や確定申告の知識のない私でも簡単に使えたので、初心者の方にもおすすすめです。

デメリットは、無料プランはサポートが付かないということです。
無料なので仕方ないですが…。
ただとてもわかりやすいシステムなので、特に困ることもなく使えました。

わからないことはすぐに聞きたい、しっかりサポートしてほしい方には有料プランをおすすめします。
また、システムの動作が遅かったり、固まることがあります。

クラウド型なのである程度は許容範囲ですが。
気になる方はインストール型の方が良いと思います。
1 人の方が役に立ったと言っています。
「やよいの青色申告オンライン」を利用しておりますが、クラウド上にデータを保管することができるので安心して青色申告の書類を作ったり保管したりすることができるのでほんとに助かっていて、細かな計算や入力とかは自動化しているのでスムーズに作業ができつつ、知識がなくてもすぐに操作になれることができデータ読み込みとか取引入力なども一部が自動化であるのでミスなく青色申告が行えるようになっています。

そして、確定申告書類の作成機能もかなり優秀であり必要な手順が一目でわかる感じとなっていて、控除額も自動計算してくれるのでミスがなくスムーズに書類を作成できます。

また、帳簿・レポートの集計機能とかもあったりするのでほんとに楽であります。取引データのインポートも簡単できe-Tax(国税電子申告・納税システム)対応にも対応しているのでかなり助かっています。
1 人の方が役に立ったと言っています。
4.0 点 (61件)

弥生会計オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥30.000/年、セルフプラン¥26.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有、業務相談(ベーシックプラン)
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトのトップ、弥生会計がリリースしたクラウド会計ソフトです。スマート取引取込で、銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、スキャンデータを取込、自動で仕訳を行えます。入力面でも、パッケージの弥生会計での経験を活かした使いやすいインターフェイスになっています。

 クラウド会計ソフトなので、ソフトは常に最新版を利用することができるためバージョンアップの作業が必要ありません。また、弥生会計の実績により対応税理士の数も多く、税理士とのやりとりもクラウドでリアルタイムで情報を共有することができるため、スムーズです。


 2016年末まで、初年度無料で利用できる、起業家応援キャンペーンを実施しているためじっくり機能を触って検討できるのも嬉しいです。スマートフォンのアプリも提供されています。今後、クラウド請求書、クラウド給与など、拡張機能のリリースが待たれます。

弥生会計オンラインの口コミ・レビュー

税理士事務所勤務なのですが自分の副業のために使用しています。
プロ目線と初心者の立場に立った率直なレビューを行いたいと思います。

初回は必要事項を入力するだけで期間限定で2ヶ月無料体験できます。
その後はセルフプラン1年間が26,000円(税抜)です。
ちょっと高い気もしますが・・・。

次に日々の仕訳入力ですが、洗練された仕訳入力画面で可もなく不可もなく実用性は十分だと度感じました。
クレジットカード、銀行口座と連動してくれるので仕訳がほぼ自動で取り込まれました。

消費税課税事業者の方は摘要に、どのお店で何を買ったかまで記入しないといけないのですが、お店の名前も完璧に取り込んでくれるわけではないので、訂正と購入した商品の品名を追加で摘要に登録する作業が必要でした。
訂正と追加の手間を考えると連動に関しては実用性は△だと感じました。
決算書の作成もスムーズに行えました。
各種レポートの出力様式も豊富に感じました。

有料プランは各種サポートもしっかりしていますので(2ヶ月無料の期限付きですが)初心者の方にもプロユースにも対応した使いやすいソフトだと思います。
1 人の方が役に立ったと言っています。
弥生会計オンラインは入会金0円、販売価格0円で利用することができるので安心してテスト導入をすることができました。

これ以外の候補としてはfreeeを考えていたのですが、私には弥生会計オンラインの方が使いやすかったです。
クレジットカードとの相性もよく、経費入力作業が楽になりました。

ソフト利用が初めてだったこともあり、わからないことが多くて困っていましたがサポートセンターがあったため助かりました。
使い方がわからなくてどうすることもできないという時などは、とても頼りになります。
誰に相談をすればいいのかわからないという状況下にあって、サポートセンターがしっかりとしていることは大きな安心につながると思いました。

やよいの白色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥8.000/年、セルフプラン 永年無料
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有(ベーシックプラン)
スマホアプリ Android/iOS
会計以外の機能 やよいの青色申告オンラインへのデータ移行
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトで有名な弥生会計がリリースした、白色申告に特化した珍しい経理ソフトです。2014年1月からは、白色申告の記帳が義務化されたので、その貴重作業を簡単にするためのソフトです。年間の利用額もクラウドの青色申告ソフトにくらべ安価です。

2017年より、初期費用、月額利用ともに完全無料で基本的な機能が全て利用できるようにになりました。
※電話やメールなどの各種サポートが必要な場合は別途費用が必要です。

やよいの白色申告オンラインの口コミ・レビュー

「やよいの白色申告オンライン」はクラウド上にデータを保管することができ、知識がなくても簡単に確定申告の書類を作ることができ、提出もスムーズに行えるため、便利なものとなっています。

なんといっても機能が優れていて入力を自動化して、会計業務を効率化させてくれるので銀行明細、クレジットカード決済などの取引データをはじめ、レシート、領収書などのデータやスマホアプリで撮影したデータとかを自動仕訳してくれるのでミスなくしっかりと確定申告の書類を作れるようにサポートしてくれます。

そして、4つの基本機能であるスマート取引取込・かんたん取引入力・確定申告書類の作成・帳簿・レポートの集計がしっかりと利用している人を手助けしてくれます。
1 人の方が役に立ったと言っています。
やよいの白色申告オンラインには、「スマート取引取込」がついているのでこれを使うことで一気に時短が可能になりました。
銀行やクレジットカードの取引明細を一つずつ漏れがないようにチェックしながら記帳をしてく作業は地味であるながらも非常に面倒で、苦手な作業の1つでした。

しかしこの「スマート取引取込」を使うことで、大量のうずたかく積まれた領収書をサッと処理できるのです。
オンライン経由で取り込むことができるため、ミスもありません。
出入金の明細データを自動で取り込むだけではなく、自動で仕訳もしてもらえるので使うたびにこの機能があって良かったと思います。

まさに痒いところに手が届くサービスで、私が求めていた機能でした。
2 人の方が役に立ったと言っています。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ インストール型
料金 39,000円〜
ユーザ数 非公開
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windowsのみ対応
サポート メール/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

いわずとしれた、弥生会計のパッケージソフトです。PCにインストールする会計ソフトとしては圧倒的なシェアを持ちます。特に、事業規模の小さめの法人の利用が多く、全国のほとんどの税理士も弥生会計を使った会社の経理と連携が取れます。
パッケージソフトとして必要な機能は一通り完備されております。
電話などでのサポートを受けるためには、別料金が必要です。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の口コミ・レビュー

平成23年12月に独立して自営業を開始しました。
平成23年分の確定申告は、平成24年に近隣の税務署で白色申告をしました。税務署で次年度から「青色事業主申請をして青色申告するか否か」を確認されたので迷わず「青色申告」することにして「個人事業主」の届け出をしました。

平成24年1月1日から「青色申告事業主」になったので、所管の青色申告会に挨拶に伺いました。
そこで会のご担当者様から「弥生会計」を推奨されました。
その場で特別価格で購入して自宅のパソコンにインストールしました。

翌年の確定申告は「弥生会計」で行いました。
自宅・青色申告会が共通アプリなので、データだけ持参すれば申告手続き気がスムーズで1時間も掛りません。
15 人の方が役に立ったと言っています。
消費税が上がったり、元号が変わるとほぼ製品と同額かそれ以上の金額を要求される。
以前の消費税上がった時も同じような金額を請求されました。
2019年の元号改正で、1000億の売上を目ざしているようだ。新元号で1000億の丸儲け!!
こんな会社です。

昔は良い会社だったんですけどね。
ちょっと儲かると豹変。
まあ、これはネット関連業者の通る道。
天変地異や外国からの攻撃でパソコンが使えなくなったら全く約にたたないものにもなるし。
会社の存続も難しいようになるのにね。
ちょっと成功しただけで天下をとったような気分になるのでしょうね。
11 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの青色申告(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 12,000円、トータルプラン付き20,000円 
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows
サポート メール/電話(ベーシックプラン以上)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージソフトではシェアNo.1の弥生が提供する青色申告ソフト。利用者が多いことからWeb上での情報も豊富で、対応している税理士も多いです。
確定申告までに必要な要素はすべて完備されています。Web上での情報が多い反面、弥生からの電話などのサポートは別料金になっています。

やよいの青色申告(パッケージ)の口コミ・レビュー

確定申告の時期になると毎年申告どうしようか、と頭を悩ませている人も多いかと思います。
自営業の私も以前は税理士に頼んでいたのですが、費用がかかるので自分でやってみることに。
数ある申告ソフトの中から選んだのは評価NO.1のやよいの青色申告。
本当にとっても簡単。

私が使っているのはパッケージ版でCDソフトをパソコンに取り込む方法。
ダウンロード版もありますが、私は長年CD版を使っているのでこれにしています。
このソフトを取り入れたらあとは毎日の経費を入力していくだけ。
計算も申告書の作成も全部ソフトがやってくれます。

金額が合わない等、なにかおかしなところは指摘してくれるし、ソフト内のQ&Aでわからないことがあればサポートセンターに問い合わせることもできます。
簿記の知識がある人ならさくさく簡単にできますし、知識がない人でもガイドがちゃんとしているのでわりと簡単にできると思います。

パッケージ版、ダウンロード版、どちらも1万円弱ぐらいの値段で購入できます。
税理士に何万円も払っていたことを思うと、このやよいの青色申告ソフトを使わない手はないですよ!
32 人の方が役に立ったと言っています。
自営業をはじめたのですが、やはり税金の恩恵を受けたいと思い、先輩にすすめられてやよいの青色申告を購入しました。

正直な話、青色申告の知識を本を読んだり、セミナーに行ったりして、いきなり一年目から正確に理解をするのは無理だと思いました。

ですが、このソフトは、とても親切な構造になっていて、「かんたん取引入力」というウインドウを使って、経費や売上を日にちごとにポンポン打ち込んでいくだけで、勝手にある程度仕分けもしてくれますし、そのまま使える決算報告書も作ってくれます。

正直、満点を上げてもいいくらいの気持ちはあるソフトなのですが、もし改善点があるとしたら、「売掛金」「買掛金」など、わかりにくて、文字から内容が連想しづらい専門用語を、横に小さなボタンなどをつくって、解説が出るようにしたら、より初心者に対して親切なのではないかと思います。

ただ、やってみてはじめて理解できるのも青色申告の特徴なので、そういった不親切さでも、自分を育ててくれた気がします。
今では自営業をはじめる後輩に、かならずこのソフトを勧めています。
7 人の方が役に立ったと言っています。
4.4 点 (48件)

勘定奉行Jシリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 購入型80,000円、利用型40,000円/年
運営会社 株式会社オービックビジネスコンサルタント
対応OS Windows
サポート メール/FAX/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

勘定奉行シリーズは比較的規模が大きい事業者向けの印象がありますが、その勘定奉行が提供している小規模事業向けのシリーズです。会計の他、給与、販売、仕入れの4種類製品が提供されています。
勘定奉行Jシリーズも、会計ソフトのクラウド化にならい、奉行J Personalというクラウド化したソフトの提供もはじめています。

勘定奉行Jシリーズの口コミ・レビュー

勘定奉行Jシリーズは、小規模法人向けに設計されているのでとにかく使いやすいです。
機能がとてもシンプルで直感的な操作ができるようになって、会計や簿記といった専門的な知識が薄い人であってもこれなら十分に使いこなすことができます。

いくらいい機能がついていてもそれを使いこなす知識がなければ意味がないと思うので、そう言った点でもこのソフトは迎合すべきものだと思いました。

他のソフトから乗換して使い始めたのですが、想像していたよりもずっと使いやすく最初からこれを選んでいれば良かったと思いました。
勘定奉行Jシリーズは、以前利用していたソフトと比較するとサポートがとても丁寧です。
有料になりますが遠隔リモートサポートもあるので、不安な場合にはこれを使っているのも一考かと思います。
3 人の方が役に立ったと言っています。
インターネット上でアプリを動かして会計業務を行うクラウド型の会計ソフトが主流になっているようですが、私はパソコンにインスト―ルしてソフトを使って作業を進めていく旧型のタイプを選びました。

以前もこういったタイプの会計ソフトを使っていたということもありますが、税理士や会計士といった専門職種の人たちががよくこのタイプを利用していると聞いたからです。

またクラウド型と比較すると、インストール型は安くで利用できます。
それで実績があり、知名度もある勘定奉行Jを選びました。

勘定奉行Jはいつでも最新の環境で利用できるので、安心です。
消費税のアップや新しい税率の導入などにも素早く対応をしているため、信頼できます。
3 人の方が役に立ったと言っています。
4.0 点 (31件)

PCA会計シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 170,000円〜
運営会社 PCA株式会社
対応OS Windows
サポート サポートパートナーによるサポートあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 あり

クラウドで部門と部門をつなげ無駄を省くPCA会計シリーズ

ピー・シー・エー株式会社は1980年に設立されたコンピューターソフトの開発・販売を行うITベンダー企業です。

2018年1月現在でピー・シー・エー株式会社が提供する「PCAクラウド」の導入実績が1万法人を超えました。

PCAクラウドはピー・シー・エーの基幹業務クラウドサービスです。
このクラウドサービスでは1契約で1人から72人まで同時にアクセスできます

もともと中堅・中小企業を対象に立ち上げられましたが、現在では大企業にも対応できるようになりました。

「PCA会計シリーズ」はPCAクラウドサービスを利用するためのソフトです。
会計・販売管理・仕入在庫確認・給与・人事管理などのソフトをインターネットでPCからインストールして利用できます。
クラウド上での管理・運営はピー・シー・エーが契約するデータセンターが行っています。

PCA会計シリーズの特徴のひとつに病院を対象としたソフトがあります。
この「PCA医療会計DX」もPCAクラウドサービスを受けられますし、また、オンプレミスでも運用が可能となっています。

PCA会計シリーズの口コミ・レビュー

昨今いろいろな会計ソフトが登場していますが、過去に入力したデータとの照合性が高いことは、作業全体の効率化には大事な内容です。
オススメしたいPCA会計シリーズは、仕訳を中心とした作業が他より優れており、コマンド画面のボタン操作は秀逸だと感じています。

ソフトウェア自体はエクセルに近い感覚であり、視認性に優れた画面は会計ソフトを操作する上ではよい条件が揃っています。
CSV形式にてデータを取り込んだ際に、ほぼ自動で対応させたいアプリケーションへ移行してくれたサービスがあったときは、PCA会計シリーズを選択してよかったと思います。

端末によっては時折フリーズするものの、全体的な作業に関しては非常に気に入っております。
建設会社の経理職に勤めていた際、経理ソフトはPCA建設業会社を使用していました。
科目、工事を自由に設定でき、便利に使っていました。勘定科目の内訳として補助科目、補助科目コード等、とても細かく設定ができ、最初のうちはひとつひとつ覚えるのに必死でした。

また、工事ごとに施工場所、請負金額も登録でき、追加工事がある際も入力できるようになっています。
集計表や台帳では一目でどんな工事かわかるので便利でした。

もちろん振替伝票の入力や社員登録もできます。
振替伝票入力では、コードで工種や工事検索ができるようになっています。

決算に必要な書類を取り出すのも簡単でしたし、経営事項審査や分析のデータ管理も充実していました。
20 人の方が役に立ったと言っています。

JDL IBEX会計シリーズ の詳細情報

無料体験版 なし
タイプ インストール型
料金 123,120円
運営会社 株式会社日本デジタル研究所
対応OS Windows
サポート サポートデスクあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

コンピューターメーカーが作る会計に特化した業務を改善するソフト

「JDL IBEX 会計」は株式会社日本デジタル研究所が開発・販売する、会計事務所や企業に特化した会計ソフトです。

日本デジタル研究所は1968年に設立され1991年に東証二部上場、1995年に東証一部に指定替えし
2017年からはマネジメント・バイアウトにより非上場企業となっています。

日本デジタル研究所は、多種多様な顧問先に適した自社のソリューションを組み合わせて活用することにより、会計事務所での業務効率化を提案しています。

JDL IBEX会計は実務者に合わせて入力方式(仕訳形式・出納帳形式・振替伝票形式)が選べるのが特徴です。

また、画面の切替がスムーズで、元帳画面を訂正すると、訂正されたデータが更新されて他の帳簿にダイレクトに反映されます。

そして、本社・支社または顧問である会計事務所との間を結ぶ「ネット会計」にも対応しており、モバイル機器からの遠隔操作で場所を選ばずに仕事をこなすことができます。

JDL IBEX会計シリーズ の口コミ・レビュー

会計事務所に勤めている友人に勧められて導入しました。月々300円ですがクレジットカードで年一括して払ったので割安だったと思います。
毎日の温根の流れを現金出納帳に打ち込んだり、通帳の流れを入力していくだけで決算書(試算表)が作れます。
科目や摘要は自分で設定しておけば、一文字または数字を打つだけで自動的に入力されるので便利です。

以前使っていた会計ソフトは金額から最初に打ち込んでいましたが、このソフトは金額を最後に打ち込みます。
課税区分の自動仕分け、消費税パーセントも設定可能です。
よく使う定型取引や、諸口の事前登録もできるので打ち込みがとても楽です。

試算表では、課税表示と非課税表示が出来ます。
借りうけ消費税、仮払い消費税等も計算してくれるので、おおよその消費税支払額が解って便利です。
10 人の方が役に立ったと言っています。
JDLIBEX会計は会計ソフトの老舗メーカーが販売しているソフトなので、実績があり安心できました。
電話やFAX、メールサポートもありサポート体制が整っています。
些細な事であっても気軽に相談ができて、すぐに疑問を解決できるところが良いです。

JDLIBEX会計は、日々の記帳から決算申告まで幅広く対応をしているためこれ1つで必要な書類の作成ができ助かっています。
仕訳形式、出納帳形式、振替伝票形式と使う人が使いやすいように入力の方法を設定できるようになっていて、親切だと思いました。

しかし、このソフトはまったく会計知識がないという人には向いていないと思います。
歴史がある分、昔ながらの会計ソフトといった印象は否めません。
5 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチみんなの青色申告シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 9,800円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

「みんなの青色申告」と「みんなの電子申告」のセットで電子申告が可能

「ソリマチみんなの青色申告」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

「ソリマチみんなの青色申告」ではユーザーが業種を選択すると、その業種で使用される勘定科目が自動的に設定され手間が省けます。

また、複雑な消費税も簡単な手順で設定でき、それに伴い消費税の申告区分や端数処理も自動的に設定されます。

また、取引先の情報をMoney Linkに登録すると電子明細の取引を適切な仕訳へと自動変換し記帳してくれます。
Money Linkとは、金融機関などの取引を管理し自動的に取り込むことができる無料のアプリケーションです。

これは取引の記録をビッグデータとし、それを基に仕訳を予測するAIによるものです。

「ソリマチみんなの青色申告」を起動するごとに新しい明細が追加されていきます。

そして、無料の「みんなの電子申告」をダウンロードすることで電子申告を行うことができます

ソリマチみんなの青色申告シリーズの口コミ・レビュー

みんなの青色申告シリーズのいいところは、勘定科目を自動設定することができるというところです。
それぞれの業種によってよく使う勘定科目が異なりますが、これを自動設定できるようになっているため非常に便利です。
いちいちチェックしなくても、ソフトを使えば自動でできるので面倒な作業から解放されました。

みんなの青色申告シリーズのMoneyLink機能はデータの取り込みだけではなく、仕訳までできるため有用です。
自分で申告書類を作るなんて自分には到底無理なことだと思っていましたが、ソフトのおかげで楽に書類作成ができました。

会計ソフトといえばソリマチといったイメージを持つ人は少なくありませんが、実際に使ってみるとさすがだと言わざる得なかったです。
23 人の方が役に立ったと言っています。
みんなの青色申告は、初めて自分で確定申告をする人におすすめだと聞いたので購入しました。
こういったソフトに疎い私であってもソリマチの名前は聞いたことがあったので、販売元がしっかりとした会社であるという点も購入をするうえでの材料になったかと思います。

みんなの青色申告はインストール型なのでその点が少々不満だったですが、実際に使ってみるとこれでよかったと思いました。
買い切り料金で自動取り込み機能が使えるので、得をした感があります。

また業種に応じてよく使われる勘定科目を自動設定できる機能があるため、便利です。
この機能があるのとないのとでは、処理スピードにかなりの差が出るのではないかと思います。
4 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチ会計王シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 40,000円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

中小事業者向けの税務会計ソフト

「ソリマチ会計王」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

海外にも進出しており、韓国(1987年設立)とベトナム(2005年設立)にも拠点があります。

ソリマチ株式会社は農業者向けのソフトに始まり、他にNPO法人介護事業者向けの製品も開発し販売しています。

「ソリマチ会計王」の特徴は、経営資料(分析を含む)から決算書まで、独自の帳票を内蔵していて、それら帳票を白紙に出力できる点にあります。

ソリマチ株式会社の基礎となる組織が税務会計事務所であり、ソリマチ会計王シリーズには税務会計事務所で積み上げられたノウハウが活かされています
独自の専用帳票もそのひとつで、これは画面上での見やすさを追求したものと言えます。

また、最新版「会計王19」シリーズでは取引のデータをビッグデータとしAIに予測させる「AI自動仕分」を搭載しています。

ソリマチ会計王シリーズの口コミ・レビュー

会計王は、サポートがとても充実しています。
会員専用のサービスなので、安心して利用でき助かりました。
導入しても使いこなせるかどうか心配だったのですが、操作方法が分からないときには専属のオペレーターが丁寧に教えてくれるのでほっとしました。

また助成金補助金診断ナビや書類作成文例や書式などの無料ダウンロードといったサービスもあり、役立っています。
会計王は都市銀行のみならずネット銀行や地方銀行の利用詳細を取り込むことができるので、非常に便利です。

加えて勘定科目の自動変換もできるため、手間が関わらず煩わしい作業をしなくても済むようになりました。
不具合が生じることがなく、使いやすいソフトだと思います。
17 人の方が役に立ったと言っています。
会計王の他に販売王、給料王を使用しています。
どのシリーズでも感心するのがサポート体制です。

電話もつながりやすい方だと思いますし、操作方法や実務的なことで不安な時は電話でサポートを受けています。
ソフトの操作方法だけではなく実務的な事でもしっかり回答が出ますので、感心するのは実務を結構知っているスタッフを揃えているということです。
いままで2年間使用していて何回もお世話になっていますが、どの方も聞きやすい雰囲気の方々ばかりでよく教育されています。

ソフトとしての機能も十分だと思います。
入力画面も見やすく色別されていますし疲れません。
検索機能や付箋機能も見やすく使いやすい方だと思います。
どんなに良いソフトでも使いこなせないソフトは駄目ですが、会計王はその点は本当に安心して使えます。
23 人の方が役に立ったと言っています。