会計ソフトの比較・口コミランキング

top image
会計ソフトHackへようこそ

会計ソフトHackは、国内で提供されている様々な会計ソフトの口コミを集めたサイトです。また、実際に管理人が利用してみた使いやすさ、レビューでの評価の高さ、レビューの内容など総合的に管理人が判断した上でおすすめのソフトもランキングしております。

会計ソフトについては、専門性が高いソフトであることから、しばらく使い込んでみないとその良さが分かりません。また、一度使ってしまうと、それぞれの会計ソフトで使い勝手が異なることから、乗り換えが難しいという難点があります。

そのため当サイトではこれから会計ソフト、青色申告ソフトを使う人のために、少しでも分かりやすい情報をまとめたり、実際にソフトを使った人に生の口コミを自由に投稿してもらうことで、お役に立ちたいと考えています。

サイトの運営については、極力客観的公平な判断を基していきたいと考えておりますが、会計ソフト選びは最終的には個々人の好みや状況もありますし、本サイトの情報は管理人の主観も排除できない部分がございますので、それらも踏まえた上で皆様に情報を役立てていただきたいと思います。

会計ソフト おすすめランキング

4.2 点 (255件)
freeeの画像

freeeの詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 個人事業主1,180円/月~ 、法人2,380円/月~(税抜)
ユーザ数 100万人以上(2018年3月時点)
運営会社 株式会社freee
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(プラン内料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 あり

クラウド会計ソフトシェアNo1、申告書形式の対応も最も多い

freeeは、Webブラウザから使えるクラウド会計ソフトではシェアNo.1の会計ソフトです。
経理の効率が50倍になるというコンセプトで、銀行のWeb口座や、クレジットカードからの自動同期や、複式簿記の知識がなくても簡単に経理ができる分かりやすいインターフェイスなどで、一躍有名になった会計ソフトです。人工知能を活用した自動仕訳も行ってくれます。

経理以外にも、クラウドの給与計算、クラウド請求書、モバイルアプリからの経理機能、マイナンバー管理、会社設立や開業に関する届出を簡単にできるシステムなど、会計ソフトと連携した様々な機能を、他社に先駆けてリリースしています。
拡張サービスの多くは、クラウド会計ソフトの中で一番最初にリリースしており、機能面では常にトップを走っています。

また、クラウド会計ソフト(個人事業向け)の中では、確定申告書第三表(株、FXでの申告に必要)、第四表(赤字の繰越のために必要)に唯一対応しており、セルフメディケーション税制、医療費控除新フォーマット、仮想通貨の確定申告にも対応。簡単な質問に答えていくだけで、専門知識がなくても申告書が作成できます。また、アプリでも会計処理ができ、税金の予測機能もついています。これらの申告書作成機能に関しては完全に頭一歩抜きん出ています。
さらに、唯一Windows・Macどちらでも電子申告ができるようになっています。

 

利用料金面では、基本的にクラウド会計ソフト郡の中では最低価格クラスに位置しており、金額面で割高ということはありません。チャットでのサポートも無償でついてきます。
特に、マイナンバー管理や請求書送付など、会計以外の複数の機能を利用する場合にはコストメリットが大きいでしょう。請求書もワンクリックで封筒で送付してくれるサービスを提供しており利用金額は業界最安値です。

意見が分かれるのがインターフェイスで、複式簿記に詳しくない人には非常に使いやすく評判になっている一方で、複式簿記に詳しい人には複式簿記の考えたかをそのまま当てはめにくく慣れが必要な点です。

総合的に判断すると、費用も抑えて複式簿記をマスターしていない人、申告書作成に関して一番機能が豊富なソフトを探している人におすすめの会計ソフトです。

 

>無料会員登録はこちら

>モバイルアプリのインストールはこちら

freeeの口コミ・レビュー

前職が小規模企業の経理部長をしていて、freeeの導入に関わりました。同業の導入企業では使いやすいという評判と使いにくいとバッサリ切り捨てられる方の2極化しているという印象です。

freeeは高品質のサービスを低価格で提供してくれるのが最大のメリットであると思います。
しかしながら問い合わせ窓口の担当者は会計をわからない人に丁寧に教えるというスタンスではないため、電話対応の評判は悪いです。

自分の場合は大企業の経理部で10数年の経験があり肝を抑えていたので初期の設定と日常の使用方法が簡単でかつ確定申告まで一気通貫というようにかなりスムーズにでき非常に満足しております。

悪い口コミをしている方は経理の知識が浅く、導入部分で躓いた人が多いと思われます。
去年に開業に初めて一人で青色申告をとの事で
freeeのアプリを使ってみました。
領収書を写真撮ると金額、日付、項目を
読み取ってくれ簡単に入力が出来ます、
スマートフォンで入力出来るので
パソコンが苦手な方でも使いやすいです。
訂正したり見やすいのは
パソコンの方がいいとは思います。

使い方や分からない事があってもQ&Aや
メールで問い合わせが可能で返信も早く助かりました。

たまにメルマガでいろんな情報が
送られてくるので自分に必要な情報だったり
こんな事もあるんだ!と知らなかった事を
知れたりと助かります。

知らなかったら損する事もありますし
ど素人すぎなのでいろんな情報は知識が増えたり
勉強になり嬉しいです。
月額払っても価値はあると思います。
2 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 980円/月~、9,600円/年~ (複数プランあり)
ユーザ数 40万人以上(2015年8月、以降非公開)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(別料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードの個人事業主向け会計ソフト。法人向けの「MFクラウド会計」に対して、個人事業主向けはMF確定申告という名称でサービスが提供されています。
家計簿ソフトで培った、全国の銀行やクレジットカードからの自動仕訳の強さが特徴です。
クラウドでの請求書や、給与計算など、様々なサービスと連携しています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の口コミ・レビュー

私はライター歴4年の個人事業主です。
初回の確定申告から「マネーフォワードクラウド確定申告」を利用しています。
初めての確定申告って分からないことばかりで、いろいろと調べる必要がありますね。
でも「マネーフォワードクラウド確定申告」なら、サイト内でのhowto情報が多いのはもちろんですが、ネット上に実際に利用した方の情報もたくさんあるから、とっても安心です。
またメールで問い合わせした際も、後日しっかりと返信してもらえたので、大変助かりました。
初めての確定申告でも、おすすめしたいサービスだと思います。

なお一カ月無料トライアルでお試しできるので、実際に使ってみてから契約することができるのも魅力的ですよ。
2 人の方が役に立ったと言っています。
2016年に青色申告で個人事業主の開業届を提出して以来、マネーフォワードクラウド確定申告にはお世話になっています。
簿記は職業訓練校で基本を習いましたが、実際に会計業務を行った経験はなかったので、始めて確定申告を行う時は自分でも本当にできるのか不安でした。

いくつかの青色申告ソフトや会計ソフトを調べて検討してみましたが、マネーフォワードクラウド確定申告は台帳の入力画面がシンプルかつ直感的で、これなら私でも失敗せずに会計業務と青色申告書類作成ができそうだと思い選びました。

実際に使用してみて、借方と貸方、勘定項目などが初心者でも分かりやすいように画面に配置されており、家計簿をつける感覚で簡単に入力することができました。おかげさまで日々の領収書入力もマメに行うことができ、確定申告の提出期限前に慌てることもなく、余裕を持って書類を提出し還付金を受け取ることができて感謝しています。
3 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)、機能限定無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 3,980/月~、35,760/年~ (複数プランあり)
ユーザ数 40万人以上(2015年8月)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac
サポート 訪問(有料のみ)、電話/メール/チャット
スマホアプリ iOS/Andoroid
会計以外の機能 請求書、経費精算、給与計算、マイナンバー(バリューパック)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードが満を持してリリースしたクラウド会計ソフトです。MFクラウド会計は、法人用の会計ソフトで、個人事業向けは、「MF確定申告」という別ブランドで提供されています。シェアNo.1のfreeeと同様、自動同期の機能や、クラウド請求書、給与計算など、ほぼ同水準の機能を提供しています。
インターフェイスは、普段から経理などの知識がある人にも使いやすい設計になっています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の口コミ・レビュー

毎年の2月と3月は言わずもがな確定申告のシーズンです。
確定申告のような面倒なイベントが一番嫌いなので、毎年憂鬱になっていたのですが、友人からお勧めされたマネーフォワードクラウド確定申告を利用し始めてからは、気分が沈むこともなくなりました。

マネーフォワードクラウド確定申告は法改正も自動で対応してくれるという信じられない機能が搭載されているので、毎年の法改正に関して気を配らなくて良くなりました。

ただでさえも基本的なルールが分かっていないのに、そのルールを毎年変えられてしまってはついていくことができるはずがありません。

同じようなことで悩んでいる個人事業主の方は少なくないと思います。そんな方にお勧めです。
5 人の方が役に立ったと言っています。
これまで自力で経費計算をしてきましたが、扱う数字が大きくなってきてこともあり限界を感じ始めていました。
そこで利用したのがこちらのマネーフォワードクラウドです。

マネーフォワードクラウドを選んだのはクラウドでデータを管理することができるからです。
以前、パソコンのデータがクラッシュしたことがあり、その際にデスクトップ上に保存していた領収書の電子データが全部消えてしまいました。

そのような体験をしてからは外付けのハードディスクに保存するようになりましたが、それでもやっぱり心配です。

マネーフォワードクラウドであればアップロードしてしまえばそのようなデータクラッシュの可能性がなくなるので、非常に安心して利用することができています。
3 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの青色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥12.000/年、セルフプラン¥8.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

 パッケージソフトでの個人事業主シェアが圧倒的な弥生が開発した、個人事業主向けの青色申告ソフトです。パッケージソフトのやよいの青色申告を踏襲した、使いやすいインターフェイスや、オンラインならではの、銀行、クレジットカードのオンライン同期機能が共存しています。
 全体的に、初心者でも使いやすいインターフェイスになっており、ベーシックプランを申し込むことで電話のサポートを受けることもできます
 現在、初年度すべての機能を無料で利用できるという非常にお得なキャンペーンを展開しており、複数の会計ソフトを比較する上でも、候補の一つとして使い勝手をためしてみるといいでしょう。


 freeeやMF確定申告に比べると、機能的には一部少ないところもあります。現在は、請求書、給与計算など拡張的な機能は提供されていません。とはいえ、主力の経理の部分は申し分なく、シンプルな経理の機能だけを使いたい事業主におすすめです。スマートフォンアプリも提供されています。
 また、弥生の知名度による対応できる税理士の多さや、初年度無料は魅力的です。また、今後機能的にも他のクラウド会計ソフトにキャッチアップしていくことが予想されます。

やよいの青色申告オンラインの口コミ・レビュー

事業を始めるにあたり初年度無償であり手軽なためやよいの青色申告オンラインを選択しました。
実際に利用してみるとWeb入力だけでなくスマートフォンのアプリケーションからも入力できるため日々の収入や経費を発生都度、場所に関係なく入力できるため、月末や年末に焦って入力などもなく、経理作業がかなり楽です。

確定申告の電子申告にも対応しているため、ここ2から3年は税務署へ行くこともなくかつ税金還付も素早く受けることができ便利です。

事業開始にあたり青色申告が難しいのではないかと不安でしたがやよいの青色申告オンラインのヘルプやサポートを活用することで特に問題なく進めることができています。

また専用コールセンターもあるため、分からないことは電話相談などが可能なため、会計、税務知識は最低限でも問題なく経理業務ができ便利です。
3 人の方が役に立ったと言っています。
やよいの青色申告オンラインを使用しました。
2018年に立ち上げた事業なのですが、2018年度はなかなか売り上げが上がらす、今年やっと青色申告をオンラインで行いました。

経理に関してはまったくの素人なので、いちいちわからなくて苦労したのですが、それでも一人でできたのはやよいオンラインがわかりやすかったからだと思います。

ただ、最初の設定で間違えてしまい、「(うろ覚えですが)譲渡所得を入力してください」という感じの項目からいっこうに先に進めなくなってしまい、確定申告の作業が一時期中断してしまいました。

最初の設定が間違っていたというのに一人で気が付けたからよかったですが、みたところサポートのようなものはなく少し困りました。
3 人の方が役に立ったと言っています。
3.9 点 (82件)

弥生会計オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥30.000/年、セルフプラン¥26.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有、業務相談(ベーシックプラン)
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトのトップ、弥生会計がリリースしたクラウド会計ソフトです。スマート取引取込で、銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、スキャンデータを取込、自動で仕訳を行えます。入力面でも、パッケージの弥生会計での経験を活かした使いやすいインターフェイスになっています。

 クラウド会計ソフトなので、ソフトは常に最新版を利用することができるためバージョンアップの作業が必要ありません。また、弥生会計の実績により対応税理士の数も多く、税理士とのやりとりもクラウドでリアルタイムで情報を共有することができるため、スムーズです。


 2016年末まで、初年度無料で利用できる、起業家応援キャンペーンを実施しているためじっくり機能を触って検討できるのも嬉しいです。スマートフォンのアプリも提供されています。今後、クラウド請求書、クラウド給与など、拡張機能のリリースが待たれます。

弥生会計オンラインの口コミ・レビュー

個人事業主で確定申告の時に使えるソフトを探していて、こちらを利用することにしました。
これまでいくつかの申告ソフトを利用しましたが、料金と質のバランスがいいのはやはりこちらのソフトです。

弥生会計オンラインは、経理関連のデータを読み取って自動で処理してくれたり、管理してもらえるので、手間が一切いらないのがよいところです。
これまで料金的に少し高いと感じていたので、無料ソフトなどを利用していたこともあるので、手間を考えると結局こちらを利用することにしました。

2ヶ月無料体験があるので、それをまずは使っていたのですが、とても便利でした。
2か月という長期でりようできるのもメリットです。画面も見やすく、スマホでも使えるので、外出先などでも操作可能です。
2 人の方が役に立ったと言っています。
勤めていた会社が弥生会計のパッケージ版を使っていて慣れていたので使ってみました。
外出先やカフェでも入力できるので忙しい時でも便利でした。
確定申告が初めてで不慣れでも簡単に提出書類が作成できました。

レシートや領収書などもデータを読み込んで勝手に仕分けてくれるので手間がかからず時間も節約できました。
ネガティブなことを言えばセルフプラン26000円が妥当なのかはわかりません。
もっと効率が良くて使いやすいソフトが安ければそっちにしたかもしれません。

ただ、パッケージ版では改正の都度バージョンアップする必要があったけれどオンラインはその必要がないので手間がかからないのは助かりました。また、スマホからも見れるので管理が楽です。
2 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの白色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥8.000/年、セルフプラン 永年無料
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有(ベーシックプラン)
スマホアプリ Android/iOS
会計以外の機能 やよいの青色申告オンラインへのデータ移行
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトで有名な弥生会計がリリースした、白色申告に特化した珍しい経理ソフトです。2014年1月からは、白色申告の記帳が義務化されたので、その貴重作業を簡単にするためのソフトです。年間の利用額もクラウドの青色申告ソフトにくらべ安価です。

2017年より、初期費用、月額利用ともに完全無料で基本的な機能が全て利用できるようにになりました。
※電話やメールなどの各種サポートが必要な場合は別途費用が必要です。

やよいの白色申告オンラインの口コミ・レビュー

やよいの白色申告オンラインは無料で使うことができます。そのため私自身も気軽に手を出してみたのですが「このクオリティのソフトを無料で使えるのか!」と驚愕しました。

何ができるのかと言えば、白色申告で必要なことは全て簡単にできます。
売上や経費を入力するだけであとはほぼ自動といっても過言ではなく、そこで入力したデータをもとに収支報告書と確定申告書Bが簡単にできあがります。手書きですと計算ミスが出たりしますが、これを使えばその心配はなく、書類に不備がでることもほとんどありません。

できあがった書類はそのままe-taxで送ることもできますし、郵送や窓口提出がしたければ印刷して送ることもできます。
このソフトを使うまでは、確定申告書類や収支内訳書を手書きで書いて税務署に提出していたのですが、一度これを使ったらもとに戻れなくなりました。
9 人の方が役に立ったと言っています。
やよいの白色申告オンラインには有料プランと無料プランがあります。
その状況だと、有料プランの方が何かと使いやすい機能が多いのではないか?と思うかもしれませんが、必ずしもそうではない気がしました。

実際、私はやよいの白色申告オンラインの無料プランを利用してみましたが、機能面に関して全く不満がなかったです。
無料プランでも確定申告の書類の作成にあたって必要となる機能、便利と感じる機能はおおよそ使えるため、全く問題がありませんでした。

無料だとサポートに関してのサービスが受けられないみたいですが、その辺に関して心配ない人であれば、有料プランの意味を感じづらいのではないか?と思うのです。
だから、やよいの白色申告オンラインを利用するときには無料プランと有料プランはしっかりと検討しないといけませんが、サポートがいらないという人に関しては無料プランで十分だと思います。
3 人の方が役に立ったと言っています。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ インストール型
料金 39,000円〜
ユーザ数 非公開
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windowsのみ対応
サポート メール/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

いわずとしれた、弥生会計のパッケージソフトです。PCにインストールする会計ソフトとしては圧倒的なシェアを持ちます。特に、事業規模の小さめの法人の利用が多く、全国のほとんどの税理士も弥生会計を使った会社の経理と連携が取れます。
パッケージソフトとして必要な機能は一通り完備されております。
電話などでのサポートを受けるためには、別料金が必要です。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の口コミ・レビュー

いろいろなソフトを併用しています。
やよいはプロフェッショナルですが、
自動で計算できるか、または多くの場合は初期値としていれておいてくれればいいようなものをわざわざ何度も入力させるような
ちょっと申し訳ないけども、ソフトは素人が作ったソフトみたいな感じです。

ユーザはシームレスにスマートに、できるだけ小さな動きでを期待しているのですが、1つのことやるのに5の手順を踏まないといけないようなことが多いです。(あくまで他のソフトと比較するとです)

機能が多いから使っている(使わざるを得ない)けども、ショートカット機能以外は、操作感が最悪です。
たぶん、申告書を作るのにもっとも時間が掛かるソフトだと思います。
一度使ってみるといいです。すぐにイラっとすることができます。
33 人の方が役に立ったと言っています。
弥生会計を15年使っています、15年間で何回かサポートセンターに電話しましたが毎回長時間繋がりません。
長い時は1時間近く待ちました。そのたびにどうにか早く繋がる様に改善をお願いしましたが毎回人員を増やして改善しますと言われるだけで、この15年間一行に改善されませんでした。

毎年高い保守料金を払っているにも関わらず、あんしん保守サポートと言うタイトルなのに・・・
他にも消費税が変更になった時に15万強掛かりました。
買った後で結構お金がかかります。
その説明はあまりされていない様です。もういいです。

近々別のメーカーに買替えを検討中です。サポート重視の方はよく考えた方がいいかも???です。参考になれば幸いです。
47 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの青色申告(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 12,000円、トータルプラン付き20,000円 
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows
サポート メール/電話(ベーシックプラン以上)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージソフトではシェアNo.1の弥生が提供する青色申告ソフト。利用者が多いことからWeb上での情報も豊富で、対応している税理士も多いです。
確定申告までに必要な要素はすべて完備されています。Web上での情報が多い反面、弥生からの電話などのサポートは別料金になっています。

やよいの青色申告(パッケージ)の口コミ・レビュー

やよいの青色申告オンラインを選んだ理由は、控除を受けたかったからです。
これまではずっと、控除を受けるには専門的な知識が必要だろうから自分には無理だろうと思っていました。
でもソフトを使って必要書類の作成をすれば、控除を受けることができました。
専門知識は不要で青色申告ができるのは、非常にありがたいです。
しかも1年間無料の申し込みがパソコンができるので、これ以上のものはないと思いました。

やよいの青色申告オンラインは自動仕訳機能が搭載されているため、仕訳が必要ありません。
スマートフォンの専用アプリを使って撮影をすれば、レシートや領収書のデータが入力される仕組みになっていて効率よく作業を進めることができました。
21 人の方が役に立ったと言っています。
勘定科目を選択する際にどれを選択すればよいのかを迷うことが多いですが、弥生会計では科目を選択する際にどういった用途の際に使うのかがカーソルを置くと出てくるので非常に助かっています。

都度都度、自分で調べる手間が省けるのでストレスなくスムーズに入力作業を進めていくことが出来ます。

面倒だと感じる点としては、個人事業の収入だけでなく株や投資信託の譲渡があり前年に損失を出し、翌期に繰り越していた場合その繰り越し控除が自動では計算されません。

自分で入力する必要があるため、どこにどの金額を入力しなければならないのかを調べる作業に思っていたよりも時間を要してしまいました。

帳簿の入力まではスムーズに出来ましたが、最終の提出段階で手こずってしまったのでもう少しサポート機能があるとさらに便利なソフトになるように感じています。
18 人の方が役に立ったと言っています。
4.4 点 (61件)

勘定奉行Jシリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 購入型80,000円、利用型40,000円/年
運営会社 株式会社オービックビジネスコンサルタント
対応OS Windows
サポート メール/FAX/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

勘定奉行シリーズは比較的規模が大きい事業者向けの印象がありますが、その勘定奉行が提供している小規模事業向けのシリーズです。会計の他、給与、販売、仕入れの4種類製品が提供されています。
勘定奉行Jシリーズも、会計ソフトのクラウド化にならい、奉行J Personalというクラウド化したソフトの提供もはじめています。

勘定奉行Jシリーズの口コミ・レビュー

会社の情報など初期設定が必要な項目の入力が面倒ですが一度設定すると後は自動で判断し会計処理を行うので機能としては良い点があります。

しかし、アップデートにより仕分けされるデータの種類が変化するなど問題もあり、仕分けのデータが変更された場合すべてのデータ処理を一度見直さないといけないなど問題もあり、古いデータと合わないデータがあるなどバックアップ機能を有しているはずなのにバックアップが正常に動作しないなど問題があります。

その為パッケージ版をアップデート前に戻して利用するなどをしなければならないなど整合性に問題があるように思えます。ちなみに古すぎる勘定奉行のデータは移行できず、一世代までのデータまでしか対応できないところを見ると他社と比較した場合動作に問題があるソフトなのかなと感じます。
3 人の方が役に立ったと言っています。
私はこれまで個人事業主として自分自身で確定申告を行ったり、経理の計算や給与の計算を行ってきました。
これもコストを軽減させる目的で自分で行っていましたがあまりにも時間がかかってしまい夜寝る時間もなくなる位に疲弊をしてしまう日々が続いていました。

このままでは自分の心身ともに壊れてしまうと思い、知人から青色申告ソフトの利用をすすめられました。
自分自身でどのような青色申告ソフトがあるのかと言うことをインターネットで調べたところたくさんの青色申告ソフトがありましたが、その中でも自分が利用しやすいと思うことができた申告ソフトこそがこの「勘定奉行Jシリーズ」だったのです。

具体的にどのような点が利用しやすかったのかと言う事ですが自分自身が行っている取引の数値化が簡単に行えたこと、会計管理を簡単に行ってもらうことによって自分自身の会社の運営状況がすぐさまわかるようになったこと、また決算や消費税申告をスムーズに行うようになった事と言う点がメリットであったと言えるでしょう。

その他にもさまざまなメリットはありますが、利用して良かったと思うことができた青色申告ソフトですので、ぜひ皆様も利用をお勧めします。

今まで自分が無駄にしてきた時間は何だったのかと言う位に時間短縮を行うことができるのです。
10 人の方が役に立ったと言っています。
3.9 点 (35件)

PCA会計シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 170,000円〜
運営会社 PCA株式会社
対応OS Windows
サポート サポートパートナーによるサポートあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 あり

クラウドで部門と部門をつなげ無駄を省くPCA会計シリーズ

ピー・シー・エー株式会社は1980年に設立されたコンピューターソフトの開発・販売を行うITベンダー企業です。

2018年1月現在でピー・シー・エー株式会社が提供する「PCAクラウド」の導入実績が1万法人を超えました。

PCAクラウドはピー・シー・エーの基幹業務クラウドサービスです。
このクラウドサービスでは1契約で1人から72人まで同時にアクセスできます

もともと中堅・中小企業を対象に立ち上げられましたが、現在では大企業にも対応できるようになりました。

「PCA会計シリーズ」はPCAクラウドサービスを利用するためのソフトです。
会計・販売管理・仕入在庫確認・給与・人事管理などのソフトをインターネットでPCからインストールして利用できます。
クラウド上での管理・運営はピー・シー・エーが契約するデータセンターが行っています。

PCA会計シリーズの特徴のひとつに病院を対象としたソフトがあります。
この「PCA医療会計DX」もPCAクラウドサービスを受けられますし、また、オンプレミスでも運用が可能となっています。

PCA会計シリーズの口コミ・レビュー

昔から使用しているという理由により、勤務している会計事務所のメインソフトになっています。

インストールマニュアルはPC管理者用かと思うほど難解なシステム用語で満ちているため、PC入れ替え時などは毎回苦労します。
同バージョンでも枝番が異なるとデータのやり取りが不可能という仕様の為、枝番の異なるクライアント様に合わせてそれぞれ別パソコンで対応しています。

ユーザーが少ないのかネット上に口コミ情報も少なく、ちょっとした不明点を自力で解決できず、いちいちサポートセンターに電話で問い合わせる面倒くささがあります。

自分で選択できるなら、決して選ばないソフトです。
価格も高いのでクライアント様にもおすすめしたくありません。
23 人の方が役に立ったと言っています。
評価0です。
WIN10に伴い、以前バージョンでは動かないため、最新ソフトに買い換えました。インストール後、データの移行も済み、入力を始めたところ、プログラムの強制終了多発。

再インストールしなおしても症状が変わらなかったため、サポートに電話しようと思ったが、サポートの電話番号の記載はない。
仕方なく会社の代表電話へ。
そしたら、サポートはすべて有料とのこと。

CDの初期不良とか、そういった類の相談もできないんですか??
と尋ねたところ、サポートはすべて有償の一点張り。

導入後、1年経過後の有償とかなら理解できるし、話にもなるのですが、この対応だと初期不良もすべて認めないことになる。
メーカーとしてあり得ない。

今更返品できるか問い合わせたところ・・・
「販売店に相談してください。弊社が販売したわけではありませんから」注)原文

消費者センターレベルの対応ですよ?
といったところ・・・
「そう思うなら相談してください」注)原文

ちなみに、会社の方針だそうです。
あり得ない対応でした。

税理士がこぞってすすめてきますし、税理士は申告書類が作りやすいそうですが、一般ユーザーへの対応は評価に値しない会社です。
16 人の方が役に立ったと言っています。

JDL IBEX会計シリーズ の詳細情報

無料体験版 なし
タイプ インストール型
料金 123,120円
運営会社 株式会社日本デジタル研究所
対応OS Windows
サポート サポートデスクあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

コンピューターメーカーが作る会計に特化した業務を改善するソフト

「JDL IBEX 会計」は株式会社日本デジタル研究所が開発・販売する、会計事務所や企業に特化した会計ソフトです。

日本デジタル研究所は1968年に設立され1991年に東証二部上場、1995年に東証一部に指定替えし
2017年からはマネジメント・バイアウトにより非上場企業となっています。

日本デジタル研究所は、多種多様な顧問先に適した自社のソリューションを組み合わせて活用することにより、会計事務所での業務効率化を提案しています。

JDL IBEX会計は実務者に合わせて入力方式(仕訳形式・出納帳形式・振替伝票形式)が選べるのが特徴です。

また、画面の切替がスムーズで、元帳画面を訂正すると、訂正されたデータが更新されて他の帳簿にダイレクトに反映されます。

そして、本社・支社または顧問である会計事務所との間を結ぶ「ネット会計」にも対応しており、モバイル機器からの遠隔操作で場所を選ばずに仕事をこなすことができます。

JDL IBEX会計シリーズ の口コミ・レビュー

私は10年ほどJDLを使用しています。
そこで、他ソフトと比べて2点気になるところがありますので、そちらをご紹介したいと思います。

一点目は、「諸口入力の謎」通常、他ソフトだと伝票形式での入力がほとんどだと思います。

借方 現金  1000   売掛金 500
貸方 売上  1500

こんな形を伝票で入力し、残高が一致していれば登録し、次に進むというやり方です。
そして、総勘定元帳を見たときに、売上の相手勘定が諸口となります。

しかし、JDLは違います。
伝票ではなく行で入力していきます。
上記仕訳を具体書くと、下記のようになります。

現金 1000 諸口 1000
売掛金500 諸口500
諸口 1500 売上 1500

そのため、経理初心者がJDLで入力をすると、貸借が合わないことが多々生じます。。

入力するスピード自体は早い方法だとは思いますが、なぜこのような方法を採用したのか理由が知りたいなあ、と思いながら、これからも使って行こうと思います。
33 人の方が役に立ったと言っています。
他の方も書いてますが酷いですね。失笑するレベル。これをずっと使えと言われたら転職考えるレベル

振替伝票入力の例だと、、、

・タブで移動するけど、Shift-Tabで戻れない。マウスクリックが必要。笑
・複写機能は便利ですが、ショートカットキーやファンクションキーが割り当てられてないので、一度キーボードから手を話してマウス押下するしかない。
・複写後に金額を編集するのに、ショートカットなし。F2で編集したい。マウスクリックが必要。
・複写や定形入力で金額だけ変更したい場合に借方金額を入力するのは仕方ないですが、貸方まで入力する必要ある? 自動的に一致させるかショートカットがほしい

一言でいうと昭和世代のクソソフトですwww
42 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチみんなの青色申告シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 9,800円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

「みんなの青色申告」と「みんなの電子申告」のセットで電子申告が可能

「ソリマチみんなの青色申告」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

「ソリマチみんなの青色申告」ではユーザーが業種を選択すると、その業種で使用される勘定科目が自動的に設定され手間が省けます。

また、複雑な消費税も簡単な手順で設定でき、それに伴い消費税の申告区分や端数処理も自動的に設定されます。

また、取引先の情報をMoney Linkに登録すると電子明細の取引を適切な仕訳へと自動変換し記帳してくれます。
Money Linkとは、金融機関などの取引を管理し自動的に取り込むことができる無料のアプリケーションです。

これは取引の記録をビッグデータとし、それを基に仕訳を予測するAIによるものです。

「ソリマチみんなの青色申告」を起動するごとに新しい明細が追加されていきます。

そして、無料の「みんなの電子申告」をダウンロードすることで電子申告を行うことができます

ソリマチみんなの青色申告シリーズの口コミ・レビュー

起業時に税理士さんが勧めてくれたのがキッカケで導入したみんなの青色申告シリーズ。当時全く簿記が出来なかったのですが、これを使う事で青色申告をして青色申告控除が出来ています。

借方と貸方すらわからなかった私なんですが、これを使えば勘定科目に沿ってあっさりと入力完了。見た目もスッキリしていますので使っていて迷うことはありません。

また、通信費など毎月定額発生する事柄についてはポチっとクリック一つで計上できるという便利機能もありますし、勘定科目も自分の仕事に合った名称変更が出来ますのでカスタマイズ能力もかなりありますよ。

そして初めての方には難しい決算書類もワンタッチであっという間に印刷できますので、確定申告の時の面倒な作業は大幅にカットできます。
誰でも簡単に青色申告が出来ますので、簿記苦手な方もこれならオススメですよ。
10 人の方が役に立ったと言っています。
私ひとりの個人店にて中古CDをメインとしたリサイクル店で使用していたのですが、安価の商品ですがある程度の機能は備えているので小規模であれば十分使えるソフトであると思います。

例えば私の場合は細かい仕訳が多い業種なので勘定科目ごとに数値化されてその数値を入力するだけで勘定科目が出る機能は使えます。
ひとつ加えてほしい機能があって摘要欄(取引の内容を記載する場所)も勘定科目と同じく数値化されて数値を入力したらその登録されている用語が出てくる機能があればよかったなと思います。

また、私には必要なかったり面倒なので使うことはなかったのですが経費を部門別に分けたりすることや固定資産の管理などある程度知識がある向けの機能もたくさんあるようなのである程度の大きい規模の会社でも使えそうなソフトだと思います。
14 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチ会計王シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 40,000円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

中小事業者向けの税務会計ソフト

「ソリマチ会計王」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

海外にも進出しており、韓国(1987年設立)とベトナム(2005年設立)にも拠点があります。

ソリマチ株式会社は農業者向けのソフトに始まり、他にNPO法人介護事業者向けの製品も開発し販売しています。

「ソリマチ会計王」の特徴は、経営資料(分析を含む)から決算書まで、独自の帳票を内蔵していて、それら帳票を白紙に出力できる点にあります。

ソリマチ株式会社の基礎となる組織が税務会計事務所であり、ソリマチ会計王シリーズには税務会計事務所で積み上げられたノウハウが活かされています
独自の専用帳票もそのひとつで、これは画面上での見やすさを追求したものと言えます。

また、最新版「会計王19」シリーズでは取引のデータをビッグデータとしAIに予測させる「AI自動仕分」を搭載しています。

ソリマチ会計王シリーズの口コミ・レビュー

ソリマチ会計王シリーズに関しては、利便性と使いやすさの点が特徴だと感じました。
この会計ソフトに関しては、利用明細をそのまま取り込むことができ、自動的に入力される機能があります。

この機能は本当にありがたいなと感じており、何よりも手間の削減になるのが大きいなと思ったのです。
そして、自動で入力されるために、手作業でやるときの入力ミスが発生しないのが良いと思いました。
入力ミスをしないか?という部分に今までは割と気を遣っていましたから、そこで労力が減ったのは大きいと評価できます。

このソリマチ会計王シリーズを実際に使ってみて、会計に関して素早く簡単に処理ができたため、本当に優れた特徴を持っているソフトだなと感じられました。
7 人の方が役に立ったと言っています。
私の実家は中小企業を経営しており、新たなソフトで会計を整理すべきだと思った時、ソリマチ会計王シリーズに出会いました。
このソリマチ会計王シリーズのいいところは無料体験版があり、どのようなものなのかを把握してから購入することができた点です。

使う時に1番大切にしていたのは、とにかく使いやすくシンプルなところでした。
前まで利用していたものは少しごちゃごちゃしており、利用明細を記入するのが大変不便に感じており、事務仕事がなかなか進まないという現象が起きていました。

しかしソリマチ会計王シリーズを利用し始めた結果利用明細をそのまま取り込むことができ、事務仕事の時間短縮に成功し別のことに時間を回せるようになりました。
4 人の方が役に立ったと言っています。