会計ソフトの比較・口コミランキング

top image
会計ソフトHackへようこそ

会計ソフトHackは、国内で提供されている様々な会計ソフトの口コミを集めたサイトです。また、実際に管理人が利用してみた使いやすさ、レビューでの評価の高さ、レビューの内容など総合的に管理人が判断した上でおすすめのソフトもランキングしております。

会計ソフトについては、専門性が高いソフトであることから、しばらく使い込んでみないとその良さが分かりません。また、一度使ってしまうと、それぞれの会計ソフトで使い勝手が異なることから、乗り換えが難しいという難点があります。

そのため当サイトではこれから会計ソフト、青色申告ソフトを使う人のために、少しでも分かりやすい情報をまとめたり、実際にソフトを使った人に生の口コミを自由に投稿してもらうことで、お役に立ちたいと考えています。

サイトの運営については、極力客観的公平な判断を基していきたいと考えておりますが、会計ソフト選びは最終的には個々人の好みや状況もありますし、本サイトの情報は管理人の主観も排除できない部分がございますので、それらも踏まえた上で皆様に情報を役立てていただきたいと思います。

会計ソフト おすすめランキング

4.5 点 (107件)
freeeの画像

freeeの詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 個人事業主1,180円/月~ 、法人2,380円/月~(税抜)
ユーザ数 100万人以上(2018年3月時点)
運営会社 株式会社freee
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(プラン内料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 あり

クラウド会計ソフトシェアNo1、申告書形式の対応も最も多い

freeeは、Webブラウザから使えるクラウド会計ソフトではシェアNo.1の会計ソフトです。
経理の効率が50倍になるというコンセプトで、銀行のWeb口座や、クレジットカードからの自動同期や、複式簿記の知識がなくても簡単に経理ができる分かりやすいインターフェイスなどで、一躍有名になった会計ソフトです。人工知能を活用した自動仕訳も行ってくれます。

経理以外にも、クラウドの給与計算、クラウド請求書、モバイルアプリからの経理機能、マイナンバー管理、会社設立や開業に関する届出を簡単にできるシステムなど、会計ソフトと連携した様々な機能を、他社に先駆けてリリースしています。
拡張サービスの多くは、クラウド会計ソフトの中で一番最初にリリースしており、機能面では常にトップを走っています。

また、クラウド会計ソフト(個人事業向け)の中では、確定申告書第三表(株、FXでの申告に必要)、第四表(赤字の繰越のために必要)に唯一対応しており、セルフメディケーション税制、医療費控除新フォーマット、仮想通貨の確定申告にも対応。簡単な質問に答えていくだけで、専門知識がなくても申告書が作成できます。また、アプリでも会計処理ができ、税金の予測機能もついています。これらの申告書作成機能に関しては完全に頭一歩抜きん出ています。
さらに、唯一Windows・Macどちらでも電子申告ができるようになっています。

 

利用料金面では、基本的にクラウド会計ソフト郡の中では最低価格クラスに位置しており、金額面で割高ということはありません。チャットでのサポートも無償でついてきます。
特に、マイナンバー管理や請求書送付など、会計以外の複数の機能を利用する場合にはコストメリットが大きいでしょう。請求書もワンクリックで封筒で送付してくれるサービスを提供しており利用金額は業界最安値です。

意見が分かれるのがインターフェイスで、複式簿記に詳しくない人には非常に使いやすく評判になっている一方で、複式簿記に詳しい人には複式簿記の考えたかをそのまま当てはめにくく慣れが必要な点です。

総合的に判断すると、費用も抑えて複式簿記をマスターしていない人、申告書作成に関して一番機能が豊富なソフトを探している人におすすめの会計ソフトです。

 

>無料会員登録はこちら

>モバイルアプリのインストールはこちら

freeeの口コミ・レビュー

確定申告用です。簿記は習いましたがはるか昔であまり覚えていないので、とにかく簡単なものを求めた結果、たどり着きました。
どこに何を入れればいいのか、とてもわかりやすくなっているのが魅力です。

簿記を学んできた人には逆に分かりづらい、やりにくいと聞いていましたが、私ほど忘れていると全く違和感なくできるのだなと思いました。

たしかに、簿記っぽくないというか、独特の形式なのでここで入力方法を覚えても他では使えなさそうです。

電話サポートはなかったけれど、普通にメールで返信してもらえるためそのあたりは気になりませんでした。

ただサポートはあくまで使い方の質問に答える感じで、可もなく不可もなくといった感じです。
他のソフトと共通する部分が少ないため、一度お試しで合うか判断してもらったほうが良いのではと思います。
9 人の方が役に立ったと言っています。
長年のサラリーマン生活を終え、ようやく自由な時間の使い方にも慣れ始めました。
と、思っていたら、前職場から送られてきた源泉徴収票を皮切りに、生命保険会社などからの年末調整に使う証明書のハガキが来る時期がやってきました。

今までは年末調整の時期が来れば、会社の総務課に証明書を提出するだけの作業だったのが、今度の年明けになれば自分自身で確定申告をしなければなりません。
毎年、確定申告の時期になると、税務署の前の道路が大渋滞していたことを思い出し、あの列に自分が並ばなければならないと思うと憂鬱でした。

が、以前、オンラインで確定申告ができると聞いたような気もして、ネットで検索してみると、オンラインで確定申告ができるだけではなく、さまざまなソフトが開発され、誰でも簡単にできるとのこと。
幾つかのソフトの中から、「誰でも確定申告ができる」を全面に打ち出してあった(ように思えた)「freee」という会計ソフトを登録して使ってみることにしました。

まずはアドレスを登録して送られてきたメールを読むと、30日間は無料で使えるとのこと。30日以内であれば、まぁ、なんとかできるだろうと思い使ってみました(ちなみに30日経った後は、月1200円程度らしいです)。

使ってみた感想は、驚くほど簡単。
本来は、会計ソフトがメインのような感じで、確定申告についても会社向けに作られているようでしたが、それを個人の確定申告だけに使うので、正直言って、少しもったいない感じもあります。

肝心の作業内容は、ただ質問に応えて入力していくだけで、これなら本当に誰でもできます。
作業時間も正味時間にすれば30分もかからず、確定申告って、こんなにも簡単だったのかと感心してしまいました。
6 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 980円/月~、9,600円/年~ (複数プランあり)
ユーザ数 40万人以上(2015年8月、以降非公開)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(別料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードの個人事業主向け会計ソフト。法人向けの「MFクラウド会計」に対して、個人事業主向けはMF確定申告という名称でサービスが提供されています。
家計簿ソフトで培った、全国の銀行やクレジットカードからの自動仕訳の強さが特徴です。
クラウドでの請求書や、給与計算など、様々なサービスと連携しています。

マネーフォワード クラウド 確定申告(MFクラウド確定申告)の口コミ・レビュー

メリット…銀行口座やクレジットカードを連携させておけば、ある程度自動で帳簿に仕訳されます。
最終的な確認作業は必要ですが、普段はほぼ放置状態でもデータをどんどん取り込んでくれますので、簿記の知識が無い方でも使いやすいです。

手動で仕訳する場合でもAIチャットボットの質問機能で大抵の場合解決します。
最近は税制改正頻度が多くなりその度に申告する内容が変わったりするのですが、クラウド型で常に最新のバージョンで利用できるのも助かっています。

請求書や納品書も全てクラウド上で作成管理できますので、普段の事務作業が格段に効率良く行えるようになりました。

デメリット…口座やクレジットカード情報を取り込む時に若干動きが遅くなったり固まったりすることがあります。最初はパソコンのスペック不足かと思いましたが、連携時の通信による影響でした。

自動仕分け機能は完璧ではなく最終確認で手動振り分けが必要なので、簿記の知識は必須だと思います。
手動で仕訳するとその後は正しく自動仕分けしてくれるようになるの、使いこなしていくほど精度が上がるソフトです。
8 人の方が役に立ったと言っています。
マネーフォワードクラウド確定申告を利用しようと思った理由は、会社の先輩で副業している人に勧められたからです。
「自分で経理や会計をすると大変だから、会計ソフトや確定申告ソフトを利用した方が楽」と言われたので、ネットで調べて口コミが良かった「マネーフォワードクラウド確定申告」を導入しました。

マネーフォワードクラウド確定申告を利用して良かった点は、「取引明細データの取得や仕訳を自動で行ってくれる」ところです。
銀行口座やカードの登録することで、取引明細を自動で取得してくれます。
手での入力ではミスも多くあったり、時間がなくて後回しにしていた帳簿記入も、このソフトを利用すればあっという間でした。

個人的にはおすすめできる確定申告ソフトだと感じています。
17 人の方が役に立ったと言っています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)、機能限定無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 3,980/月~、35,760/年~ (複数プランあり)
ユーザ数 40万人以上(2015年8月)
運営会社 株式会社マネーフォワード
対応OS Windows/Mac
サポート 訪問(有料のみ)、電話/メール/チャット
スマホアプリ iOS/Andoroid
会計以外の機能 請求書、経費精算、給与計算、マイナンバー(バリューパック)
電子申告機能 なし

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードが満を持してリリースしたクラウド会計ソフトです。MFクラウド会計は、法人用の会計ソフトで、個人事業向けは、「MF確定申告」という別ブランドで提供されています。シェアNo.1のfreeeと同様、自動同期の機能や、クラウド請求書、給与計算など、ほぼ同水準の機能を提供しています。
インターフェイスは、普段から経理などの知識がある人にも使いやすい設計になっています。

マネーフォワード クラウド(MFクラウド 会計)の口コミ・レビュー

マネーフォワードクラウドを利用して「会計処理がとても楽になった」のがとても良いところだと感じています。
マネーフォワードクラウドを利用するまで、手書きで紙に収入や支出を項目ごとに書き込んでいました。
仕事をしながら会計処理するのは面倒に感じ後回しにしていると、確定申告の時などに慌ててしなくてはならず、大変でした。

しかし、マネーフォワードクラウドを利用するようになってからは、収入や支出を入力するだけで項目ごとや月別に自動で計算してくれ、前月との比率まで表で出てきてくれるのでとても便利です。

銀行明細やクレジットカードなどの取引データなど、レシートや領収書のスキャンデータを取り込むだけで自動で仕訳してくれるので、今まで苦労していた会計処理がウソのように楽になり、マネーフォワードクラウドを導入して良かったなと感じています。
8 人の方が役に立ったと言っています。
無料体験があったので利用してみたところ、とても使い勝手が良かったのでその後も継続して利用しています。

会計ソフトや給与計算ソフトなどが連携することで、手入力する必要がなくなり効率よくなったし無駄な作業がないので本来の業務に集中することができて良いなと感じました。
取引明細のデータを自動で取得することができたり、売上のレポートの作成も自動で行ってくれるなどたまに感じることが全然ないのがありがたいです。

いろんな端末からアクセスすることができるので、情報の共有化につながって予期せぬ行き違いのリスクも無くなるし、外出先からでも気軽にアクセスすることができるので便利でした。
導入して作業効率化につながったのでありがたいです。
8 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの青色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥12.000/年、セルフプラン¥8.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

 パッケージソフトでの個人事業主シェアが圧倒的な弥生が開発した、個人事業主向けの青色申告ソフトです。パッケージソフトのやよいの青色申告を踏襲した、使いやすいインターフェイスや、オンラインならではの、銀行、クレジットカードのオンライン同期機能が共存しています。
 全体的に、初心者でも使いやすいインターフェイスになっており、ベーシックプランを申し込むことで電話のサポートを受けることもできます
 現在、初年度すべての機能を無料で利用できるという非常にお得なキャンペーンを展開しており、複数の会計ソフトを比較する上でも、候補の一つとして使い勝手をためしてみるといいでしょう。


 freeeやMF確定申告に比べると、機能的には一部少ないところもあります。現在は、請求書、給与計算など拡張的な機能は提供されていません。とはいえ、主力の経理の部分は申し分なく、シンプルな経理の機能だけを使いたい事業主におすすめです。スマートフォンアプリも提供されています。
 また、弥生の知名度による対応できる税理士の多さや、初年度無料は魅力的です。また、今後機能的にも他のクラウド会計ソフトにキャッチアップしていくことが予想されます。

やよいの青色申告オンラインの口コミ・レビュー

個人で収益不動産を購入して、個人事業主として青色申告するために利用しています。
帳簿付けは手入力をはじめ、クレジットカードなどと連携することで自動的に付けることができますのでかなり負担が少なくなると思います。

また、レシートを読み込んで自動で付けてくれるサービスがあるのが便利でした。ただ、読み込みの品質がイマイチなので修正は必要になると思います。

手入力も難しくなく、複式簿記による仕分けも自動的に行われますので、簿記の知識がなくても問題ないかと思います。
年の途中でもPLやBSが見れるので、事業の状況が分かるのも楽しいです。

入力が分からない時はプランにもよりますが、サポートにチャットでリアルタイムて質問できますので安心して入力できます。
5 人の方が役に立ったと言っています。
やよいの青色申告オンラインでは、会計の事を知らない、興味のない私でも簡単に入力作業が出来ました。

かんたん取引入力があるので、勘定項目も例えば「現金で電気代を支払った」を選択すれば「水道光熱費」の勘定項目になりますので、あとは金額を入れるだけです。
毎月使用している項目は決まっているので、作業していくうちにかんたん取引なしで入力出来るようになると思います。
またPC2台まで登録可能ですので、事務所のPCでも自宅のPCでも入力が出来ます。
前年までは会計事務所さんに会計を見ていただいたので、クラウドでデーターを共有し修正していただいていたのでとても便利でした。

決算報告の確定申告からe-tax申請までソフトで出来るので、今年は全て自分で申請する予定です。
ひと通り確定申告の作成画面を使用してみましたが、決算・申告書を作成する画面では不備がある場合には
お知らせが出るので安心だと思いました。
8 人の方が役に立ったと言っています。
4.4 点 (17件)

弥生会計オンラインの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(最大2カ月)
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥30.000/年、セルフプラン¥26.000/年
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有、業務相談(ベーシックプラン)
スマホアプリ android/iOS
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトのトップ、弥生会計がリリースしたクラウド会計ソフトです。スマート取引取込で、銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、スキャンデータを取込、自動で仕訳を行えます。入力面でも、パッケージの弥生会計での経験を活かした使いやすいインターフェイスになっています。

 クラウド会計ソフトなので、ソフトは常に最新版を利用することができるためバージョンアップの作業が必要ありません。また、弥生会計の実績により対応税理士の数も多く、税理士とのやりとりもクラウドでリアルタイムで情報を共有することができるため、スムーズです。


 2016年末まで、初年度無料で利用できる、起業家応援キャンペーンを実施しているためじっくり機能を触って検討できるのも嬉しいです。スマートフォンのアプリも提供されています。今後、クラウド請求書、クラウド給与など、拡張機能のリリースが待たれます。

弥生会計オンラインの口コミ・レビュー

個人事業を始めた際、少しでも経費を節約するためにしっかり自分で会計を行うことにしました。
それまでは、30年間くらい家計簿を付けていたし、簿記もさわりくらいは知っていたため、検討した結果、弥生会計のオンラインを購入しました。

インストールや各種設定は、パソコンを使いなれている人だと、わからないところをマニュアルで確認するだけで簡単にできます。
日々、入出金を科目ごとにきちんとシステムに入力していたら、仕分けや元勘定などを自動で作成してくれます。
よって、青色申告の際は、特にバタバタと準備する必要もありませんでした。

また、使い方がわからなかった時は、オンライン上で質問したら早ければ数時間、遅くとも翌日には何かしらの回答をもらえたのは助かりました。
契約内容では、チャットサービスもありますので、即回答を求める人はこちらを利用されると良いでしょう。
23 人の方が役に立ったと言っています。
個人事業を立ち上げたとき、本システムをオンライン購入しました。長年家計簿を付けているので、簡単な収支はできるため何とかなると思っていました。
日々の収支は問題ないのですが、ちょっと操作が思うようにいかない時は、ヘルプ機能で同じような問題を見つけて対応していました。しかし、それでも解決できないときはメッセージで質問です。遅くても翌日には回答をもらえていたので、助かりました。
また、確定申告前は、必要なデータを思ったよりも簡単に作成できました。手作業だと時間もかかるし、計算間違いも心配ですが、システムだと早くて正確なので安心です。申告も一度で
パスできました。
ただ、オンラインなのでWifiよりもLAN接続をおすすめします。通信環境が悪いときは、イラッとすることがあります。
31 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの白色申告オンラインの詳細情報

無料体験版 無料プランあり
タイプ クラウド型
料金 ベーシックプラン¥8.000/年、セルフプラン 永年無料
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows/Mac
サポート メール/チャット/電話/画面共有(ベーシックプラン)
スマホアプリ Android/iOS
会計以外の機能 やよいの青色申告オンラインへのデータ移行
電子申告機能 なし

パッケージ会計ソフトで有名な弥生会計がリリースした、白色申告に特化した珍しい経理ソフトです。2014年1月からは、白色申告の記帳が義務化されたので、その貴重作業を簡単にするためのソフトです。年間の利用額もクラウドの青色申告ソフトにくらべ安価です。

2017年より、初期費用、月額利用ともに完全無料で基本的な機能が全て利用できるようにになりました。
※電話やメールなどの各種サポートが必要な場合は別途費用が必要です。

やよいの白色申告オンラインの口コミ・レビュー

「かんたん取引入力」を利用すればそれほど苦労することなく売り上げ入力ができます。
日々行うものですので、簡単に直感的に入力できるのは良いです。

シンプルな入力画面なので特別迷うようなところはないと思います。
企業だと入力項目が多すぎて大変かもしれませんが、私のようにフリーランスの場合は「かんたん取引入力」なら毎日入力してもそれほど苦ではありません。支出も同様です。

確定申告に必要な収支内訳書の作り方はド素人の私でも迷う事はなかったです。
基本的に質問に答えていくだけでどんどん進んでいきますので、途中で何か分からなくなってネットなどで意味を調べてというようなことはなかったです。
それくらい簡単なので、確定申告で苦労する事が多いというフリーランスの人には得におすすめする事ができます。
22 人の方が役に立ったと言っています。
個人用と事業用の両方で使えるのも魅力です。家賃や水道光熱費、ガソリン代、インターネット料金などの費用を経費計上する際には按分をすることになります。

これが作業効率を低下させる要因になるケースもあるのですが、これには家事按分を簡単に行える機能が備わっているから安心できました。

家事按分をしないと、収支内訳書を作成できないので、否が応でも必要な作業です。
確定申告メニューの収支内訳書の作成で行えました。
なので、取引の入力時に家事按分を意識する必要もなくなりました。
家賃や水道光熱費など、支払った分をそのまま入力しておけば、最後に個人用と事業用に区別できます。

他にも、基本的な機能がしっかり入っているから使いやすいです。
9 人の方が役に立ったと言っています。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ インストール型
料金 39,000円〜
ユーザ数 非公開
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windowsのみ対応
サポート メール/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

いわずとしれた、弥生会計のパッケージソフトです。PCにインストールする会計ソフトとしては圧倒的なシェアを持ちます。特に、事業規模の小さめの法人の利用が多く、全国のほとんどの税理士も弥生会計を使った会社の経理と連携が取れます。
パッケージソフトとして必要な機能は一通り完備されております。
電話などでのサポートを受けるためには、別料金が必要です。

弥生会計シリーズ(パッケージ)の口コミ・レビュー

最近ではクラウド会計ソフトが流行っていますが、弥生は自分でインストールをしてから使用するタイプの会計ソフトです。

ソフトを立ち上げてから操作をする特性から、動作がとても軽くて、非常にテンポ良く作業をすることができるため、ストレスがありません。

弥生独自のショートカットキーが用意されており、慣れてくればマウスの操作をしなくても入力作業ができるようになるので、使い込むほどに便利さが増します。

また、サポートセンターのフォローがかなり手厚いため、初めて会計ソフトを使うという企業にも感心して勧める事ができます。

私の勤める会社でもサポートセンターにはかなりお世話になりましたが、いつでも親切丁寧に説明してくれるので、気分も良いです。
87 人の方が役に立ったと言っています。

やよいの青色申告(パッケージ)の詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 12,000円、トータルプラン付き20,000円 
運営会社 弥生株式会社
対応OS Windows
サポート メール/電話(ベーシックプラン以上)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

パッケージソフトではシェアNo.1の弥生が提供する青色申告ソフト。利用者が多いことからWeb上での情報も豊富で、対応している税理士も多いです。
確定申告までに必要な要素はすべて完備されています。Web上での情報が多い反面、弥生からの電話などのサポートは別料金になっています。

やよいの青色申告(パッケージ)の口コミ・レビュー

現在も継続的に弥生の青色申告を使わせていただいております。他の無料のソフトも使わせていただいたのですが、レシートの枚数制限が極端に少なすぎて大きな出費がない限りはあまり意味がないと思いました。

それであれば、弥生なら年間5000円程度でレシートも無制限なので無料のものでやっていくより断然、節税ができると思います。

僕は1番安いプランでやっておりますがそれでも充分なサポート、レポートの種類があるので重宝しています。

確定申告の時期が近づいてくると、それに沿った案内(書類の作成の仕方、書き方など)や、今年に関しては持続化給付金の申請の仕方や説明などのメールが届きますので大変助かっております。

これからも引き続き使わせていただきます。
119 人の方が役に立ったと言っています。
やよいの青色申告は分かりやすい。
まず、見やすいです。トップページにあたるクリックナビゲーターにはイラスト付きのアイコンがあり、その時にしたい作業がすぐ分かるよう表記されています。

日々の仕分けには『仕分け日記帳』を使いますが、これが本当に日記を書く感覚で帳簿を記入できます。
ある程度、簿記の知識があれば問題なく使いこなせるソフトです。

もちろん、知識がなくてもHPなどで動画説明があるので1から勉強ができるのもおすすめポイントです。
決算時期や確定申告の時期にはこの動画説明は大変助かります。

初めて自分で確定申告をしてから10年ほど使用していますが、プランもシンプルなプランからサポートが手厚いプランまであるので自分のレベルに合わせて選べるのも嬉しいポイントです。
73 人の方が役に立ったと言っています。
4.5 点 (19件)

勘定奉行Jシリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 購入型80,000円、利用型40,000円/年
運営会社 株式会社オービックビジネスコンサルタント
対応OS Windows
サポート メール/FAX/電話
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

勘定奉行シリーズは比較的規模が大きい事業者向けの印象がありますが、その勘定奉行が提供している小規模事業向けのシリーズです。会計の他、給与、販売、仕入れの4種類製品が提供されています。
勘定奉行Jシリーズも、会計ソフトのクラウド化にならい、奉行J Personalというクラウド化したソフトの提供もはじめています。

勘定奉行Jシリーズの口コミ・レビュー

勘定奉行Jシリーズは、他の会計ソフトに比べても値段が安く、シンプルで使いやすいと感じています。
試算表から決算報告書まで自動作成できるので、機能面においても良いですし、操作がわからないことがあっても、図解のマニュアルを参考にしたり、ヘルプ機能が付いているので利用すると大抵のことは解決することができるので使いやすいです。

操作性がシンプルで直感的に操作することができ、画面もとても見やすくなっていて、決められた場所に数字を入力するだけで良いのがわかりやすくて良いと感じています。

勘定奉行Jシリーズは無料で使える期間があるため、自分に合っているかどうか確認をしたうえで導入することができるので、試してみるにはおすすめの会計ソフトです。
28 人の方が役に立ったと言っています。
勘定奉行Jシリーズには、「操作をサポートしてくれる」機能があるので、初めて会計ソフトを利用する自分にはとてもありがたかったです。

サポート体制は、電話やFAX、WEB、リモートでのサポートが可能になっていて、自分がサポートを受けやすい方法を選べるのはとても良いと感じました。

勘定奉行Jシリーズは小規模事業向けになっているので、少人数の従業員の給与や会計などを管理するのには最適ですし、業務の流れに沿ってメニューを配置して入力するだけで良かったので、シンプルでわかりやすかったです。

特に、会計情報が自動的にグラフとして表示されるようになっていて、数値として見ることができるので、視覚的にも理解しやすいと感じました。
30 人の方が役に立ったと言っています。
4.5 点 (13件)

PCA会計シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(60日間)
タイプ インストール型
料金 170,000円〜
運営会社 PCA株式会社
対応OS Windows
サポート サポートパートナーによるサポートあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 あり

クラウドで部門と部門をつなげ無駄を省くPCA会計シリーズ

ピー・シー・エー株式会社は1980年に設立されたコンピューターソフトの開発・販売を行うITベンダー企業です。

2018年1月現在でピー・シー・エー株式会社が提供する「PCAクラウド」の導入実績が1万法人を超えました。

PCAクラウドはピー・シー・エーの基幹業務クラウドサービスです。
このクラウドサービスでは1契約で1人から72人まで同時にアクセスできます

もともと中堅・中小企業を対象に立ち上げられましたが、現在では大企業にも対応できるようになりました。

「PCA会計シリーズ」はPCAクラウドサービスを利用するためのソフトです。
会計・販売管理・仕入在庫確認・給与・人事管理などのソフトをインターネットでPCからインストールして利用できます。
クラウド上での管理・運営はピー・シー・エーが契約するデータセンターが行っています。

PCA会計シリーズの特徴のひとつに病院を対象としたソフトがあります。
この「PCA医療会計DX」もPCAクラウドサービスを受けられますし、また、オンプレミスでも運用が可能となっています。

PCA会計シリーズの口コミ・レビュー

PCA会計シリーズは、業界の異なる企業でも使えるかと思います。日々の取引を記帳したり、決算の時の資料を作成するにしても自社に合ったものを探すのは難しいですが、PCA会計シリーズなら複数のソフトがラインナップされているから、規模や業務内容に合わせて適したものを選べます。

うちは、一般会社ですが、建設業や医療法人といった特殊な会計にも強みがあると思いました。
給与や請求書、各製品と連携が可能で、環境に合わせて選べるシリーズものって価格も割高感がありますが、これは気になるほどではありません。

また、採用するようになった決め手は、多くの会計事務所が使用していることです。
この点で安心して使える会計ソフトに位置づけられました。
29 人の方が役に立ったと言っています。
PCA会計を使ってみた感想ですがこれなら経理をやったことがないという人でも問題なくできると思いました。
確かに一見すると少し複雑な感じはしますが、すぐに慣れて経理が普通にできるようになりました。

なので、初めて経理をするという人におすすめです。
またこれを使って良かったと思ったのはソフト自体の良さだけでなくここのサポートの良さという点でも良かったです。

この手のサポートははずれのところだとすごく不親切な対応をされたりもするのですが、ここはそのようなこともなく
分からないことがあったら優しく教えてもらえたのでその点はすごく良かったと思いました。

おかげで何も困ることもなくスムーズに使うことができました。
6 人の方が役に立ったと言っています。

JDL IBEX会計シリーズ の詳細情報

無料体験版 なし
タイプ インストール型
料金 123,120円
運営会社 株式会社日本デジタル研究所
対応OS Windows
サポート サポートデスクあり
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

コンピューターメーカーが作る会計に特化した業務を改善するソフト

「JDL IBEX 会計」は株式会社日本デジタル研究所が開発・販売する、会計事務所や企業に特化した会計ソフトです。

日本デジタル研究所は1968年に設立され1991年に東証二部上場、1995年に東証一部に指定替えし
2017年からはマネジメント・バイアウトにより非上場企業となっています。

日本デジタル研究所は、多種多様な顧問先に適した自社のソリューションを組み合わせて活用することにより、会計事務所での業務効率化を提案しています。

JDL IBEX会計は実務者に合わせて入力方式(仕訳形式・出納帳形式・振替伝票形式)が選べるのが特徴です。

また、画面の切替がスムーズで、元帳画面を訂正すると、訂正されたデータが更新されて他の帳簿にダイレクトに反映されます。

そして、本社・支社または顧問である会計事務所との間を結ぶ「ネット会計」にも対応しており、モバイル機器からの遠隔操作で場所を選ばずに仕事をこなすことができます。

JDL IBEX会計シリーズ の口コミ・レビュー

このソフトを導入するまでは、顧問の税理士事務所の所員の方に、なんども帳簿を取りに来てもらっていましたし、返却の時にも来てもらっていました。

そんな手間をかけてもらっていましたから、税理士への毎月の顧問料の値下げ交渉はかなり躊躇していました。
しかし、ソフト導入後は、データを適切な形で送信できますので、かなりの手間が省け、顧問料の値下げ交渉に成功しました。

また、仕訳入力が必要なくなりましたので、新人への教育期間がとても短くなり、人件費の削減にもつながりました。

出納帳形式か振替伝票形式かを選べるのが、よりやりやすさが増す要因になり、重宝しています。バックアップ機能もありますので、全く何の心配もありません。
27 人の方が役に立ったと言っています。
画面にその都度その都度マニュアルが表示されるのは非常に分かりやすくて助かりましたし、マニュアルがこれだけ丁寧なら使い方のサポートを受ける必要はなく、自分で解決しながら簡単使う事ができたので慣れるのも時間の問題でした。

バージョンアップの頻度も比較的高いですし、機能性はもちろん画面などもどんどん分かりやすくなっているので、こちらとしても直感的に操作や入力がしやすくどんどん効率的に使えています。

また、万が一間違えて入力していた場合でも一括で修正できるのでとにかく有り難いですし、やはり間違えても簡単に修正できるのはメンタルにも影響してくるので、そう言った意味でも気楽に入力作業を行えるのはとても助かっています。
20 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチみんなの青色申告シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 9,800円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

「みんなの青色申告」と「みんなの電子申告」のセットで電子申告が可能

「ソリマチみんなの青色申告」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

「ソリマチみんなの青色申告」ではユーザーが業種を選択すると、その業種で使用される勘定科目が自動的に設定され手間が省けます。

また、複雑な消費税も簡単な手順で設定でき、それに伴い消費税の申告区分や端数処理も自動的に設定されます。

また、取引先の情報をMoney Linkに登録すると電子明細の取引を適切な仕訳へと自動変換し記帳してくれます。
Money Linkとは、金融機関などの取引を管理し自動的に取り込むことができる無料のアプリケーションです。

これは取引の記録をビッグデータとし、それを基に仕訳を予測するAIによるものです。

「ソリマチみんなの青色申告」を起動するごとに新しい明細が追加されていきます。

そして、無料の「みんなの電子申告」をダウンロードすることで電子申告を行うことができます

ソリマチみんなの青色申告シリーズの口コミ・レビュー

個人事業を始めてから、今回は初めての確定申告だったのですが、みんなの青色申告を導入していて良かったと感じています。

みんなの青色申告を導入しようと思ったきっかけは、個人事業を先に行っていた友人が紹介してくれたのですが、青色申告ソフトを利用していなかったら、労力や時間がとてもかかっていたなと思うとゾッとしています。

みんなの青色申告は、他の青色申告ソフトに比べても導入コストが安価で、安価な割には青色申告における帳簿整理が簡単にできるので気に入っています。

さらに、わからないことがあっても「アドバイス機能」がありますし、基本操作が書き込まれている「かんたん導入のてびき」があればある程度の操作はできるので、初めて青色申告ソフトを導入する人にはおすすめのソフトだと感じています。
18 人の方が役に立ったと言っています。
自営業(リサイクルによる買取販売店)の開始の際に安価な会計ソフトを探したなかで選んだソフトです。
ひとりのお店で売上1000万円以下の消費税課税業者ではないお店での使用です。

日商簿記1級所得していて、経理事務の勤務経験があるのですがその時のソフトはそこそこの値段がしたので、それに比べると使いにくさは否めないです。
ただ、数千円のソフトとしては必要最低限の作業はひと通りできますし、使っていて不自由な点は少なかったのでコスパとしてはまずまず使えるソフトだと思います。

1点問題点をあげるとしたら仕訳の摘要欄を毎回入力する必要があることです。
高価なコストの場合は適用欄は番号で振り分けて、その番号を入力すればその摘要欄に登録した番号の内容を入力されるのですがその機能は無いようだったのでその点不便を感じました。
その他はそれほど問題無かったです。
14 人の方が役に立ったと言っています。

ソリマチ会計王シリーズの詳細情報

無料体験版 無料体験版あり(30日間)
タイプ インストール型
料金 40,000円
運営会社 ソリマチ株式会社
対応OS Windows
サポート 電話/FAX/メール(有償)
スマホアプリ なし
会計以外の機能 なし
電子申告機能 なし

中小事業者向けの税務会計ソフト

「ソリマチ会計王」を開発・製品化したソリマチ株式会社はソリマチグループの中核となるハイテクノロジー部門です。

顧問先は1000社を超え、ユーザー登録数は32万事業所となっています。

海外にも進出しており、韓国(1987年設立)とベトナム(2005年設立)にも拠点があります。

ソリマチ株式会社は農業者向けのソフトに始まり、他にNPO法人介護事業者向けの製品も開発し販売しています。

「ソリマチ会計王」の特徴は、経営資料(分析を含む)から決算書まで、独自の帳票を内蔵していて、それら帳票を白紙に出力できる点にあります。

ソリマチ株式会社の基礎となる組織が税務会計事務所であり、ソリマチ会計王シリーズには税務会計事務所で積み上げられたノウハウが活かされています
独自の専用帳票もそのひとつで、これは画面上での見やすさを追求したものと言えます。

また、最新版「会計王19」シリーズでは取引のデータをビッグデータとしAIに予測させる「AI自動仕分」を搭載しています。

ソリマチ会計王シリーズの口コミ・レビュー

ソリマチ会計王シリーズに関しては、NPO法人に専用と言えるタイプが存在しており、そこは特徴的でしょう。

通常の企業向けと言えるタイプのものもありますが、そうではないものが揃っている点は魅力です。

NPO法人においては、通常の企業とは決算書などの仕様が割と違っているため、どんなソフトでもOKとはなりません。

したがって、できれば専用のソフトを使った方がいいのですが、ソリマチ会計王シリーズはその1つと言えます。

NPO法人で勤務をしている人は多くないものの、ニッチなニーズに応えるような製品になっているため、かなり重宝するのではないか?と思います。

今まで他のソフトを使ってきて、実際に使いづらいと思った人たちに対しては特におすすめできます。
49 人の方が役に立ったと言っています。
ソフトの導入も簡単にできましたし、すぐに使いたいと思っていたのでその意味では本当に良かったです。
青色申告は面倒で毎年嫌だと感じるのですが、ソリマチ会計王シリーズなら青色申告もそこまで苦に感じずにできるのが良いです。

もちろん全くのパソコン初心者が使っても上手くいくほど簡単とまでは言えないですが、ある程度会計ソフトを使ったことがある
人なら問題なく使えると思いました。

なので、こちらを導入したのは正解だったと思っています。
また、ここはサポートもしっかりしている印象があるので仮に上手く使えないということがあってもサポートに助けてもらえるのでその点でも
心強いと思いました。

なので、すぐに青色申告をスムーズにやりたいと思っている人におすすめです。
23 人の方が役に立ったと言っています。