会計ソフトの比較・口コミランキング

top image
会計ソフトHackへようこそ

会計ソフトHackは、国内で提供されている様々な会計ソフトの口コミを集めたサイトです。また、実際に管理人が利用してみた使いやすさ、レビューでの評価の高さ、レビューの内容など総合的に管理人が判断した上でおすすめのソフトもランキングしております。

会計ソフトについては、専門性が高いソフトであることから、しばらく使い込んでみないとその良さが分かりません。また、一度使ってしまうと、それぞれの会計ソフトで使い勝手が異なることから、乗り換えが難しいという難点があります。

そのため当サイトではこれから会計ソフト、青色申告ソフトを使う人のために、少しでも分かりやすい情報をまとめたり、実際にソフトを使った人に生の口コミを自由に投稿してもらうことで、お役に立ちたいと考えています。

サイトの運営については、極力客観的公平な判断を基していきたいと考えておりますが、会計ソフト選びは最終的には個々人の好みや状況もありますし、本サイトの情報は管理人の主観も排除できない部分がございますので、それらも踏まえた上で皆様に情報を役立てていただきたいと思います。

会計ソフト おすすめランキング

4.1 点 (182件)
freeeの画像

クラウド会計ソフトシェアNo1、申告書形式の対応も最も多い

freeeは、Webブラウザから使えるクラウド会計ソフトではシェアNo.1の会計ソフトです。
経理の効率が50倍になるというコンセプトで、銀行のWeb口座や、クレジットカードからの自動同期や、複式簿記の知識がなくても簡単に経理ができる分かりやすいインターフェイスなどで、一躍有名になった会計ソフトです。人工知能を活用した自動仕訳も行ってくれます。

経理以外にも、クラウドの給与計算、クラウド請求書、モバイルアプリからの経理機能、マイナンバー管理、会社設立や開業に関する届出を簡単にできるシステムなど、会計ソフトと連携した様々な機能を、他社に先駆けてリリースしています。
拡張サービスの多くは、クラウド会計ソフトの中で一番最初にリリースしており、機能面では常にトップを走っています。

また、クラウド会計ソフト(個人事業向け)の中では、確定申告書第三表(株、FXでの申告に必要)、第四表(赤字の繰越のために必要)に唯一対応しており、セルフメディケーション税制、医療費控除新フォーマット、仮想通貨の確定申告にも対応。簡単な質問に答えていくだけで、専門知識がなくても申告書が作成できます。また、アプリでも会計処理ができ、税金の予測機能もついています。これらの申告書作成機能に関しては完全に頭一歩抜きん出ています。
さらに、唯一Windows・Macどちらでも電子申告ができるようになっています。

 

利用料金面では、基本的にクラウド会計ソフト郡の中では最低価格クラスに位置しており、金額面で割高ということはありません。チャットでのサポートも無償でついてきます。
特に、マイナンバー管理や請求書送付など、会計以外の複数の機能を利用する場合にはコストメリットが大きいでしょう。請求書もワンクリックで封筒で送付してくれるサービスを提供しており利用金額は業界最安値です。

意見が分かれるのがインターフェイスで、複式簿記に詳しくない人には非常に使いやすく評判になっている一方で、複式簿記に詳しい人には複式簿記の考えたかをそのまま当てはめにくく慣れが必要な点です。

総合的に判断すると、費用も抑えて複式簿記をマスターしていない人、申告書作成に関して一番機能が豊富なソフトを探している人におすすめの会計ソフトです。

 

>無料会員登録はこちら

>モバイルアプリのインストールはこちら

freeeの口コミ・レビュー

会計ソフトfreeeは、画面はとても見やすくて使いやすそうに見えますが、簿記の知識がある方にはかえって使いにくい面が多いです。

勘定科目の補助科目の設定がなく、品目やメモタグを使いますが、なかなか慣れることができません。

また、「自動で経理」という仕組みがあり、登録している口座の入出金データと連携して、自動で仕訳を推測してくれますが、この推測がほとんど当たりません。毎回、手で修正しているので、不便に感じています。

一方で、請求書などが作成でき、帳簿付けも同時にできるのはとても良いと思います。

他にもいろいろ便利な機能があるようなのですが、従来の会計ソフトのイメージが頭にあるとかえってややこしく、freeeを使いこなすことができないため、とても残念です。
操作に慣れて使いこなせるようになれば、とても便利な会計ソフトだと思います。
2 人の方が役に立ったと言っています。
無料プランというので登録しただけで、そのままログインすらせず放置していた。

カードの有効期限切れで、課金かできないとメールが再三届痛いた。

サポートに問い合わせたところ、自体を把握。

2年間勝手にミニマムプランかなんだかにが課金されていた。

そのプランを全く申し込んだ覚えもないし、勝手に自動更新されているなんて、思いもよらない。

ペイパルの課金だったみたいなので、カード請求の項目を見逃していたのかもしれないけれど、契約の更新ですとのメールがくるわけでもないし、契約完了との確認メールなどもないです。

まったく親切でないし、むしろイメージが悪いです。

無料でお試しされる方は、くれぐれも同じことがないようにしてくださいませ。
3 人の方が役に立ったと言っています。
4.5 点 (48件)
MF確定申告の画像

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードの個人事業主向け会計ソフト。法人向けの「MFクラウド会計」に対して、個人事業主向けはMF確定申告という名称でサービスが提供されています。
家計簿ソフトで培った、全国の銀行やクレジットカードからの自動仕訳の強さが特徴です。
クラウドでの請求書や、給与計算など、様々なサービスと連携しています。

MF確定申告の口コミ・レビュー

MF確定申告は会計事務所がおすすめしたい会計ソフトであると知り、導入をしました。
実際に使ってみると、想像以上に使いやすく自分で申告をしなければならない個人事業主としてはありがたいものだと思いました。

導入をするにあたり、サポートセンターに電話をして色々訪ねたのですがその時にも丁寧に対応をしてくれて良かったです。
これなら導入後、質問したいことや気になることがあったときにも安心だと思いました。

MF確定申告には仕分けの簡単入力機能があるので、これを使えば簿記や帳簿付けの知識があまりない人であってもスムーズに帳簿を作ることができます。
勘定科目を選んで入力をしたら、自動で反映される仕組みになっているため手間が省けました。
2 人の方が役に立ったと言っています。
自営業を開業する際、なるべく経費をかけずに導入できる会計システムを探していて、MFクラウド確定申告に辿り着きました。

こちらは料金プランが3段階あり、無料プランもありますが仕訳入力件数に制限があり、1か月に50件までしか入力できません。
私が使用しているのは年間8,800円のベーシックプランで、仕訳を無制限に入力することができるタイプです。
もう1ランク上の料金プランであれば電話サポートもついているのですが、私自身が経理経験者であるため特に不自由なく使えています。

このシステムは、名前の通りクラウド型のためパソコンが違ってもログインさえすればどこでも使用できますし、スマホでも使用することができるので出先でデータを参照したい時などに大変便利だと思います。

仕事柄、他の大手会計システムも使用したことがありますが、個人事業レベルであれば仕訳の入力も特に問題なくスムーズに行えますし、帳票出力も大手のものと遜色ありませんでした。

ただ、このシステムは消費税の集計計算は出来ますが消費税申告書の作成には対応していませんので、集計されたデータをもとに別途自分で申告書を作成する必要があります。

そのため、消費税の申告についての知識があまりない方についてはちょっと扱いにくいシステムかもしれません。
1 人の方が役に立ったと言っています。

 パッケージソフトでの個人事業主シェアが圧倒的な弥生が開発した、個人事業主向けの青色申告ソフトです。パッケージソフトのやよいの青色申告を踏襲した、使いやすいインターフェイスや、オンラインならではの、銀行、クレジットカードのオンライン同期機能が共存しています。
 全体的に、初心者でも使いやすいインターフェイスになっており、ベーシックプランを申し込むことで電話のサポートを受けることもできます
 現在、初年度すべての機能を無料で利用できるという非常にお得なキャンペーンを展開しており、複数の会計ソフトを比較する上でも、候補の一つとして使い勝手をためしてみるといいでしょう。


 freeeやMF確定申告に比べると、機能的には一部少ないところもあります。現在は、請求書、給与計算など拡張的な機能は提供されていません。とはいえ、主力の経理の部分は申し分なく、シンプルな経理の機能だけを使いたい事業主におすすめです。スマートフォンアプリも提供されています。
 また、弥生の知名度による対応できる税理士の多さや、初年度無料は魅力的です。また、今後機能的にも他のクラウド会計ソフトにキャッチアップしていくことが予想されます。

やよいの青色申告オンラインの口コミ・レビュー

親の事業の青色申告を行うために、今年初めてやよいの青色確定申告オンラインを利用しました。
当初はパッケージ版の購入を想定していたのですが、オンライン版のキャンペーン実施されていたためそちらにしました。

事業自体は単純な小売店なので、税理士の先生にお願いするほどではないものの母親が高齢のため、相談した結果、わかりやすそうなソフトを使用し、入力操作を私が一緒に行うこととしました。
私も事務に長年携わっているものの、会計や税務についてはほとんど知識がなく不安だったのですが、このソフトは初心者にも非常に分かりやすかったです。

初年度のみ無料で利用できるセルフプランを選択したため、電話やメールなどのサポートはついていなかったのですが、スマートフォンをなかなか使いこなすことのできない母でも、申告までの処理を理解出来たようで当面は問題はなさそうです。
無料の使用から有料への自動更新は、メールが届いていなくても自動的に更新されるので注意が必要です。
全く使用していなくても返金などはされず、一年更新となるのでどんな感じかというので試される方はご注意下さい。

会社の方針として無料の期間から一度も使っていなくても返金などはできないとのことです。

電話番号の登録もあるので電話して頂きたかったのですが、電話は一切していないとのことでした。
メールが迷惑メールに入っていて気づかない不注意でしたが…

このように自動更新のシステムは多いと思うのですが、使用していなくても請求する方針というのは…
今回は勉強となりました。

今後は自動更新には注意します。
もう少し契約時に明記していただけるとありがたいです。
1 人の方が役に立ったと言っています。
4.2 点 (79件)

家計簿ソフトで有名なマネーフォワードが満を持してリリースしたクラウド会計ソフトです。MFクラウド会計は、法人用の会計ソフトで、個人事業向けは、「MF確定申告」という別ブランドで提供されています。シェアNo.1のfreeeと同様、自動同期の機能や、クラウド請求書、給与計算など、ほぼ同水準の機能を提供しています。
インターフェイスは、普段から経理などの知識がある人にも使いやすい設計になっています。

MFクラウド会計の口コミ・レビュー

自営業で、青色申告をするために利用しています。
携帯にアプリを入れて、空き時間を活用して少しずつ経費の整理ができるので助かります。

会計フリーと比べてMFクラウド経費を選んだのは、携帯でレシートの写真を撮るだけで、日付や店名、金額を分析してデータ化してくれます。
iPhoneだと割と読み込みがいいのですが、アンドロイドも機種によるのでしょうか、読み込みが悪くてデータが正しくないことも多々あります。
その場合は手入力しなければなりません。
数人でシェアできますので、他の従業員が経費として申請したレシートの情報を、代表の人が内容を確認して承認すれば、そのまま経費として登録されます。

おおまかな作業はパソコンで、携帯でできる作業は限られていますが、簡単に空き時間にできるのが特徴です。
MFクラウド会計は、パソコンはもちろんですがタブレット端末を使った記帳もできるので大変役立っています。

これまでダウンロードするタイプの会計ソフトしか使ったことがなかったのでクラウド型に対応できるかどうか不安だったのですが、今となってはもっと早くこのソフトを導入すべきだったと思っています。
作業効率がぐんと良くなって、今までのように無駄な作業をすることがなくなりました。
随分とスピーディーに仕事が進むようになり、プライベートな時間を確保できるようになったと感じています。

MFクラウド会計は、多機能なので自分がしたい作業がサッとできて非常に楽です。直感的な操作ができるところもこのソフトの良さで、大変気に入っています。
2 人の方が役に立ったと言っています。
4.0 点 (38件)

パッケージ会計ソフトのトップ、弥生会計がリリースしたクラウド会計ソフトです。スマート取引取込で、銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、スキャンデータを取込、自動で仕訳を行えます。入力面でも、パッケージの弥生会計での経験を活かした使いやすいインターフェイスになっています。

 クラウド会計ソフトなので、ソフトは常に最新版を利用することができるためバージョンアップの作業が必要ありません。また、弥生会計の実績により対応税理士の数も多く、税理士とのやりとりもクラウドでリアルタイムで情報を共有することができるため、スムーズです。


 2016年末まで、初年度無料で利用できる、起業家応援キャンペーンを実施しているためじっくり機能を触って検討できるのも嬉しいです。スマートフォンのアプリも提供されています。今後、クラウド請求書、クラウド給与など、拡張機能のリリースが待たれます。

弥生会計オンラインの口コミ・レビュー

夫と二人で小さな会社を経営しており、10年前から弥生の会計ソフトを使っていましたが、今年からオンラインに切り替えました。
まず、何がありがたいかというとこれまで会社のサーバーで保管していたデータがオンラインなので、ファイルが壊れたりすることなく安心なことです。

これまでのファイルはよくデータが壊れたり保存がうまくいかなくて、入力をし直したりしていましたが、そういったことがオンラインでは一切なくなりました。
入力もしやすいですし、困ったらすぐにQ&Aで解決できるのもありがたいです。

また、よく海外などに出張しますが、社外からでもオンラインで会計データにアクセスできるのもとても便利に感じています。
使用して半年程度ですが、不自由な点などなく、切り替えてよかったと感じています。
4 人の方が役に立ったと言っています。
弥生会計オンラインを長年使用してきました。
このソフトのいいところは、会社の実態に合わせてアレンジを加えやすいところです。

例えば、勘定科目の名称を変更したり、試算表と決算書の科目名を変えたりすることも簡単にできますし、試算表での表示科目を決算書で集約して表示することも簡単に設定できます。

問題があるとすれば、あまりに操作がしやすく、過去の処理も簡単に変更できる一方で、その処理前の履歴が見た目には残らないことです。
過去の仕訳の訂正を、当初の仕訳を直接直すというやり方は、過去の数字を変更してしまうだけでなく、どのように変更したのかもわからなくなってしまうためおすすめしません。

全体的にはコストパフォーマンスも高く、良い会計ソフトと実感しています。
2 人の方が役に立ったと言っています。

【2018年最新】会計経理・確定申告アプリ比較ランキング

1位freee
2位Taxnote
3位Moneybook