会計ソフトHackのホーム > freeeの星3の口コミ・評判 - 実際に使ってみた感想と本音

freeeの星3の口コミ・評判 - 実際に使ってみた感想と本音

4.2(76件)

クラウド会計ソフトシェアNo1、申告書形式の対応も最も多い

freeeは、Webブラウザから使えるクラウド会計ソフトではシェアNo.1の会計ソフトです。
経理の効率が50倍になるというコンセプトで、銀行のWeb口座や、クレジットカードからの自動同期や、複式簿記の知識がなくても簡単に経理ができる分かりやすいインターフェイスなどで、一躍有名になった会計ソフトです。人工知能を活用した自動仕訳も行ってくれます。

経理以外にも、クラウドの給与計算、クラウド請求書、モバイルアプリからの経理機能、マイナンバー管理、会社設立や開業に関する届出を簡単にできるシステムなど、会計ソフトと連携した様々な機能を、他社に先駆けてリリースしています。
拡張サービスの多くは、クラウド会計ソフトの中で一番最初にリリースしており、機能面では常にトップを走っています。

また、クラウド会計ソフト(個人事業向け)の中では、確定申告書第三表(株、FXでの申告に必要)、第四表(赤字の繰越のために必要)に唯一対応しており、セルフメディケーション税制、医療費控除新フォーマット、仮想通貨の確定申告にも対応。簡単な質問に答えていくだけで、専門知識がなくても申告書が作成できます。また、アプリでも会計処理ができ、税金の予測機能もついています。これらの申告書作成機能に関しては完全に頭一歩抜きん出ています。
さらに、唯一Windows・Macどちらでも電子申告ができるようになっています。

 

利用料金面では、基本的にクラウド会計ソフト郡の中では最低価格クラスに位置しており、金額面で割高ということはありません。チャットでのサポートも無償でついてきます。
特に、マイナンバー管理や請求書送付など、会計以外の複数の機能を利用する場合にはコストメリットが大きいでしょう。請求書もワンクリックで封筒で送付してくれるサービスを提供しており利用金額は業界最安値です。

意見が分かれるのがインターフェイスで、複式簿記に詳しくない人には非常に使いやすく評判になっている一方で、複式簿記に詳しい人には複式簿記の考えたかをそのまま当てはめにくく慣れが必要な点です。

総合的に判断すると、費用も抑えて複式簿記をマスターしていない人、申告書作成に関して一番機能が豊富なソフトを探している人におすすめの会計ソフトです。

 

>無料会員登録はこちら

>モバイルアプリのインストールはこちら

freeeの詳細情報

項目
無料体験版 無料体験期間あり(1ヶ月)
タイプ クラウド型
料金 個人事業主1,180円/月~ 、法人2,380円/月~(税抜)
ユーザ数 100万人以上(2018年3月時点)
運営会社 株式会社freee
対応OS Windows/Mac対応
サポート メール/チャット/電話
スマホアプリ あり
会計以外の機能 請求書作成&送付(プラン内料金)、給与計算(別料金)、マイナンバー管理(別料金)
電子申告機能 あり

freeeの星3の口コミ

3.0 点

日頃の会計から確定申告までスムーズ!

3年ほどfreeeを使っていますが不便を感じたことはほとんどありません。
レシートを取込むのも簡単で日頃の会計作業も無理なく行えます。

年度末の確定申告もデータを反映してくれますし、必要事項を入力するだけで提出まで行えるのはとてもありがたい。

当たり前ですが入力ミスなどもそのまま反映されてしまうので自動で書類を作成してくれるからといって確認を怠らず、最終チェックは欠かさず行う方が良いが、簡単が故に3年以上使っている私は簿記の知識が増えることはほとんど無いので正確な場所に反映されているのかわかっていない部分もある。

見積書や請求書などもfreeeで作成できるが、編集や複製などの使い勝手はあまり良くないと個人的には感じているので使用はしていない。
10 人の方が役に立ったと言っています。
フリーなんすさんの画像
フリーなんすさん
(2024/06/08に投稿)
3.0 点

確定申告は楽ですがスマホ以上の画面の大きさじゃないと目はきついです

電子で帳簿をつけなければならなくなってしまったので、試しに無料で使えるもの、パソコンが壊れた時の為にオンラインでデータを保存できるものということでfreeeを選びました。

使ってみててですが、さすがにスマホで使うにはきついです。文字が小さすぎるので長時間使うには向いていません。
ちょっと確認するくらいなら良いかも知れませんが、メインで使う場合は最低でもタブレットが必要だと思います。
老眼の場合はパソコンくらいの画面の大きさがないと非常にきついと思います。

確定申告用の書類を作るのはかなり簡単です。OXの質問に答えていくだけという感じなので、個人で使っている人の初めての確定申告でもとくに迷うことはないのではないでしょうか?
レシートをスマホで読めば自動で金額などが読み込まれるのも便利で良かったですが、たまにおかしなところがあるので、読み込み後のチェックは必須です。
18 人の方が役に立ったと言っています。
エンボスさんの画像
エンボスさん
(2024/03/15に投稿)
3.0 点

簿記の知識がなくても使えるが…

個人事業主と法人の両方でfreeeを利用したことがあります。
どちらも簿記の知識がない利用者の方が入力したデータをチェックさせていただきました。

簿記の知識がない方でも作業ができますが、最後の期末残高等をきちんとチェックしないと、貸借対照表・損益計算書の金額がおかしいことになってしまいます。

私が経験した事例では、現金残高がマイナスになったり、仕入金額がマイナスになってしまったりしていて、そのまま決算申告をしてしまっていました。

会計入力だけでなく申告まで一貫してできるのはとても良い点なのですが、そこが欠点にもなってしまう時もあるんだなと思いました。

自分でそれぞれの科目の残高がおかしいと気付かないと間違った金額のまま申告することになるため注意です。

また、ご自身では入力した意識がない「前受金」「仮払金」などの科目が発生して分からなくなってしまっていたので、結局一つ一つ仕訳をチェックして修正しました。

導入時点でfreeeに詳しい税理士さん等にご相談して設定をきちんとして始めるのが本当は良いかも…と思います。

freee専門の税理士さんもいらっしゃいますが、逆にfreeeご利用の方はお断りするという税理士さんもいらっしゃるので、評価が分かれるソフトだなと思います。
27 人の方が役に立ったと言っています。
akikoさんの画像
akikoさん
(2023/12/06に投稿)
1